燃えつきた地図 (新潮文庫)

  • 1010人登録
  • 3.55評価
    • (85)
    • (87)
    • (220)
    • (16)
    • (6)
  • 76レビュー
著者 : 安部公房
  • 新潮社 (1980年1月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (401ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101121147

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
谷崎 潤一郎
ドストエフスキー
安部 公房
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

燃えつきた地図 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 今まで読んだ安部公房の本は、独白系が多かったのだが、この作品はめちゃくちゃ会話がある。会話もまた素晴らしい。間の取り方が恍惚的。

  • 安部公房は好きだけれど余り入り込めなかった作品でした。当時の町の様子や時代を知っている大人が読むと、もっと感じる事が出来るのかもしれない。
    当時とかけ離れた街に住む僕ら世代には、理解できない事が多いのかもしれない。それほど街は変化したのだと思う。
    安部公房は演劇にも力を入れていて、演劇での要素が徐々に小説にも表れている気がする。

  • 安部公房らしい、じわりじわりと気づくと嵌る異世界感。とりわけ秀逸に迫ってくる感じが読後の余韻になる。

  • かなり面白かった、が、すこし冗長すぎるところがあり、後半はこっちが息切れする。

  • 安部公房の不条理は、さまざまな形を変えた自己喪失であることがほとんどだと思うのだけれど、この長編もそのカテゴリ。失踪した夫を探して欲しいという依頼者と、胡散臭いその弟に振りまさわれる興信所の調査員が主人公。彼自身も自立して成功した妻と別居しており、ふわふわと根無し草のような一種の家出状態。

    基本的には探偵ものっぽい趣で、行方をくらました男が自ら出て行ったのか、それとも依頼者である妻と義弟が共謀して何かを隠ぺいしているのか、さまざまな可能性を疑いながら、一見それなりの真相に近づいていくように見えるのだけれど・・・

    そこは安部公房なので無事に事件が解決してめでたしめでたしで終わるわけがない。個人的には探偵自身がその探している男ではないのかというエンジェルハート的オチを予想していたのだけれど(ある意味あながち間違いでもない?)こうしてまた新たな失踪者が増殖していくのだなと思うと虚しい。自分自身もまたいつかふと、その虚無に陥らないとも言い切れないのが怖い。

  • pon

    失踪したある男を追っているうちに気がつけば自分自身のアイデンティティが失われていきいつしか自分の地図を失い失踪してしまう……燃えつきた地図というタイトルはアイデンティティの喪失の比喩かしら?メビウスの輪のようにぐるぐる回る安部作品特有の世界観。追うもの、追われるものがいつの間にかするっと入れ替わっているというのは安部作品では良く見るモチーフ。映画になってるみたいだけどどんなんなんだろう。2013/227

  • 「失踪した主人を探して欲しい」
    この時点で、安部公房を何冊か読んできた人なら、見つかることはないことは想像に難くないだろう。したがって、見つからないのである。
    いなくなった人を探して見つからないというテーマは「密会」と似ており、安部公房作品らしくどの登場人物ものらりくらりと本質を語らない。主人公もフラフラと本質に突っ込まず、心理描写を見ながら、読者がどんどん焦らされていく。プロットとしても「密会」の昼間版というところ。とはいえ、あちらほどディープでえげつない描写が有るわけでもないので、慣れていなくても割と読みやすい1冊となっている。安部公房の準初心者におすすめしたい。
    安部公房作品の読み解きの難しさの一つとして、やたらと複雑な建物などが出てくることがあるが、本作は車であちらこちらに移動し、それらの位置関係がしっかりと描かれているために理解しやすい。沿う感じてドナルド・キーンによる解説を読んだら、しっかりと書かれておりました。安部公房に興味を持ったのなら、解説付きの文庫本版をおすすめします。

  • 手触りかん、現在形、途中までは才能をフルに発揮、恐らく最後の数十ページは彼にとっても挑戦。いいね!!

  • 2012年9月29日読了。
    購入、というかいただいた本なんだけども。
    一番盛り上がるはずのところで私、気持ちが失速してしまった・・・。

  • 安部公房作品の中で一番好きな小説。純文学と探偵小説の融合だ。
    主人公は興信所員。ある男を探してほしいという依頼を受け、調査を開始するが手がかりは次々に失われ、登場人物は死に、主人公は都会の迷路の中に追い込まれていき、追うものと追われるものが逆転し、最後には記憶喪失になってしまう。現代の恐怖を描いている。
    特筆すべきはハードボイルドなこの作風だろう。紫煙と酒がよく似合う世界。タフな主人公。ウィキペディアの「ハードボイルド」の項にこの作品は上がっている。安部公房の作品は深読みしようと思えばいくらでもできるが、難しいことは考えなくても楽しめるのが最大の売りだろう。純粋な探偵小説としても読むことができる。
    そして現代の恐怖を描いている点。我々はいつ生活している場所からいなくなってもおかしくない。年間の失踪者数はものすごい数に上る。都会というのは迷路だ。昭和の時代にこれを書けたのはすごい事だろう。おすすめです。

  • なぜ、安部公房の作品は文学作品だというのに、いつも、長い夢を見たような気分になるのか。文字よりもそこから喚起されるイメージのほうが頭に焼き付いて離れない。

    孤独、アイデンティティの喪失という題材を儚くも美しく、お得意のメランコリックな文体で仕上げた名作。

    社会での歯車の一部感で苦しくなっているときに読むと刺さるように心に響く。

  • 燃えつきた地図/安部公房著です。

    面白かった気がしますが、
    読んでからだいぶ経ってるので忘れました( ゚д゚)w
    でも面白かったと思いますっ!
    砂の女よりこっちのが好きかなぁ?

  • はじめの内は、みなどこかに欠陥だの余剰だのをくっつけていそうな登場人物たちの面立ちが、面白く、興味をもって、読み進めていく。「彼」の消息を追うごとに、人死にがふえていくたびに、まるで天井が額のすぐ先にまで迫ってくるような、逼迫感。探している彼の姿はいつまで経っても現れず、表情が、背広が、仕草がズームで見えてくることもなく、ぼんやりとドライアイスの煙に包まれた輪郭から目を離せば、いつしか裏側に回り込まれている。探し求める相手を完全に遮るように眼前へ現れた壁(レモン色のカーテン?)に鼻白んで立ち止まっていると、後ろから誰かが囁くのだ。そうして地球を一周したところで立ち止まり次の走者の背をポンと押す、固有名詞を失ったウロボロス。
    最終章に近づいていくにつれ霧のように立ちこめていた不安が徐々に反転しそれこそが空気そのものになっていくさまは圧巻だった。そして場面ごとに、少しずつ少しずついびつな地面を増やし続けるような、独り言で空間を埋め続けるチャーミングな依頼人。最後に歩き出す選択に含まれる解放あるいは自由にどれほど価値のあるものか。歩き出したその次の日、また次の日にどこにいるのか。最後のほう怖かったなあ。

  • 箱男>砂の女>燃えつきた地図>無関係な死・時の壁>壁>方舟さくら丸

    団地の描写が好き

  • 最初は探偵モノみたいに、失踪者の調査を依頼された興信所員主人公が
    手がかりを求めて周辺の人物に関わっていく。
    しかし、いくら捜査しても、手がかりはつかめず、反対に重要な人物達が次々と死んで、わずかなヒントを失っていくばかり。
    だんだんと何をしているのか分からなくなってきて、失踪者探しが、いつしか失われた自分探しになってしまう。
    失踪者というキーワードで、『砂の女』を思い出す。
    今回は探す側、舞台は都会という砂漠。
    失踪者と捜索者の間になんだか表裏一体なモノを感じる。

    興信所の仕事柄か、主人公目線の文章は些細な仕草や普通なら見過ごす風景まで事細かに観察されているのだが、にも関わらずそこから手がかりが何も出てこない。
    結局何もつかめない、無駄に説明的で複雑な文章。
    読んでいる感覚はカフカの『城』に近かったと思う。

    他人から関心を持ってもらいたいがために嘘を繰り返して主人公を振り回し、最後には嘘でなく本当に自殺してしまう失踪者の部下田代や、ところどころ出てくるストーリーには関係ない人物達からまでも都会の孤独感がにじみ出てきていたりする。


    地図も持たずに孤独にただ点と点を移動する日々を生き、他人との間に見えない壁をつくった都会人は、失踪者とほとんど変わらないのではないか。

  • 失踪した夫の行方を探してくれと依頼を受けた興信所の男が、調査を進めていくうちに自分自身をも見失っていく話。
    もう、このつかみどころのない、ぐにょぐにょした感じが気持ち悪いのなんの。安心して信じられる人物がいないどころか、どう接していいやらわからない人ばかりのうえに、追えば追うほど目当てのものが遠ざかっていくようで、ちょっと走っては息切れし、また走ってはテンションが下がり……の繰り返しが、どんどん疲労感を積み上げていく。それでも、疲れ切ったその先に、足があるかぎり歩き続けていく人間だからこそまだ向かえる場所があるのかもしれない。たとえそれにより、自己が埋もれることになっても。

  • 存在するよう で存在しない登場人物、知ってるよう で知らない街、探す人が探され、事件 は事件でなくなる。何がおかしいのか といえば全てがおかしいのだが、それ でいて全てに既視感がある。とてつも ない不安。

  • 現実と夢の間で交錯する真の記憶と偽の既知感、表と裏が反転した世界。レモン色のカーテンが白と焦茶の縦縞に変わった時、失踪人を追跡していた主人公と失踪人の妻の世界はひっくり返り、主人公と失踪人の影がぴったり重なり合っていく。「自分が何処にいるのか…自分が、本当に、自分で思っているような具合に、存在しているのかどうか…それを証明してくれる他人」の存在と共有された記憶は、自分が自分で在り続けるための地図でもある。どこにも帰属できなくなった孤独な主人公のアイデンティティーの崩壊と、都会の壁の中に埋没していく過程は、生と死の境を目撃しているような恐怖感があり(デヴィッド・リンチの『マルホランド・ドライブ』でいえば、レストランの裏にいた、顔が判別できない浮浪者の放つ恐怖感。社会での「死」を象徴する存在)、終盤の主人公にはこの世に存在していない人間のような非現実感が漂っている。

  • 終盤までは一見普通の探偵小説。「大都会という他人だけの砂漠の中で次第に自分を見失っていく」という、いかにも安部公房っぽいテーマ。

  • 1967年初出だが、内容は極めて現在的。近年よく「生きづらさ」ということが言われるが、そんなものは今に始まったわけではないことがわかる。

  • 砂の女ほどの完成度はない。壁や箱男ほどのいかれた感じはない。しかしながら、やはり安部公房。気持ち悪い。砂の女と箱男の中間ぐらい、なんか曖昧な説明だけど。安部公房的な良い小説だと思う。

  • ※自分用メモ

    【出会い】
    書店店頭で、息抜き用に

    【概要】
    興信所員が行方不明者を探しているうちにわけがわからなくなってしまうというお話。

    【感想】
    ちょっととりとめがなく入り込めず。
    なんとなく演劇・舞台っぽい印象(あんまり見ないのでものすごくテキトーな印象だけれども)。
    安部公房っぽいといえばそんな感じだけれど、箱男や砂の女みたいに設定からして日常を飛び越えているものや、短編の方が分かりやすくはある。

  • 探す人から探される人へ。自己という不確定な存在について。

全76件中 1 - 25件を表示

燃えつきた地図 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

燃えつきた地図 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

燃えつきた地図 (新潮文庫)の単行本

ツイートする