砂の女 (新潮文庫)

  • 9874人登録
  • 3.75評価
    • (1131)
    • (1260)
    • (1794)
    • (150)
    • (40)
  • 1207レビュー
著者 : 安部公房
  • 新潮社 (2003年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101121154

砂の女 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 難しかったけど読み終えた。自分の読解力のなさが情けない…。初・安部公房。砂が生き物のようでこわいと思ったけど、東北で例えるなら砂じゃなくって「雪」だと思ったら、こわさも感じなくなった。


    このお話…昭和の東北田舎、祖父母時代の排他的村社会みたいだと思った。配給はなかったけど「モッコ」(←!一番驚いた!㊟青森や秋田の戒めの言い伝え。幼い時はすごく怖ろしく感じる。ナマハゲは実体があるから物理的に怖いけどモッコは実体がないので、心理的に怖さ倍増)、部落、村八分、五分つき…息苦しかったけど読むのが止まらなくなった。


    古代から脈々と続く生命のリズム、性って生なんだなぁ~とも思った。(こういうとこが芸術作品みたいなのかな…)生殖とか繁殖とかギラギラしてないから読みやすかった。


    この本に「PTA」という単語が出てきたので、この時代にもPTAという言葉があったなんてー!と、そっちの方が衝撃的だった。


    主人公のキレっぷりと冷めた女の対応が、うちの夫婦ケンカみたいで可笑しい、どこもこうなのかな…ある意味ホッとした。“いずれ男というものは、何かなぐさみ物なしには、済まされないものだからと納得し、それで気がすむというなら、けっこうなことである”(225ページ)は、なるほどなぁ…と勉強になった。なんとなーく、どこか色川さんの狂人日記を思い出したりもした。


    窒息しちゃいそうだけど数回読まないと理解できないかも。難しいけど面白かった。ぐいぐい読んでしまった。庄内砂漠で撮影されたという映画が見たいな♪映像から入った方がきっとわかりやすい。


    青森や山形の砂防林、砂との戦いがこの作品のベースになっていると分かって、すごくうれしくなった。少し東北スピリッツみたいなものを感じると思っていたので親近感がわいた。(読んでいる途中“おしん”も思い出したりしたので…)

  • 読み返してみると改めて凄みのある怖さ。口の中が渇いてざらざらとした砂の感触さえ感じるような…

    昆虫採集のため、休暇をとって砂丘を訪れた男。部落の人々の勧めに従い、砂丘の底にある一軒家で宿を借りることにしたのだが…

    家には30前後の女がひとり、絶え間なく降ってくる砂を掻きながら生活していた。粗末なものではあったが、歓待を受け、微睡む男。彼が目覚めたとき、縄梯子は取り払われていた…

    蟻地獄に捕らえられた蟻さながら、もう男は砂穴から出られない。理不尽さに怒り、なんとか脱出を試みる男…

    男と女が一対一。力では女が男に敵う訳はないし、いくらでも脱出のチャンスはあるだろうと思ったが、砂による監禁は男の体力も気力も次第に削いでいく…

    先日、10年間にわたり、男に拘束監禁されていた女性3人が米オハイオ州で救出された。日本でも10歳の頃に監禁され、9年ぶりに救出された女性がいる。

    長い年月の間、犯人側にふと気が緩んだ瞬間はなかったのか、その隙をついて助けを求めたり、脱出のチャンスはなかったのか…と第三者である私などは考えてしまうけれど、きっと彼女らは囚人としての生活に慣れ、また慢性的な暴力による支配に、逃げ出す気力さえ奪われていたのだろう。

    自由を奪われたものは「しばらくの間」それを取り戻そうと躍起になる。が、あまりにもその状態が続けばその不自由さにも慣れ、それを生活として受け入れる。『砂の女』…読後にざらりとしたものが残る。

  • ぶっちぎりで面白かった。
    今年は没後20年に当たるそうで、そのせいか書店で見かけた帯には「ノーベル賞受賞目前だった」というようなことが書かれていて、思わず苦笑してしまったけど・・・さもありなん。

    僕が読書を始めた理由は、自分よりも多く本を読んでいるはずの友人(女性)が「太宰(=昔の純文学、という意味で)とかよく読めるな・・・」と言っていたことへのささやかな反撥心からでした。
    いや、それまで全然読んだことなかったのだけど。
    そもそも純文学と大衆文学、ミステリ、ラノベにそこまでの差があるんかいな?と疑わしかったので。そこに線を引いて先入観を持ちたくない。
    だから反撥したくなる。

    この『砂の女』はまさにそんな作品でした。
    質の高いミステリ、スリラーでもある。
    映画で言うと、一頃流行った『ソウ』なんかの
    ソリッドシチュエーションスリラー、脱出もの。

    だけどそれだけじゃないよね。
    「それだけじゃない部分」がほんとに良い。
    現代人の「生きる意味とは?」という問いを、
    喉元まで鋭く突きつけてくる。
    この作品が発表された頃は、まだ戦後の焼野原の記憶が皆にあって
    今や「あたりまえ」になってることが「あたりまえじゃない」、
    半々ぐらいの時期。

    そう考えると、この作品を読んで「あたりまえのことしか書いてないじゃん」と
    もし今の我々が思ってしまうとしたなら、
    それは完全に「砂」に飲み込まれているのかもしれない。
    怖い。

    主人公の職業も、科学的思考も全部ツボ。
    趣味が昆虫採集で、新種を見つけて歴史に名を刻みたがってるんだけど、
    これって現代で言うところのオタクだよなあ。
    行動も思考も完全に。

    昭和初期の文学と比べると、これは'60年代の作品なので非常に読み易かった。
    安部さんの文章の巧みさもあって、すらすら読めました。


    余談その1
    映画版は岸田今日子だそうで、あまりにハマり過ぎてる。
    その昔、岸田さんが主演の『この子の七つのお祝いに』という映画がありまして・・・
    これも幼い頃のトラウマ映画のひとつ。

    余談その2
    これ、『沈黙』『フラニーとゾーイー』と同時にブックオフで
    新品同様を一冊100円でDigしたんだけども、
    昔の表紙は安部公房の奥さんの真知さんが描いたもの。
    現在は本人の撮った写真のやつに変えられてますが、
    これは昔のやつの方が絶対に良いのになあ・・・。
    晩年は不仲だったそうで、そのせいかもしれないですが
    新潮といいハヤカワといい、どうしてこうも昔の良い表紙を
    改悪してしまうんだろうか・・・。
    購買意欲が削がれるよ、ほんと。

  • もう20年以上ぶりに再読~

    はじめて読んだとき
    なんだか腑に落ちない様な読後感で、
    好きだとも嫌いだとも思わず、
    なのに、あまたの大掃除、2回の引っ越しにも負けず
    ずっと私の本棚に並び続けている不思議な本!

    今回、電車でこの本を表紙むき出しで
    吊革につかまって読んでいたら、
    向かいの座席に座っていた男の人が
    すごく「はっ!」とした顔をして、
    私の読んでいる本の表紙を
    凝視したまま固まっていたのだけれど、
    一体、ど う し た の よ ?

    いつか砂の女と同衾した記憶でも甦ったのかしらん?
    貴方はあの村に迷い込み、とらわれ、
    そして逃げおおせた唯一の方?

    ストーリーは知らない方は
    ほとんどおられないとは思うけれど、一応。

    昆虫採集の為、休みを利用して
    ある県の砂丘にでかけた男は、
    村人にだまされて砂穴の底にある家に閉じ込められる。

    読んでいる間中、
    どうしてこんなに砂にまみれた生活を
    リアルに描けるのかな?と…

    安部先生は砂の中で暮らしたことがあるのかな?

    実際、砂の中で暮らしたら違うのかも知れないけれど、
    現実味がすごい。

    口の中に砂が入ってきたり、
    体に砂がついてかゆくなったり、
    色々が湿ってぶよぶよになったり、

    きりがない!もう、嫌だ!!
    すーっとする空気が、吸いたい!!!

    加えて私は閉所と暗所と狭所の恐怖症がある為、
    そこも辛かったわ!

    ラストは相変わらず「ふーむ…?」だけれど、
    そして「…そうなるのかも…?」だけれど。

    引き続き、私の本棚にいることになりそう、この本!

  • 強烈な恐怖がある。「閉じ込められる恐怖」と、そして、「自分が取り込まれる恐怖」。昆虫採集のために地方に旅行をしていた主人公は、突然部落の民家へ閉じ込められる。彼を閉じ込める民家は止めどなく降り注ぐ砂に埋もれかけ、部落へは人からロープを下ろしてもらわなければ上がれない。彼は脱出を心に決めながら、民家に住む30代ごろの寡婦と一緒に暮らし始める。

    物語の中腹までは気概のあった主人公も、脱出に失敗し、また女と関係をもってしまったことから、個性と主張のあった人格が摩耗されていく。それを象徴するように、いつの間にか、「彼」と表現されていた主人公は、文章の中で「男」になっている。

    ホラーが好きなので、そんな「彼」または「男」の様子は、ちょっと「ゾンビもの」を思い出した。ゾンビを恐れないためには? 自分もゾンビになればいい。そんなジョークがあったけれども、得体の知れないものに取り囲まれるだけでなく、それに感染するというのは、「ゾンビ」に共通するものがありそう。

    怖い話ついでに、女の正体は? というのも気になる。女は30前後に見えるが、やけに部落の生活に熟知しているし、主人公が教師らしく部落の政体や防砂の手立てを批判するのに、けして学がないとは言えない答えを返す。それに、冒頭で部落の老人から「婆」と呼ばれているのも気になる。一体何者なのか?
    また、旅人が泊まった民家で消えるというのは日本の民話でよくある話で、有名な「安達が原の鬼婆」もその一つ。それらのオマージュもあるのかも? と思ったり。

    この話では、「砂」「虫」「人」がたびたび入り混じる。砂から虫へ、虫から人へ、読み手の意識をなじませるようにして、じわじわと1/8mmの大きさしかない砂と人間が同一視される。砂の流れは人の流れに見え、虫の集合は人の集合に見える。人間が砂のように虫のように無数に蠢いて見える。それらの無数の集合体は、絶え間なくどこかに流れていく。

    また、3点リーダの使い方が見事で、意識の空白と無為さが生々しく実感される。この「…」の羅列自体、砂が人やその意識を押し流していく様子にも感じられる。

    退屈させず、読ませ、感じさせるという意味でとてもエンタメ的であるし、それだけでなく、なんとも言えない奇妙さ、不快感、人間を俯瞰して見るような気味の悪い視点を与えてくれる、びっくりするような濃い小説だった。

  • 喉が渇く。口の中がざらつく。
    冬の乾いた空気に包まれているはずなのに、じっとりとまとわりつく湿度の高い、熱を含んだ空気を感じる。
    読みながら、自分が主人公に置きかえられたように体感してしまう、凄みをもった作品でした。

    主人公の身に起こった出来事は非日常的であるにも関わらず、不条理に焦り、憤り、抵抗する男の姿にはリアリティがあります。
    結末を見るまではもやもやとした気持ち悪さを抱え続けていそうで、ときに不快感すら感じつつも読むことを止められませんでした。

    そして物語の結末、非日常の砂の世界が男を介して私たちの日常に重なる、という感覚を一番強く感じました。
    薄ら寒さと倦怠感に包まれて読了。

  •  砂丘へ昆虫採集にやってきた一人の男。しかし彼はそこで偶然会った部落の人々に砂の穴の中にある一軒家に閉じ込められる。彼は脱出のためさまざまな方法を試すのだが…

     純文学の作品に位置付けられているので硬質な文章なのかな、と思っていたのですがいざ読み始めると意外と読みやすかったです。

     そして文章は当然ながら上手い! 砂の質感や情景描写、心理描写何よりも主人公が感じる不快感が読んでいて伝わってきます。

     そうした文章の上手さもさることながら、人間はどこに存在意義を見出すか、安らぎと居場所を何に求めるか、ということをこの異常な状況を通して浮かび上がらせている点。

     そして主人公が囚われた砂の家での生活と自分たちが暮らす日常生活、どちらが幸せと言えるのか、二つの世界にどれほどの違いがあるのか、
    ということを問いかけてくるあたりが、この独特な世界観の作品が日本のみならず世界中に受け入れられた理由のように思います。

     突然囚われの身になる不条理な展開に、主人公と砂の家の女の会話やラストの突然ながらもどこかストンと落ちるオチなど、奇妙ながらも味のある安倍公房の世界観を体感できました。

    第14回読売文学賞

  • いちおう日本は人権国家ということになっているが
    それがあんがい不確かなものであるのは
    たとえば、労災争議やブラック企業問題
    あるいはドメスティックバイオレンス、ネグレクトの問題
    はたまた、北九州や尼崎の家族監禁事件などに漠然と見てとれる

    「砂の女」は、拉致されて強制労働に従事させられる人々の話
    はじめのうちは、脱出のための悪あがきをするのだが
    生きるための労働に追われるうち、心がだんだん萎えてくる
    そうなると、これまで「人として当然の権利」と信じていたものが
    たんなる思い上がりだったような気にさえなってくるのだった

    大人になるとはきっとそういうことである
    しかし拉致という行為が、たとえ必要悪だったとしても
    それが悪であるのに変わりはない

  • ぐったりするような読後感。
    今までの自分の常識がまるごとひっくり返されて役に立たなくなるような場所に囚われて、やがて逃げる意思も失うような……
    一度だけ脱出できて、そこから連れ戻されるまでが本当に怖かった。むりやり連れ戻されるより牙を抜かれるようなやり方が描かれています。
    それにしてもすごい想像力ですね、安部公房。圧倒されました。

  • 身体感覚として否が応でも読者に迫ってくる砂の感覚。なにしろこれが凄い。湿った砂、乾いた砂、砂が持つ残酷、無情とも呼べる無機的性質とそれに相反する生々しさ、官能性。
    生物としての人間の極限環境への適応能力の逞しさ、したたかさを感じた。別の面からみれば、感性の喪失、不感症ともとれるが。人の生活にとって何が重要なんだろうか。

全1207件中 1 - 10件を表示

安部公房の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
ヘルマン ヘッセ
三島 由紀夫
安部 公房
ドストエフスキー
三島 由紀夫
宮部 みゆき
安部 公房
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

砂の女 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

砂の女 (新潮文庫)に関連するまとめ

砂の女 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

砂の女 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

砂の女 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

砂の女 (新潮文庫)の作品紹介

砂丘へ昆虫採集に出かけた男が、砂穴の底に埋もれていく一軒家に閉じ込められる。考えつく限りの方法で脱出を試みる男。家を守るために、男を穴の中にひきとめておこうとする女。そして、穴の上から男の逃亡を妨害し、二人の生活を眺める部落の人々。ドキュメンタルな手法、サスペンスあふれる展開のなかに、人間存在の象徴的な姿を追求した書き下ろし長編。20数ヶ国語に翻訳された名作。

砂の女 (新潮文庫)の単行本

ツイートする