方舟さくら丸 (新潮文庫)

  • 816人登録
  • 3.69評価
    • (75)
    • (76)
    • (151)
    • (8)
    • (2)
  • 64レビュー
著者 : 安部公房
  • 新潮社 (1990年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (379ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101121222

方舟さくら丸 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • やがてくる核戦争から生き延びることを求め、採石場跡の洞窟に世界を築くことを試みる男の喜劇的な創世記。
    彼はともに生き残る仲間を募りますが、"方舟"に仲間を引き入れた途端、次から次へと苦難が襲いかかります。

    はじめは主人公と意気投合したけれど、権力に魅せられ変貌していく昆虫屋。
    生き延びるための乗船券を盗み、方舟に乗り込んだ招かれざる客・サクラと女。
    そして、"女子中学生狩り"に夢中になる老人たちの組織、ほうき隊と支配者たる権力の精通者・副官。

    核戦争のみならず、生きるための競争に誰もが参加せざるをえない時代において、生きることそのものがどうしようなく権力的であることを求められているようです。

    安部公房が権力の問題と真正面から向き合った、彼の代表作の一つといってもいい作品でした。

  • 寝る前に読むメンツが決まってきた。カフカの寓話集と百聞先生、それに安倍公房である。
    『他人の顔』『箱男』『密会』……何回読んだか覚えてないくらいだ。そしてこの『方舟さくら丸』は「新潮長書き下ろし特別文学作品」ちうやたら長いシリーズの、今から考えると豪華な製本で発売されたときから何度も読んでいる。
    この独特の、乾いているのに湿った文体、噛み合ってるんだかないんだかギリギリな会話など、このくらい緻密な小説を書く人はもうほぼ絶滅かも。

  • 初安部公房。小心者がびくびくしながら虚勢を張り続けるという構図がなんとも不安。核シェルターでの共同生活の話なのに、現実世界のままならなさをいたく感じさせるので、現実から身を離すための読書には不向きだったか。

    登場人物がみな何かしら不愉快ななか、最後に女がマドンナ的に主人公をリードするところに少しほっとしてしまい、でもそれと同時に体よく丸め込まれてしまった気もしてモヤモヤ。

  • 核戦争の危機から逃れるための方舟。
    その船長、“もぐら”はデパート屋上のガラクタ市場で、“ユープケッチャ”という、自分の糞を食べる閉鎖生態系を持つ虫を見つける。それは採石場跡の地下でひっそり、誰の干渉も受けずに暮らす“もぐら”彼自身のような存在だった。彼はユープケッチャを方舟の乗船審査基準として、生き残るための乗船券を渡す人物を探す。

    デパートの屋上で出会ったサクラの男女二人組に、方舟の鍵を持ち逃げされ、“もぐら”はユープケッチャを売っていた昆虫屋と一緒に方舟へと向かう。たどり着くと二人はすでに侵入しており、船長もぐらは、サクラとその連れの女、そして昆虫屋とともに方舟の中で過ごすことになる。

    そんな中、侵入者の存在が発覚し、方舟の計画は崩れ始める。もぐらの父、猪突(いのとつ)や、ビジネスの相棒、千石などが現れて、ストーリーは展開し、その上もぐらは、足を滑らせ地下にある便器に片足を吸い込まれて嵌ってしまう。

    核シェルターというテーマにしては展開もそれほど大きくなく、時間にしても数日経たない間の物語。
    核戦争の危機から逃れるということを建前にしながら、この小説のテーマは、社会からの隔離というものではないか。「生きのびるための切符」を渡す相手を探しながら、なかなか適切な人物を見けられない主人公。結局は地下でひとり誰の干渉も受けない暮らしに満足していたのかも知れない。世界と繋がりたいのだけれど、それがうまくできない男。登場人物たちは感情を言葉にしてあまり表に出さず、かわりに、身体的な接触、名前の呼び方や細かな仕草でそれぞれの感情が読み取れる文体。特に、主人公と昆虫屋の、女の尻叩きの儀式では、もぐらの女に対する欲望心と、昆虫屋への猜疑心が渦巻いている。

    改めて、安部公房の文章は緻密すぎる。
    冒頭からさまざまな伏線が引かれており、ほぼ完全に世界観を作ってから文章にしたのであろうことがよく分かる。天才。

    ≪豚≫という言葉にコンプレックスを感じている主人公はあまりにも卑屈に考えすぎていて、それがそのまま文章化されているので、慣れなかったらとても面倒くさいと思う。
    でもそんな主人の苦悩やもがきがまわりまわって滑稽なものとなってしまう。

    オチもいつもの安部公房作品と同じで、めちゃくちゃ考えさせられる。
    それは脱出だったのか?それとも閉じ込められただけなのか?

    ブラックユーモア、皮肉、苦悩、妄想。

    悲惨な滑稽さ。

    脱出の夢。

    待っているのは透明な景色。

  • 地下採石場跡の巨大な洞窟に、核シェルターの設備を造り上げた〈ぼく〉。「生きのびるための切符」を手に入れた三人の男女と〈ぼく〉との奇妙な共同生活が始まった。だが、洞窟に侵入者が現れた時、〈ぼく〉の計画は崩れ始める。その上、便器に片足を吸い込まれ、身動きがとれなくなってしまった〈ぼく〉は―。核時代の方舟に乗ることができる者は、誰と誰なのか?現代文学の金字塔。
    「BOOK」データベースより

    裏表紙のあらすじから面白すぎた。その期待を裏切らない中身だった。

  • 「生きのびること」を、現代に規範の中で緻密に仮定づけている。

    終わりがやってきて、それから、生きのびるためには選ばれし者を決定する必要がある。
    どのような尺度でそれらを選別するのか。

    主人公は猜疑的で臆病な通称≪モグラ≫。生きのびるための方舟の船長であり、最終的に『脱出』することができる唯一の人物。
    方舟には自衛隊上がりの”香具師”と自負する≪昆虫屋≫、その斡旋をする≪サクラ≫と≪女≫。

    物語は方舟の出航を向かえぬうちに終焉を迎える。船長モグラの、方舟から、そして巨大便器からの脱出によって。


    世の中の選ばれし者-選ばれざる者の縮図が、皮肉にそして精巧に描かれている。
    オリンピック阻止同盟、サバイバル・ゲーム。
    ゴミだめの様なオリンピック会場と、中学校の運動場。

    安部公房の他作品『死に急ぐ鯨たち』にも、同じような思想が描かれているのだろうか?
    空がみたい、と呟く女でさえ、永遠の方舟、閉ざされた世界の中で生き続けることを選択する。
    果たしてそれが、生きのびるための、手段なのであろうか。

  • 日常からいつの間にやら異空間に飛ばされます。

  • 皮肉の充満。グロテスクなユーモア。
    語り手は便器に足を取られたまま、生贄のように死んでいくのかと思った。が、そうではなかった。「豚」は助かった。しかしそれが正しい選択だったのかはわからない。

  • 体型にコンプレックスのある男・自称モグラ(豚と呼ばれるとキレる)は、かつて採掘場だった場所の坑道を利用して「方舟(=核シェルター)」を一人でコツコツと造っている。方舟の乗組員を選ぶため、ぶらりとでかけたデパートの屋上の露店で彼は「昆虫屋」から「ユープケッチャ」という奇妙な虫を買う。自分の糞を食べて自給自足する足のない虫。なりゆきでその昆虫屋と、露店のサクラをしていた男と女を方舟に乗船させるはめになってしまったモグラ船長。しかし彼の方舟には侵入者がいて・・・

    公房らしい一種のドタバタ喜劇。善人でもないが悪人でもない主人公がなぜか負のスパイラルにはまり抜け出せなくなる経過は、笑えるけれど物悲しいし、とりあえず気の毒。モグラの方舟はつまり子供の頃に誰しも憧れた「秘密基地」で、その秘密の隠れ家を教えるのは信頼できる友達だけにしたいのだけど、これがノビ太くんならつまり、しずかちゃんだけを招待したいのにジャイアンとスネ夫もついてきちゃったみたいな状況の残念感、さらに自分だけの秘密基地だと思っていた場所が実はそうじゃなかったガッカリ感、あげく終盤はずっと片足をトイレに突っ込んだまま身動きできなくなるし、彼の「持ってなさ」加減につくづく同情。そもそもタイトル「さくら丸」だしね。もぐら丸じゃない時点でもう、ある意味オチが暗示されてるっていう(苦笑)

    かつてノストラダムスの予言が流行ったのは、たぶん多くの人間に終末願望のようなものがあったからだと思う。生き延びたい、という願望よりも、全部終わってしまえばいい、という破滅的な諦観。仕事や学校、煩わしい人間関係、自分自身の劣等感、そういう全部から解放されるならいっそ楽じゃない?という心理。逆にもし生き延びるなら、嫌いなヤツはみんな死んじゃって、自分のお気に入りの人間だけを選んで残して、それが可能ならむしろそこはユートピアじゃない?という身勝手な夢想もある。モグラのはこれ。いっそ終末=核戦争でも起きれば、デブでモテない自分、父親に虐待されたコンプレックスまみれの自分を全部リセットできるんじゃないかという希望。一方でサクラのように、借金取りに追われる外の世界からいっそ隔絶されたほうが幸せだという考え方もある。自給自足のユープケッチャが象徴する閉じられた世界。

    方舟を侵犯してくる「そうじ隊」の老人たちは醜悪で気持ち悪かった。女子中学生を「雌餓鬼」と呼び「狩り」、性的玩弄物にすることしか考えていない彼らは、生き延びたいというよりは死ぬ前に好き勝手なことをしたいだけにしか思えない。彼らよりモグラはマシだけれど、非モテ人生を送ってきた彼はとにかく目の前の「女」に触ったり気に入られたりしようとして必死すぎて、それはそれで憐みを誘う。大それた方舟を建設しようとした彼の根っこはただ結局「女にモテたい」だけだったのかもしれない。虚しい。

  • 醜い外見をもつ主人公は来るべき核戦争に備えて石の採掘場跡を改造した方舟を作り、乗組員を探している。百貨店の催事で見つけたユープケッチャなる昆虫(自らの糞を食べることで自己完結できる)を購入したあと、昆虫屋に乗船チケットを渡すが、男女二人組のサクラにチケットを奪われてしまい...。あとは読みすすめていくことをお勧めする。因みに、日本で初めてワープロで執筆された小説らしい。
    途中で出てくる女子中学生の下りあたりは随分唐突に感じた。掘り下げ方が足りないような。女子中学生獲得に躍起になる老人達は非常に滑稽。何処かふわふわした流れのなかで、ここだけが非常に人間くさい。主人公が女に触れて喜んでいたり、恐る恐る距離を詰めていこうとするあたりの心理描写は非常に上手。自己完結するユープケッチャは恐らく方舟の比喩なんだろうが、足などの器官が退化しているのに生殖は出来ないのでは?
    作中に出てくるホコリ取りの機械のほか、ギミックは非常に凝っている。理系作家だよなぁ。

全64件中 1 - 10件を表示

安部公房の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
安部 公房
ドストエフスキー
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

方舟さくら丸 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

方舟さくら丸 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

方舟さくら丸 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

方舟さくら丸 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

方舟さくら丸 (新潮文庫)の作品紹介

地下採石場跡の巨大な洞窟に、核シェルターの設備を造り上げた。「生きのびるための切符」を手に入れた三人の男女ととの奇妙な共同生活が始まった。だが、洞窟に侵入者が現れた時、の計画は崩れ始める。その上、便器に片足を吸い込まれ、身動きがとれなくなってしまったは-。核時代の方舟に乗ることができる者は、誰と誰なのか?現代文学の金字塔。

方舟さくら丸 (新潮文庫)の単行本

ツイートする