カンガルー・ノート (新潮文庫)

  • 1443人登録
  • 3.56評価
    • (118)
    • (128)
    • (309)
    • (23)
    • (6)
  • 165レビュー
著者 : 安部公房
  • 新潮社 (1995年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101121246

カンガルー・ノート (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 再読。コレ本当に安部公房?あ、安部公房か。うわこれ、安部公房だわ・・・。

  • 自分の中で不条理といえばカフカと安部公房が二大巨頭なんですが、本作ももれなく不条理。なんと主人公の脚にスネ毛の代わりにカイワレ大根が生えてきちゃったという(笑)。

    たとえば足の指がペ○スになったり、お○○こに人面瘡が棲みついてしまっりするよりはマシなような気はしますが(そう思うと女性作家の発想のほうがえぐいですね)、奇病といえば奇病だし、何より主人公も恐れるように、脚だけでなく全身カイワレ大根に寄生されてカイワレ人間になってしまったらもはやまともな人生は送れない。まずは病院へ駆け込むところまでは当然の行動、しかしそこから点滴と尿道カテーテルでベッドに繋がれたままの主人公の彷徨が始まります。

    このベッドがとりあえずスゴイ。なんていうか、ベッドって家具じゃなくて乗り物だったんですね(笑)しかも水陸両用で、思念波で自走も可能。まるで愛馬のごとく常に主人公と共にあり、ときに自家用車同然に街中を疾走、あるときはトロッコのようにレールを滑走、さらにサーフボードのように荒波も乗り越え、もちろんどんなシチュエーションでも眠る場所には困らない。

    病院から謎の坑道、賽の河原からまた怪しい病院へ、採血上手な垂れ目の看護婦さんに翻弄されながら主人公のたどる黄泉と現実の境目の旅路は、しかしついにベッドが破壊されたときに当然終わります。

    安部公房は自身が戯曲を書いたり演劇にも関わっていたせいか、どこかしら舞台演劇っぽい印象を作品から受けることがあるんですが、理不尽な場面転換の仕方なんかが、舞台上の場面転換に通じるものがあるせいかもしれません。賽の河原も、なんだか書割のようなものが頭に浮かびました。野田秀樹あたりの演出で舞台化したら面白いかも。

    最晩年(平成になってから)の作品なので、三島と同世代の大正生まれの作家、という意識でいると、ピンク・フロイド(お好きだったらしい)の曲名が何度か出てきたりしてビックリします。電子レンジが出てきたときにもちょっとだけ驚きました(笑)

  • [かいわれの刑]朝目覚めると、脛に違和感。なんぞと思って見やればなんとそこにはふさふさのかいわれ大根。あまりの不気味さに仕事どころではなく皮膚科に駆け込み治療を求めるも、ベッドにしばられた僕はそのまま地獄巡りの旅を余儀なくさせられることに。上司からコンセプトを考えるよう言われていた「カンガルー・ノート」のことも後にして......。海外からも高い評価を得ている安部公房の最後の作品となった長編小説です。


    とっぴょうしのない話のように思えるかもしれませんが、安部公房が自身の死を前にして著した作品と考えると、ストンと胸に落ちてくるものがありました。死という極限的な現象すら、ブラック・ユーモアでくるんでしまうその発想力、そしてそのセンスに驚かされること間違いなしです。気味の悪さと退廃感が絶妙に絡み合った作品ということができるのではないでしょうか。


    そんな中で印象的だったのが、露骨に「性」のにおいが感じられる描写が姿を見せること。安部氏にとってそれがどのような意味を持っているのかはもはや知る由もありませんが、死といわば合わせ鏡のものとして「性」をとらえていたのではないかと感じました。それにしても、安部公房の小説って一読しただけだと呆気にとられてしまってなかなか著者の意図を汲み取るところまで行き着かないんですよね。

    〜そんなこと構っている場合じゃないでしょう。君の性別なんて、ナンセンスよ〜

  • 安部公房最後の長編。

    脛から≪かいわれ大根≫が自生し始めた男なんて、期待を裏切らない発想。
    ≪かいわれ大根≫は数本生えているくらいなのかと思ったら、どんどん成長してジャングルのように密生する。
    読んでいてもなかなかグロテスクで、それを見た、朝食に納豆とかいわれの和え物を食べた医者は、吐き出してしまう。サウスパークっぽいな。ブラックな笑いでいっぱい。
    自分の≪かいわれ大根≫を食べて生きていこうかなどと考えた場面は、『方舟さくら丸』のユープケッチャと繋がった。これまで安部公房を読んできたので、分かりやすい。
    安部公房作品の中でも読みやすいほうだと思った。

    受診した病院のベッドがドラゴンボールの筋斗雲のように主人公の男になついて、そのベッドに乗って、夢のような世界を移動する。三途の川や賽の河原も出てきて、あの世までネタにするのかこの人は、と笑うしかない。後半には、安楽死についての問題も出てきて、“死”がテーマとなっている。

    いちばん興味深かったのが、ピンク・フロイドの曲が何度か出てきたこと。
    安部公房は彼らの大ファンだったらしい。
    安部公房の小説と、ピンクフロイドの楽曲、確かに繋がる部分がある気がしていた。

    ドナルド・キーンが書いた解説も自分も共感する部分や、新たに発見するところが多く、面白かった。


    安部公房は壁の向こうで待っている…
    まだまだ深く読まなければ。

  • ハードなことが結構おこるけども、主人公はあまり深刻にならない、というか飄々としているのがおかしい。
    ぐるぐる変化する状況がいちいちズレていて、完全に夢のなかの出来事だ。

    話の流れが、整合性が、意味がどうとかいうことはナンセンスで、感覚的に読むのがしっくりきた。
    自分が夜にみた夢を覚えていて、なんだったんだろうなーと読み解き振り返るような心地によく似ている。

    夢は自分の思考の片割れで、有袋類だとおもう。
    夢を見ることと、死を考えることは近いのかも知れない。

    脛からカイワレが生えて、自分の意思で走行可能なベッドに乗って、印象的な女性が分身して現れて、安楽死に荷担したり、吐いたり吐かれたりする夢。
    たい焼き~のくだりの、アホな会話も良い。そんなもんなのだ。

    自分の夢を読むように読みたい。こんな小説もあるとわかって面白い。
    こんなもの書ける力があるひとは、どういう生き方をしたんだろうな。

  • 正直1/10も分かったと思えない。将来的に分かると思えない。非連続な崖がある感じ

    表面的には愉快な(?)、ユーモアな話の連打。あるいは、途中から読んでも楽しめるかもしれない。


    オタスケ、オタスケ、オタスケヨ
    オネガイダカラ、タスケテヨ

    かいわれ大根ってなんだったんだろう。カンガルー・ノートって?

    垂れ目フェチなのは分かった

    本当によく分からない…

  • とりあえず読みながら脛がムズムズした。だって、脛にカイワレ大根が生えてくるなんて…。しかしこの設定で掴みはOK!と思った。
    やたらと高性能なベッドに乗って、行く先は地獄。軽く読めるけれど、テーマが「死」だと思うと考えさせられるところもあったりして。
    読む時に自分が置かれた状況によって、見え方が変わってくる話だろうと思ったので、また折を見て読み返したい。

  • 安部公房最後の小説。
    会社にてカンガルーノートたるものを提案した翌日、脚の脛からかいわれ大根が生えてくるという、奇異なまさに安部公房の世界が展開されている。

    主人公はその後病院のベッドに乗って街を滑走する。展開が想像の範疇を越え、奇想天外。
    夢を見ている気分になる。夢の中ではあり得ない出来事に対して疑念を抱かない、まさしくそれだ。

    しかしこの小説にはテーマがある。死だ。

    安部公房は生と死をあまり隔たりないように描き、同時に生ける者が死を如何に重んじているかを巧みに描いている。

    一度ではわかりえない、安部公房。
    深い魅力を感じる。

  • かいわれタイム入りました

  • とりあえず食べてはみるな。

全165件中 1 - 10件を表示

安部公房の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
安部 公房
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印

カンガルー・ノート (新潮文庫)に関連する談話室の質問

カンガルー・ノート (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カンガルー・ノート (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カンガルー・ノート (新潮文庫)の作品紹介

ある朝突然、が脛に自生していた男。訪れた医院で、麻酔を打たれ意識を失くした彼は、目覚めるとベッドに括り付けられていた。硫黄温泉行きを医者から宣告された彼を載せ、生命維持装置付きのベッドは、滑らかに動き出した…。坑道から運河へ、賽の河原から共同病室へ-果てなき冥府巡りの末に彼が辿り着いた先とは。急逝が惜しまれる国際的作家の最後の長編。

カンガルー・ノート (新潮文庫)の単行本

ツイートする