つぶやき岩の秘密 (新潮文庫)

  • 172人登録
  • 3.59評価
    • (12)
    • (21)
    • (27)
    • (6)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 新田次郎
  • 新潮社 (2012年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101122281

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
三浦 しをん
東野 圭吾
池井戸 潤
冲方 丁
横山 秀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

つぶやき岩の秘密 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 作者の新田次郎さんといえば、『八甲田山死の彷徨』を読んだことがあります。その山岳小説の巨人と言われた方が遺したたった一篇だけの海を舞台にした少年小説です。
    少年紫郎が偶然、崖の半ばに人影を一瞬見かけたことから、物語は動き出します。紫郎だけでなく彼に相談された小林先生、その弟の晴雄にも不穏な影がちらつき始めます。
    紫郎に対して少しの変化も見逃さず、真摯に向き合う小林先生。ひとりでやってみろ。やろうと思えば出来るものだと突き放した言い方をしながら紫郎の力を信じる晴雄。危険に近づくなと孫のことを心配しながらも、彼が決めた行動を見守る祖父母。紫郎に辞世の句を託し、自分の力で宝を見つけよとこの世を去った白髯。
    この人たち大人の紫郎への関わり合い方がこの物語のポイントでもあったと思います。
    「ぼくはやるぞ、ひとりできっとやってみせるぞ」
    「ひとりでやってみるということが、人間にとって一番大切なことなんだ」
    などと、少年が成長するにはひとりで考え、行動を起こすことが、とても大切なんだよと促してくれているようでした。それが成功でも失敗でもそんなのは関係ない。それまでの忍耐と勇気に意義があり価値があるのだと力づけてくれます。
    それはある意味、大人に対しての忠告でもあるのかもしれません。大人は見守ること。あるときは腹を括って送り出さなければいけないときもある。それでも少年が成長するためには黙って送り出さなければいけない。それは放任ではないですよね。
    約45年前の日本では紫郎のような少年、小林先生たちのような大人は、当たり前のように存在していたのでしょう。それを遠い過去の昭和時代の思い出と捉えるのはちょっとさびしいです。今の時代にも、紫郎少年があちこちにいて、そんな彼を成長させていく大人たちがいることを信じてます。

  • 子供向きと知らずに読んでいた

  • 『剣岳・点の記』の新田次郎と聞いて、読まずにいられない。珍しく少年小説。

  • 山岳小説家が海を舞台に書いた少年小説。
    海が舞台といっても、そこはちゃんと岸壁登攀でハーケンとかカラビナとかがちゃんと出てくる。

    メルヘンの世界、楽しみました。

  • 少年向けの冒険小説。面白かったです。たとえ危険を冒していても、誰かが自分のやろうとすることを知ってくれているというのは、大切な命綱になります。戦争が残した深い傷跡によってつぶやき岩の「秘密」が生まれました。たび重なる冒険を経て、それは本当に主人公だけの秘密になったのだと思います。

  • それなりに面白かった。

    子供が大人の力を借りて、大人に打ち勝ち金塊を見つける話。
    親が居ないからか、早く大人になりすぎたような、変に悟っちゃった子供が主人公で、同年代の友達の描写がない。
    冒険に出る時も一人か、大人と一緒で爽快感はない。
    最後に金塊の隠し場所を見つけるが、村内であると噂の金塊だから紫郎が見つかった辺りを誰かが探して金塊を見つけてしまうんじゃないだろうか。

  • 日本軍の金塊をめぐる少年の冒険を描いた一冊。

    子供時代の秘密基地遊びを思い出します。

  • 少年冒険小説。
    まわりくどいストーリは無く、スムーズに解りやすい流れだった。
    セリフの言い回しが昔っぽくて新鮮だった。
    子供が読みやすい様に書かれているが、大人でも十分に楽しめた。

  • 懐かしい。丁寧な言葉使いの会話文がとても印象的。この小説が書かれたころは、まだ戦争が身近にあった時代だったのだなぁ。

  • 初めての新田次郎。それがたまたま唯一かかれた少年冒険小説だったとは!新田次郎氏は山岳小説や歴史小説で有名な方だそうだ。かなり面白かった。主人公は頭の良さを感じる礼儀正しい少年。その他登場人物も子供を思いやり真摯に向き合っていて、よかった。言葉遣いに時代は感じても、丁寧な日本語だったので読んでいて心地よかった。最後の冒険部分は、主人公と同じ気持ちになりハラハラドキドキしてしまった。著者の他の小説もぜひ読んでみたい。

  • 冒険小説としても好きだし、それ以外に私は登場人物たちの言葉遣いも好きでした。主人公の男の子や彼をとりまく人々の丁寧な言葉遣いから人柄が伝わって来る。

  • 新田次郎の珍しい少年冒険小説。NHK少年ドラマシリーズにもなったらしいが、記憶にはない。
    三浦半島の南、西海岸の小さな村に住む小学6年生の少年が主人公。海が好きで朝夕毎日でかける。そして牛のように横たわる岩に耳をつけ、海のつぶやきを聞く。
    なぜ海がつぶやくのか?この岩の割れ目の中はどうなっているのか?と子供らしい好奇心が、崖の上で一瞬見た謎の人物(幽霊?)の登場で一変。昔日本軍が隠した埋蔵金の噂、怪しい老人達、両親の死の秘密...と大好きな岩場の周りで謎が謎を呼ぶのである。
    言葉ひとつひとつが丁寧で、様変わりする海の表情が美しい。さらに読み進めるうちに謎に包まれ、事件も起きて一気に最後まで読んでしまうストーリーの面白さ。根底に心地よさが残るのは、この少年を取り巻く大人たちの、決して彼の発言や行動をバカにしない姿勢があるからだろう。さらに少年の心の成長がちょっと大人びた感じだが、誠実に描かれていて読みごたえある小説だった。
    最後のあとがきを読んで、読後に初めて気がついたことは、主人公の少年以外に子供がひとりも出てこない少年冒険小説だったこと...。

  • 新田次郎といったら山岳小説のイメージしかありませんでしたが、これは孫に残したというたった1冊の少年冒険小説(児童文学)です。昨年、生誕100周年を記念して刊行されました。
    1972年に書かれたということで、昭和のにおいがプンプン。ちょっと時代を感じますが、海の好きな少年紫郎がつぶやき岩の内部の秘密を探っていく様子にハラハラドキドキさせられます。少年から大人になっていく姿が丁寧に描かれていてとても読みやすく、新田文学を読む入り口にはちょうどいいでしょう。

  • 山岳小説・歴史小説のイメージが強いのに変わった題名だなと思い手にとったが、児童向けの冒険小説でびっくり。とても簡潔に丁寧に書かれていて子供がいたら是非勧めたい。少年が自ら考え思いやりをもって成長していく過程が鮮明に描かれてます。だからといって教訓じみてはいません。大人にも良いです。ドラマにもなってるようなので是非見てみたいです。

  • 少年ドラマシリーズで育った世代としては
    とても懐かしく読みました。
    ラストも良かった。

  • 西日本新聞の子ども向け記事に紹介してあった本。昔,NHKで子ども向け番組として作られているようだ。

    子ども向けの本だからテンポが良いし回りくどい伏線もない。大変読みやすい。子ども向け2時間ミステリードラマといった感じ。

    解説の中島京子さんが言及していたように,登場人物の大人がちゃんと大人であるところがよい。主人公の紫郎も少年だけど勇気や決断,責任の取り方など今の大人より十分大人である。

    辞世の句の暗号。おっさんの私は解けないな。いつまでたっても。

  • 両親を海難事故で亡くし祖父母と暮らす紫郎は、岩場に耳を当て、海のつぶやきを聞くことが好きな六年生の少年。ある日、誰もいるはずのない崖の半ばに人影を一瞬見た紫郎は、先生の協力を得て、謎の人物の解明に乗り出す。
    著者唯一の少年小説ということと、ミステリ要素があるのかと思って読んでみた。1970年代に書かれた小説であり、どうしても古さが否めない。時の流れを感じるが、昭和を知らない子どもたちはどう読むのだろう。紫郎のような少年も今はいないと思う。

  • 良い。良質な少年向け冒険小説。少々、時代は感じるが。
    子供の頃、NHK少年ドラマシリーズを観て、その時から忘れられない作品。
    最近、文庫化されたのを知り読んだ。
    今時居ない、少年、先生、老人という感じではあるが、理想的な登場人物でもある。良い時代だったなあ、とも感じさせられる。日本版宝島。

  • 母親に「けっこう面白かったから読んでみて」と薦められた本。

    「新田次郎といえば山岳小説!」かと思いきや、こういうミステリー的な要素の含まれた少年冒険小説も書いていたとは。

  • 著者唯一のジュブナイル小説。読み進むうちに頭に浮かんできたのは、「そういえば昔NHKにこの手のドラマシリーズがあったなぁ」という思い。読後に解説を読んで本著がその少年ドラマシリーズの原作のひとつであることを知って苦笑い。子供だましではない見事な冒険小説であり、少年の成長とそれを見守る温かい大人の視線がしっかり描かれている。

  • 新田次郎の小説は主人公が本当にすてき。
    この作品は主人公が小学生だけど、賢くて素直で、自分をきちんと持っていて、読んでいて清々しい。
    テレビドラマの原作だったということだけれど、ドラマのほうもさぞかし面白いものだったんだろうな。

  • 会話や主人公の日記?作文の口調が
    今から考えたらありえないような雰囲気で
    ちょっと読みづらかったが、
    そのあたりを我慢できれば、さらっと読む面白い本でした。
    ラストに向かって謎が解けて行く感じは
    引き込まれて一気に読み終えました。

  • 2012/06/17-17:02 普通に子供向け

  • 文庫化されていたことを今朝知り「すぐ読みたい!今読みたい!!」という気持ちとなっております。

    実を申さば、少年ドラマシリーズのほうを再視聴したい気持ちのほうが大きかったりするのですが…。
    長年「不思議な雰囲気のドラマだった…」と忘れ難い思いでいたものの、原作があり、しかも新田次郎作品だった…ということは、だいぶ後まで知りませんでした。

    数年前、新田作品の山岳小説、しかも短編集にハマって濫読した時期があったのですが、借りて読んだ文庫を購入して読み返したい…と思ったときに、かなりの数が絶版となっていたことを知りました。
    『(当時としての)現代物』は、時代物と違って、どうしても描写が古く感じられるところがあるのかもしれませんが、プロットの確かさ、構成の素晴らしさ、オチの妙など、新田短編には『短編のお手本』という雰囲気すらありました。

    モルゲンロートなど山の描写の美しさなども絶品で、こうして思い出しながら書いているうちにも、また再読したくなって参ります。
    この「つぶやき岩の秘密」が注目されることで、短編集復刊の弾みとなっていただきたいです♪
    (って、本編を読んだ感想は、また後日☆)

全26件中 1 - 25件を表示

つぶやき岩の秘密 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

つぶやき岩の秘密 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

つぶやき岩の秘密 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

つぶやき岩の秘密 (新潮文庫)の作品紹介

両親を海難事故で亡くした六年生の紫郎は、岩場に耳を当て、海のつぶやきを聞くのが好き。それは母の声のように響く。ある日、崖の半ばに人影を一瞬見た。幽霊を見たのか。先生の協力を得て、謎の人物の解明に乗り出すが、謎は謎を呼び、ついには死者が。息詰まる冒険と暗号解読を経て紫郎は、崖の秘密、両親の死の秘密を掴む…。物語の神様、新田次郎が描く傑作少年冒険小説。

つぶやき岩の秘密 (新潮文庫)の単行本

ツイートする