つぶやき岩の秘密 (新潮文庫)

  • 173人登録
  • 3.59評価
    • (12)
    • (21)
    • (27)
    • (6)
    • (0)
  • 26レビュー
著者 : 新田次郎
  • 新潮社 (2012年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101122281

つぶやき岩の秘密 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 作者の新田次郎さんといえば、『八甲田山死の彷徨』を読んだことがあります。その山岳小説の巨人と言われた方が遺したたった一篇だけの海を舞台にした少年小説です。
    少年紫郎が偶然、崖の半ばに人影を一瞬見かけたことから、物語は動き出します。紫郎だけでなく彼に相談された小林先生、その弟の晴雄にも不穏な影がちらつき始めます。
    紫郎に対して少しの変化も見逃さず、真摯に向き合う小林先生。ひとりでやってみろ。やろうと思えば出来るものだと突き放した言い方をしながら紫郎の力を信じる晴雄。危険に近づくなと孫のことを心配しながらも、彼が決めた行動を見守る祖父母。紫郎に辞世の句を託し、自分の力で宝を見つけよとこの世を去った白髯。
    この人たち大人の紫郎への関わり合い方がこの物語のポイントでもあったと思います。
    「ぼくはやるぞ、ひとりできっとやってみせるぞ」
    「ひとりでやってみるということが、人間にとって一番大切なことなんだ」
    などと、少年が成長するにはひとりで考え、行動を起こすことが、とても大切なんだよと促してくれているようでした。それが成功でも失敗でもそんなのは関係ない。それまでの忍耐と勇気に意義があり価値があるのだと力づけてくれます。
    それはある意味、大人に対しての忠告でもあるのかもしれません。大人は見守ること。あるときは腹を括って送り出さなければいけないときもある。それでも少年が成長するためには黙って送り出さなければいけない。それは放任ではないですよね。
    約45年前の日本では紫郎のような少年、小林先生たちのような大人は、当たり前のように存在していたのでしょう。それを遠い過去の昭和時代の思い出と捉えるのはちょっとさびしいです。今の時代にも、紫郎少年があちこちにいて、そんな彼を成長させていく大人たちがいることを信じてます。

  • 子供向きと知らずに読んでいた

  • 『剣岳・点の記』の新田次郎と聞いて、読まずにいられない。珍しく少年小説。

  • 山岳小説家が海を舞台に書いた少年小説。
    海が舞台といっても、そこはちゃんと岸壁登攀でハーケンとかカラビナとかがちゃんと出てくる。

    メルヘンの世界、楽しみました。

  • 少年向けの冒険小説。面白かったです。たとえ危険を冒していても、誰かが自分のやろうとすることを知ってくれているというのは、大切な命綱になります。戦争が残した深い傷跡によってつぶやき岩の「秘密」が生まれました。たび重なる冒険を経て、それは本当に主人公だけの秘密になったのだと思います。

  • それなりに面白かった。

    子供が大人の力を借りて、大人に打ち勝ち金塊を見つける話。
    親が居ないからか、早く大人になりすぎたような、変に悟っちゃった子供が主人公で、同年代の友達の描写がない。
    冒険に出る時も一人か、大人と一緒で爽快感はない。
    最後に金塊の隠し場所を見つけるが、村内であると噂の金塊だから紫郎が見つかった辺りを誰かが探して金塊を見つけてしまうんじゃないだろうか。

  • 日本軍の金塊をめぐる少年の冒険を描いた一冊。

    子供時代の秘密基地遊びを思い出します。

  • 少年冒険小説。
    まわりくどいストーリは無く、スムーズに解りやすい流れだった。
    セリフの言い回しが昔っぽくて新鮮だった。
    子供が読みやすい様に書かれているが、大人でも十分に楽しめた。

  • 懐かしい。丁寧な言葉使いの会話文がとても印象的。この小説が書かれたころは、まだ戦争が身近にあった時代だったのだなぁ。

  • 初めての新田次郎。それがたまたま唯一かかれた少年冒険小説だったとは!新田次郎氏は山岳小説や歴史小説で有名な方だそうだ。かなり面白かった。主人公は頭の良さを感じる礼儀正しい少年。その他登場人物も子供を思いやり真摯に向き合っていて、よかった。言葉遣いに時代は感じても、丁寧な日本語だったので読んでいて心地よかった。最後の冒険部分は、主人公と同じ気持ちになりハラハラドキドキしてしまった。著者の他の小説もぜひ読んでみたい。

全26件中 1 - 10件を表示

新田次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

つぶやき岩の秘密 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

つぶやき岩の秘密 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

つぶやき岩の秘密 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

つぶやき岩の秘密 (新潮文庫)の作品紹介

両親を海難事故で亡くした六年生の紫郎は、岩場に耳を当て、海のつぶやきを聞くのが好き。それは母の声のように響く。ある日、崖の半ばに人影を一瞬見た。幽霊を見たのか。先生の協力を得て、謎の人物の解明に乗り出すが、謎は謎を呼び、ついには死者が。息詰まる冒険と暗号解読を経て紫郎は、崖の秘密、両親の死の秘密を掴む…。物語の神様、新田次郎が描く傑作少年冒険小説。

つぶやき岩の秘密 (新潮文庫)の単行本

ツイートする