留学 (新潮文庫)

  • 355人登録
  • 3.63評価
    • (23)
    • (37)
    • (70)
    • (1)
    • (0)
  • 35レビュー
著者 : 遠藤周作
  • 新潮社 (1968年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101123035

留学 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 経験しているからなのかな、人の葛藤を描くのが上手いなあと思いました。昇進に悩む社会人とか勉学に励む学生とか、共感できる方は多いのではないかと思った。

  • 今年めちゃくちゃ本を読んでいないけど、久しぶりに本を読了した。
    そして超久しぶりにレビューを書いてみる。
    遠藤周作の本は今まであまり知らなかったけど、ブックオフで適当に買って読んでみたらすごくおもしろかった。特にこの本の内容が日本人が外国に留学する話なんだけど、第三章の『爾も、また』の主人公の田中が外国文学者で、しかも研究内容が私が好きなマルキドサドだったから余計に興味を惹かれた。買ったときは、そんなことまったく知らなかったのに、『爾も、また』を読んでいたらすごくサドの話が出てきたから僥倖って思った(笑)そもそもこの本第一章~第三章まであるんだけど、話の内容がつながっていると思ったらまったく別の話で、日本人が海外へ留学するっていう部分しか共通はしていなかった。解説にも書いてあったけど、第三章の『爾も、また』が全体の4/5を占めている。第三章の主人公が、サドが住んでいたラ・コストの城を訪れた時に、近くにいるのに雪が深すぎて近寄れないという描写があってカフカの『城』みたいだなと思ったらやっぱり解説にもそう書いてあった。
    もはや第一章と第二章はあまり覚えていないけど、この第三章の主人公の気持ちは体験したことはないけど、なぜか共感した。謎。この本読んでたら本当日本の文化人だとヨーロッパ文化の圧にやられてしまいそうだと思った。特に田中のように文化的なことをよく知っている人であればあるほど。
    『我々は別の血液型の人からは血はもらえません。』っていうフレーズを読んで、日本人には日本人の血が、ヨーロッパ人にはヨーロッパ人の血が流れていて、すべてを理解することはできないということを改めて思った。

  • 田中がそうなる気持ちもわからんでもない。読み応え十分で面白かった。

  • BSフジ「原宿ブックカフェ」のコーナー「ブックサロン」で登場。
    http://harajukubookcafe.com/archives/651

    ゲストハービー山口さんの人生を変えた一冊。

    「これは僕が23歳の時にロンドンに行きまして、10年近くいたんですけども、そこで偶然日本人の昔住んでた人が残していった本なんですよね。日本人の僕がヨーロッパの文化・イギリスの文化を理解できるんだろうかと何度も打ちひしがれそうになった時にこれを読んで、ああ僕だけじゃないんだと救われた本です。」(ハービー山口さん)


    原宿ブックカフェ公式サイト
    http://www.bsfuji.tv/hjbookcafe/index.html
    http://nestle.jp/entertain/bookcafe/

  • 【選書者コメント】「留学したい」と考えている人でなくとも、勉学に励みたいと思う方は是非

  • 自分も留学している身だが、共感することが非常に多い。留学考えている人はネットにある留学体験談じゃなくてこの本を読んだ方が良い。

  • 三部作。最後の話やたら長い。本作も他の作品と同じく西洋文化キリスト教と日本の文化との対峙、本質的な相違について描かれている。
    主人公はもちろん遠藤周作ご本人がモデルなんだけど、しかし苦しい。なんでこんなに苦しまなあかんのか。時代ゆえなんか、芸術とか文学を志す者ゆえなんか、とにかく苦しい。文学者として、日本人して、クリスチャンとして、男として、人間としてと、いろんな、○○としての自分がのしかかってきて、押しつぶされている。重い。今時「私らしく」とかいう一言で済まされそうなもんなのに。重い重い。でもそんなものに縛られて必死に逃れようとしてまた何かに引っかかりけつまずき、劣等感を抱いたりプライドを傷つけられたり卑屈になったり、苦しんで苦しんで葛藤して、まさに「身を切り肉を切り」言葉を生み出して何かを伝えてきたのが日本の文士(この言い方は出てこないんやけど)なのかなと思える。私はサドよりそっちをベロベロ舐めたいわ。
    サドのことは全然知らんが、主人公が記したサドに関する考察はおもしろかった。しかし、サドの本が読みたいとはあんまり思わん。

  • 著者自身の留学経験を下に書かれたであろう、留学経験者で有れば誰でも思わず頷く様な、現地での葛藤や苦労を描いた作品です。 現代社会とは少し違った感覚、古臭い側面も多々有りますが、時代は変わってもこういった気苦労やコミュニケ―ションにおけるもどかしさや歯がゆさは、いつの時代でも変らないみたいですね。 遠藤周作もこういう感情になっていたんだと思うと少し感慨深いものが有る今日この頃です。

  • 仏蘭西に実際に留学して西洋文明の理解しようとつとめる日本人との間に存在している溝、それを解消しようとする苦悩が著者の小説の主人公を通じて、ひしひしと伝わってくる。異国情緒。そして絶望。でも、その感情の発露はある意味で正しく自然の成り行きなのかもしれないと感じた。

全35件中 1 - 10件を表示

遠藤周作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
三島 由紀夫
安部 公房
ドストエフスキー
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

留学 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

留学 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

留学 (新潮文庫)はこんな本です

留学 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする