ボクは好奇心のかたまり (新潮文庫)

  • 96人登録
  • 3.37評価
    • (7)
    • (2)
    • (34)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 遠藤周作
  • 新潮社 (1979年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101123110

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ボクは好奇心のかたまり (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 狐狸庵先生のユーモア・エッセイ集です。

    吉行淳之介、阿川弘之、佐藤愛子といった作家仲間たちとのやりとりを記したものや、心霊現象や占い師の正体を見きわめるための取材に出かけたエピソードなどが多く収められています。

    日本という風土とキリスト教の関係を厳しく問うた『沈黙』などの小説とは違う、たわいもないイタズラが好きで、好奇心の赴くままに行動する、狐狸庵先生の姿が目に見えるようです。

  • 勝手に拝借した家族の本。
    茶目っ気たっぷりの話。イタズラの数々なども告白されています。
    「病院のおバカさん」
    「嫌がらせの年齢」
    一番笑ってしまったのは
    「粗忽について」
    その他。考えさせられる話も詰まった本でした。
    禁煙を考えている方は
    「誰でもできる禁煙方法」
    という話がオススメです。

  • 弧狸庵先生のエッセイ集は初めて読んだが、著名な作家が多数登場しており、とても賑やかで面白い。
    書かれた当時ははるか昔だけれど、良い作品はは時代を経ても
    風化せず、充分面白く読めるのだなぁ、と思った。

  • エッセイ。
    小説を読んでいないんだが、確か、結構文学的に重々しいものを書かれた方ではなかったか。
    楽しくイタズラ好きで、生きてらっしゃる。

  • 遠藤周作「ボクは好奇心のかたまり」を読みました。久しぶりにおもしろいエッセイを読めて大満足です!

    遠藤周作と言えば個人的には『深い河』を推したいですが、弧狸庵先生のエッセイもまた違った魅力があって面白いです。好奇心たっぷりのオジサンがその興味の対象を様々なものに向けて、ユーモラスに、そして時にはシニカルに語る文章は読んでいて本当に楽しかった。

  • 茶目っけがあるのですが、今その表現を使ったら叩かれそう・・・!とハラハラ。(女性の美醜に言及するとか、ね。)同時代の作家さんや有名人とのエピソードがぽつぽつあって楽しい。そして楽しいだけじゃないんだな。

全6件中 1 - 6件を表示

ボクは好奇心のかたまり (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ボクは好奇心のかたまり (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ボクは好奇心のかたまり (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボクは好奇心のかたまり (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ボクは好奇心のかたまり (新潮文庫)はこんな本です

ボクは好奇心のかたまり (新潮文庫)の単行本

ツイートする