沈黙 (新潮文庫)

  • 5082人登録
  • 3.90評価
  • 675レビュー
著者 : 遠藤周作 
  • ¥ 594 /
  • 新潮社 /
  • 1981年10月19日発売 /
  • 312ページ /
  • Amazon.co.jp ・本 /
  • ISBN・EAN:9784101123158
  • (873)
  • (625)
  • (1029)
  • (43)
  • (9)

この本が買える電子書籍ストア

沈黙 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 交わらない天と地で、神は沈黙を守り続ける。
    その中でいかに、信仰を貫くか、まさに書かれていたのは葛藤でした。
    全く宗教については分からないんですが、
    割とスラスラ読めました。
    キチジローを通しては「転ぶ」ことがどんなことなのかが、よく感じられます。
    是非よんで頂きたいです。

  • 長崎にて再読。最初から最後まで緩むことなく掴んで離さない緊張感。

  • 「神とは何なんだ!」「もし神がいるのならば、なぜ私を救ってくれないのか!」という誰でも一度は思ったことがあるテーマに真正面から挑んだ骨太の一作。島原の乱が平定され、キリスト教が禁止された江戸時代の長崎... 続きを読む

  • マーティン・スコセッシにより映画化、渡辺謙も出演予定とのことで読んでみました。ミーハー的に。
    「踏み絵を踏めない・踏まない」という気持ちに思いを巡らせてみるものの、やはり理解はできず、確か高校生の時に友人と「踏み絵なんて踏めばいいじゃんね。そんなことも許してくれない神なの?」と話したのを思い出しました。そんな私は「日本人的な」宗教観の持ち主なのだと思います。

    「この国は沼地だ。やがてお前にもわかるだろうな。この国は考えていたより、もっと怖ろしい沼地だった。」
    「日本人は人間を美化したり拡張したものを神とよぶ。人間と同じ存在をもつものを神とよぶ。だがそれは教会の神ではない。」

  • キリスト教の説く神ではない、日本流に変質したものを信じて、それに殉教したのなら、その信徒たちは救われないのか。 信じればいいんじゃないのか。でも金の子牛は拝んじゃいけないのだから、それは神ではない。 唯一神という絶対でなければ、救えない。でもそれだと思っているものを信じるというのは、金の子牛とは違うのではないのか。それでも、正しい神を信じることが出来なかったということで、誤りなのか。 めいめ... 続きを読む

  • “稀に見る神学的な才能”に恵まれたイエズス会司祭のクリストヴァン・フェレイラが転んだ。この司祭は日本にいること20年,地区長という最高の重職にあり,絶対に転ぶはずがないような人物だったにも関わらず…。このニュースにヨーロッパ中が震撼した。どんな大変な秘境にもどんどん乗り込んでキリスト教を広める不屈のスーパーエリート営業マン集団のイエズス会。その中でもエリート中のエリートのフェレイラの棄教は真実なの... 続きを読む

  • 2014.7.5読み終えた。カトリックの違いはあるが、信仰とはなにかということが、迫ってきた。そして、救いはある。

  • オススメ頂いたので読みたい。

  • 江戸時代初期に起きた長崎でのキリシタン弾圧について、実際の出来事を参考に書かれた物語。最初からいかにも布教がうまくいかないだろうという予想があり、ひたすら暗い。ただ、その暗さのなかで主人公が神の存在との葛藤など悩み続けているその姿が見どころなんだろう。キリスト教徒にとっては身にしみることが大きいのだろうが、キリスト教徒じゃない自分にとっては、信仰の強さというのはすごいなと思う程度ではあった。

  • マーティン・スコセッシによる映画化の話を聞いて読んでみる。一応傑作的な扱いらしいのだけど、残念ながら個人的にあまり心に響かず。なぜかロドリゴの苦悩にまったく共感することができず、正直読むのがしんどかった。多分こちらの心構えのせいだと思いたい。本は出会うタイミングも大事だな、とつくづく実感。

  • 以下は、オペラ研究家の岸純信が「eぶらあぼ」に『沈黙』について記載している文章です。<遠藤周作の原作に対する欧州の評価は、カトリックの教義を論ずる人々の中ではかなり割れていますね。そういうところを西洋人は非常に厳しく捉え、曖昧にはしないのです。でも《沈黙》は日本が世界に誇れる普遍性を持っていると思います。>宗教を語るのは難しいし、信者か信者ではないかによっても見方はかわるので、あくまでも人間の生き方として本書から学べば良いのではないか。

  • 「なぜ神は沈黙しておられるのか?」 「なぜ虐げられる者、苦しんでいる者達を放っておかれるのか?」 祈りとは果たしてなんなのか。 死んでまで守り通す信仰に何の意味があるのか。 宗教について考えさ... 続きを読む

  • 勝手に難しい内容だと思い込んで、本棚で眠っていました。読んでみると無宗教の私にも時代物が苦手な私にも読みやすく、内容的にも納得行く部分が多々ありました。沈黙の意味が分かりました。

  • これは宣教師が日本でキリシタン狩りに遭って、取り調べで「沈黙」を守る、の意味の沈黙ではなく、なぜこれほどまでに人が不幸な目に遭っているのに神は「沈黙」するのか、という意味だったんですね。日本は泥沼のようなものだ、という表現は言いえている気がする。キリスト教は根付いたのではなく、独自に進化したのだと。となれば、それは本当のキリスト教と言えるのか?現代にもつながる興味深い話でした。

  • 一生に一度は読むべき本だと思う。二度は読まなくて良いけど・・・。しかし、再読すればそれなりに気づきや再確認を得られるから有用だ。

  • 自分にとって宗教とは何なのか、神様って何なのか、という事を問い直すきっかけを与えてくれる作品。自分が信じていたものが足元から崩れていく感覚はこうも恐ろしいものなのか。

  • 「なぜ神は沈黙しておられるのか?」「なぜ虐げられる者、苦しんでいる者達を放っておかれるのか?」
    遠藤周作が若い頃から感じていた疑問に自ら答えようとした小説。
    物語りの後半、神がついに沈黙を破る。「沈黙していたのではない。お前たちと一緒に苦しんでいたのだ・・」

    神はどんな時も私達に寄り添ってくれる「永遠の同伴者」なのだ。

    遠藤周作が生涯追い求めた神の実像を描き出した傑

  • 祈りは心を鎮めはしない。神は何故いつも黙っているのか。
    無宗教な立場だからこそ、読む度に解釈が変化していく気がする。

  • 司祭ロドリゴはキリシタン狩り激しい日本にきて、そして苦難の末に捕われの身となる。 目の前ではキリシタンが、「棄教せよ」と拷問されている。司祭はこのような惨たらしい現実に対して、どうして神は沈黙を守り行動を起こさないのかと問う。時の奉行は司祭が踏み絵をふめば、目の前の拷問は止められると言う。 その時司祭のとった行動は。。そして神は何をされたのか、、という話。 ロドリゴの心理的葛藤がこちらにも伝わ... 続きを読む

  • 長崎旅行の前に一読。
    信仰心、神の存在、背教の心理…
    特定の宗教に対する信仰をもたない私にとって、実感の湧き難いテーマではあった。が、正義、善と悪、信念といったものに置き換えてみると、価値観のゆらぎに対し、どのように処するべきかという意味で考えさせられた。

  • 思ったよりも読みやすかった。そして、読んだ後にその当時のことに興味が持てた。

    信仰は目に見えないことで、本当に自分が信じるかどうかで価値も何もかも変わる。
    「沈黙」はイエス様が答えてくれないことでしょうか。
    辛い時、本当に救世主がいるなら救ってくれるはず、そう思うのは人間として当たり前。

    読んでいて意外だったのは、宣教師を無理やり殺そうとしなかったこと。嫌な話だけれど、いなくなればいいのにそうではなく日本人の名を与えて生活させたところがなんとも不思議で、とても辛い。

  • 単純なストーリーだけど司祭の心理描写にぐんと引き込まれる。…が、クリスチャンでない私にはその程度の味わい方しか出来ないな。この本が真に響く相手は別にいて、私はお呼びでなかったようだ。

  • [購入] 江戸時代、禁教令下の日本に潜入し布教を試みたポルトガル司祭を描いた「宗教小説」。

    日本人信徒に加えられる苛烈な拷問や度重なる殉教に苦悩する司祭ロドリゴの心の動きと、沈黙を守る神、そして殉教や拷問が行われても何一つ変化のない日本の日常が鮮やかに描かれている。
    キリスト教徒でない自分にとっては、禁教令の時代の様子や信徒の心情や燃えるような信仰心がどういったものか、学び知る良い機会になった。

    大きな物語の動きはないのにどんどんと物語に引き込まれて行く著者の描き方に、あっという間に読み終えてしまった。他の作品も是非読んでみたい。

  • 日本人論を語る上で、異教を究極の形で受け入れたというのは、外せないことなのだろう、と。

全675件中 1 - 25件を表示

沈黙 (新潮文庫)に関連するまとめ

沈黙 (新潮文庫)の-

沈黙 (新潮文庫)の-

沈黙 (新潮文庫)の単行本

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

逆転力 ~ピンチを待て~

指原莉乃(HKT48)

AKBというだけで敬遠しないほうがいい1冊

元AKB48、現在は博多を拠点にするHKT48のメンバーでありながら劇場支配人もつとめる21歳のアイドル指原莉乃がAKB加入前に2ちゃんねるに入りびたっていた話や、加入しても人気が出ない日々、そしてあの恋愛スキャンダルを隠すことなく自分の言葉で語っています。そしてこの本を通じて、指原莉乃が普通の女の子であり、そして常に周りの目を気にしながらも臆せずフラットに物事を見て動ける能力の高さが垣間見えます。
決して1番前に立てないタイプながらも周りを盛り上げようとする姿勢に、多くの人はたぶんこの本を読んで共感できると思います。
アイドルの企画本としてではなく、普通の女の子がアイドルグループに入ってしまいそして過ちを犯してもなお腐らず折れずにがんばりその足跡を自身振り返った記録の本として、いま自分の立ち位置に悩んでる人に手にとって欲しい。そう思います。