沈黙 (新潮文庫)

  • 5147人登録
  • 3.90評価
  • 684レビュー
著者 : 遠藤周作 
  • ¥ 594 /
  • 新潮社 /
  • 1981年10月19日発売 /
  • 312ページ /
  • Amazon.co.jp ・本 /
  • ISBN・EAN:9784101123158
  • (880)
  • (630)
  • (1032)
  • (43)
  • (9)

この本が買える電子書籍ストア

沈黙 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • ひたすら気が重くなった。

  • 神は拷問に耐えて殉教する農民に対して黙っている。神父に対しても同じである。そこに生まれる宗教心への葛藤。殉教の意味、信仰心の捉え方、人生と宗教――。イスラム国の過激な行動、許容されない非道・残虐な行為をはじめ、現代の世界的な紛争は宗教観の違いに発している構図だ。今、世界で報じられる紛争を解く上で、争いの根源となる人々の宗教心について考えさせられる一冊だ。同時に日本でもかつて、残虐な処刑が宗教上の理由で行われていたことを再認識することができる。前回読んだ時は9.11発生の前。あれからイスラム過激派対キリスト教の戦いが続いている。時代が大きく動いたことで、再び現代性を帯びた作品になったと言えるのではないか。

  • 素晴らしい。
    買った版の巻末書評がクソ過ぎて台無し

  • 私はキチジローだった。

  • 【本の内容】 神様って、いないんじゃない?という疑問を、ここまで考えぬいた人達がいる。 島原の乱が鎮圧されて間もないころ、キリシタン禁制の厳しい日本に潜入したポルトガル人司祭ロドリゴは、日本人信徒たちに加えられる残忍な拷問と悲惨な殉教のうめき声に接して苦悩し、ついに背教の淵に立たされる……。 神の存在、背教の心理、西洋と日本の思想的断絶など、キリスト信仰の根源的な問題を衝き、〈神の沈... 続きを読む

  • 私の人生をずっと形作ってくれている本です。(S.D)

  • 面白くはないです。
    苦しいです。
    切ないです。
    でも一気読みしてしまいます。
    そして、読んで良かったと思います。
    神様ってなんでしょうね?
    日本人だからこそ改めて考えてしまいます。

  • 久々にぐっとくるものがあったな。
    信仰は、軽々しく語れるものではないけど、
    ちょっと不思議に思っていたことで、
    キリスト教が日本に伝わったときにそのまま素直に受け入れられたかっていったら違うよな、いいように解釈されてるよな、って思っていたようなことが書かれてて府に落ちた部分がかなりあった。

    フィクションではあるけど、時代背景や元にしたものがあるので島原の乱後のキリスト教布教を垣間見ることができる。
    実に読みごたえはある本だったが、よんでよかった

  • 交わらない天と地で、神は沈黙を守り続ける。
    その中でいかに、信仰を貫くか、まさに書かれていたのは葛藤でした。
    全く宗教については分からないんですが、
    割とスラスラ読めました。
    キチジローを通しては「転ぶ」ことがどんなことなのかが、よく感じられます。
    是非よんで頂きたいです。

  • 長崎にて再読。最初から最後まで緩むことなく掴んで離さない緊張感。

  • 「神とは何なんだ!」「もし神がいるのならば、なぜ私を救ってくれないのか!」という誰でも一度は思ったことがあるテーマに真正面から挑んだ骨太の一作。島原の乱が平定され、キリスト教が禁止された江戸時代の長崎... 続きを読む

  • マーティン・スコセッシにより映画化、渡辺謙も出演予定とのことで読んでみました。ミーハー的に。
    「踏み絵を踏めない・踏まない」という気持ちに思いを巡らせてみるものの、やはり理解はできず、確か高校生の時に友人と「踏み絵なんて踏めばいいじゃんね。そんなことも許してくれない神なの?」と話したのを思い出しました。そんな私は「日本人的な」宗教観の持ち主なのだと思います。

    「この国は沼地だ。やがてお前にもわかるだろうな。この国は考えていたより、もっと怖ろしい沼地だった。」
    「日本人は人間を美化したり拡張したものを神とよぶ。人間と同じ存在をもつものを神とよぶ。だがそれは教会の神ではない。」

  • キリスト教の説く神ではない、日本流に変質したものを信じて、それに殉教したのなら、その信徒たちは救われないのか。 信じればいいんじゃないのか。でも金の子牛は拝んじゃいけないのだから、それは神ではない。 唯一神という絶対でなければ、救えない。でもそれだと思っているものを信じるというのは、金の子牛とは違うのではないのか。それでも、正しい神を信じることが出来なかったということで、誤りなのか。 めいめ... 続きを読む

  • “稀に見る神学的な才能”に恵まれたイエズス会司祭のクリストヴァン・フェレイラが転んだ。この司祭は日本にいること20年,地区長という最高の重職にあり,絶対に転ぶはずがないような人物だったにも関わらず…。このニュースにヨーロッパ中が震撼した。どんな大変な秘境にもどんどん乗り込んでキリスト教を広める不屈のスーパーエリート営業マン集団のイエズス会。その中でもエリート中のエリートのフェレイラの棄教は真実なの... 続きを読む

  • 2014.7.5読み終えた。カトリックの違いはあるが、信仰とはなにかということが、迫ってきた。そして、救いはある。

  • オススメ頂いたので読みたい。

  • 江戸時代初期に起きた長崎でのキリシタン弾圧について、実際の出来事を参考に書かれた物語。最初からいかにも布教がうまくいかないだろうという予想があり、ひたすら暗い。ただ、その暗さのなかで主人公が神の存在との葛藤など悩み続けているその姿が見どころなんだろう。キリスト教徒にとっては身にしみることが大きいのだろうが、キリスト教徒じゃない自分にとっては、信仰の強さというのはすごいなと思う程度ではあった。

  • マーティン・スコセッシによる映画化の話を聞いて読んでみる。一応傑作的な扱いらしいのだけど、残念ながら個人的にあまり心に響かず。なぜかロドリゴの苦悩にまったく共感することができず、正直読むのがしんどかった。多分こちらの心構えのせいだと思いたい。本は出会うタイミングも大事だな、とつくづく実感。

  • 以下は、オペラ研究家の岸純信が「eぶらあぼ」に『沈黙』について記載している文章です。<遠藤周作の原作に対する欧州の評価は、カトリックの教義を論ずる人々の中ではかなり割れていますね。そういうところを西洋人は非常に厳しく捉え、曖昧にはしないのです。でも《沈黙》は日本が世界に誇れる普遍性を持っていると思います。>宗教を語るのは難しいし、信者か信者ではないかによっても見方はかわるので、あくまでも人間の生き方として本書から学べば良いのではないか。

  • 勝手に難しい内容だと思い込んで、本棚で眠っていました。読んでみると無宗教の私にも時代物が苦手な私にも読みやすく、内容的にも納得行く部分が多々ありました。沈黙の意味が分かりました。

  • これは宣教師が日本でキリシタン狩りに遭って、取り調べで「沈黙」を守る、の意味の沈黙ではなく、なぜこれほどまでに人が不幸な目に遭っているのに神は「沈黙」するのか、という意味だったんですね。日本は泥沼のようなものだ、という表現は言いえている気がする。キリスト教は根付いたのではなく、独自に進化したのだと。となれば、それは本当のキリスト教と言えるのか?現代にもつながる興味深い話でした。

  • 一生に一度は読むべき本だと思う。二度は読まなくて良いけど・・・。しかし、再読すればそれなりに気づきや再確認を得られるから有用だ。

  • 自分にとって宗教とは何なのか、神様って何なのか、という事を問い直すきっかけを与えてくれる作品。自分が信じていたものが足元から崩れていく感覚はこうも恐ろしいものなのか。

  • 「なぜ神は沈黙しておられるのか?」「なぜ虐げられる者、苦しんでいる者達を放っておかれるのか?」
    遠藤周作が若い頃から感じていた疑問に自ら答えようとした小説。
    物語りの後半、神がついに沈黙を破る。「沈黙していたのではない。お前たちと一緒に苦しんでいたのだ・・」

    神はどんな時も私達に寄り添ってくれる「永遠の同伴者」なのだ。

    遠藤周作が生涯追い求めた神の実像を描き出した傑

  • 祈りは心を鎮めはしない。神は何故いつも黙っているのか。
    無宗教な立場だからこそ、読む度に解釈が変化していく気がする。

全684件中 1 - 25件を表示

沈黙 (新潮文庫)に関連するまとめ

本棚に登録しているひと

本棚に「読みたい」で登録しているひと

本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本棚に「積読」で登録しているひと

沈黙 (新潮文庫)のKindle版

沈黙 (新潮文庫)の-

沈黙 (新潮文庫)の-

いま、この本が売れています

ブクログのランキングをチェックしよう!

私がモテてどうすんだ(1) (講談社コミックス別冊フレンド)

ぢゅん子

抱腹絶倒の恋愛(?)マンガ

ぽっちゃり腐女子が、お気に入りキャラの死亡がショックで寝込んだことで激やせして超絶美少女となって、まわりのイケメンからモテモテでハーレム状態となるマンガ。
もうこの1行ですべてを物語っている作品です。この主人公の腐女子ぶりのブレなさがこの1人の美少女を狙い争うイケメンたちを翻弄していきます。
特に、BL好きな主人公たちが争うイケメンたちを見てウットリしたり、クリスマスにデートに誘われても「コミケがあるので」と断ったりとなかなかの腐女子ぶり。でも、イケメンたちはそんなまっすぐな彼女にどんどん惹かれていきます。
3巻にはそんなイケメンに最大のライバル登場と、盛り上がり中です。
ぜひお腹を抱えて笑いたい人にはお勧めの恋愛(?)少女マンガです。