キリストの誕生 (新潮文庫)

  • 447人登録
  • 3.72評価
    • (39)
    • (46)
    • (66)
    • (6)
    • (2)
  • 42レビュー
著者 : 遠藤周作
  • 新潮社 (1982年12月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101123172

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
ドストエフスキー
安部 公房
遠藤 周作
フランツ・カフカ
遠藤 周作
遠藤 周作
谷崎 潤一郎
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

キリストの誕生 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • イエスの生涯に続いて刊行されました。
    イエスからキリストという存在へ変わっていく弟子たちの心理などを本当に質の高い内容で描かれています。「僕は大説家ではなく小説家なんですよ」とエッセイで何度も著者は口にしていました。
    それを決して忘れずに読んでいたものの、遠藤氏の文章はどうしても僕に夢をみさせてしまう。読者も多く、たくさんのレビューがあり、十人十色に評価をなさっていることでしょう。宗教と歴史と信仰の危ういバランスを絶妙にとりながら見事な結びまで持っていくその技量を楽しむ一冊として読んでもいいと思います。
    キリスト教に関わっている方なら、是非そこに自分の思いも加えてみてください。

  • [その後の話]イエスの死に際して自らの弱さに苛まれたであろう彼の弟子たちは、何故にその後殉教をも恐れぬ熱心な信徒となったのか......。クリスチャンでもある著者が、回答定まらないその問いに答えようと、イエスの死後の弟子たちの歩みを再構成した作品です。著者は、本書と『イエスの生涯』を著したことで、さらなる思考が求められたと語る遠藤周作。


    『イエスの生涯』を事前に読んでいたからでしょうか、遠藤氏の考える弟子像というものがすっと頭に入ってきました。その像がいわゆる正統の教義との関係でどう考えられるかまでコメントできる見識がないのですが、遠藤氏自身の自画像が非常に深く弟子像に投影されているように思います。「弱さ」という点が1つのキーポイントになっているのではないでしょうか。


    キリスト教の立ち上がりまでの動きが大まかに理解できるのも本書の魅力の1つ。聖書やキリスト教については、それこそ勉強を始めると終わりの見えない世界だと思うのですが、とりあえず概略を把握しておきたいという方には、(遠藤氏の思いが如実に詰まった作品であるということに留意しつつ)非常にオススメできる一冊です。

    〜イエスは現実には死んだが、新しい形で彼等の前に現われ、彼等のなかで生きはじめたのだ。それは言いかえれば彼等の裡にイエスが復活したことに他ならない。まこと復活の本質的な意味の一つはこの弟子たちのイエス再発見なのである。〜

    どうぞ素敵なクリスマスをお過ごしください☆5つ

  • 結びはとりわけ肝に銘じたい。人はみな愛を裏切らぬ何か、永遠の同伴者を信じずには要られない。たとえ現実にはそれが沈黙していようとも、である。そういったものとしてキリストは生前から、そして死後も期待に応え続けてきた、と。しかしながら、キリストが持っていたXは分からないままである。
    それぞれの聖者を描き出す筆致は鮮やか。読み応えがある。

    どうも僕はそうやって信じる物語が好きらしい。確かに神は沈黙しているのだけど、それでも信仰されるという筋が好みらしい。心打たれてしまうらしい。
    奴隷道徳ということも頭の片隅に。

  • キリスト教がどのようにして誕生したかを,聖書ばかりでなく多くの資料をベースに小説家の視点で考察した名著だ.ステファノ事件,エルサレム会議,アンティオケ事件などが信徒たちに与えた影響,さらにイエスと会ったことのある使徒たちとポーロの議論の中で,神の沈黙,イエスの復活などをどう扱うのか悩む人たち.永遠の問題だが,それなりの解答が与えられたような気がする.

  • 宗教概念を越えて、
    人生に迷う時、頁を繰る一冊です。
    人が求めるものとは何か、
    人を生かす力とは何なのか。
    己の人としての意味は何であるのか。
     
    そうした問いかけと道標であると思い読む本のひとつです。

  • イエスの死後,「キリスト」が誕生するまで。そんなの考えたこともなかったけど,とても勉強になった。弟子たちってすごいなあ。

    そしてここでもやはり「神の沈黙」がテーマとなっていた。
    んんん・・・。

  • とても面白く、聖書の理解が深まりました。筆者は常に第三者の視点を保ち、新約聖書の内容的誇張や欠落を数多の学説に基づいた知識で埋める一方、資料の乏しい部分については大胆に想像力を働かせて、イエスの死後、残された弟子たちがどのように葛藤し、生き抜いていったかを描き出していきます。正統的神学からは外れるような言葉遣いにドキッとしますが、それは事実を元にした小説を読むようなもの。特に本作で扱う使徒行伝は、歴史・文化的背景や人物のバックグラウンドが分からないと理解が難しいので、参考になります。

  • 『イエスの誕生』の続編です。イエスの死後のキリスト教団を率いたペテロやパウロたちの姿を描きます。

    著者がとくにこだわっているのは、イエスが十字架にかけられて死んだ後も、ふたたび人間的な弱さに躓くことになる弟子たちの姿です。ステファノのラディカルな主張についていくことができず保身に走ったペテロが、やがてユダヤ人以外に信者を求めるパウロに対して、またしても同じ弱さを露呈することになる姿を描きます。

    そのパウロについては、キリスト教がユダヤ民族の枠を超え出ていくきっかけを作った人物として評価されながらも、彼の説く復活信仰の普遍性が、その後ギリシアや日本のような汎神論的な信仰の根づいている地域において引き起こす問題が示唆されています。

    もう一つ、著者が熱心に解き明かそうとしているのは、「沈黙の神」と呼ばれている問題です。パウロが悲惨な死を遂げることになり、イェルサレムがローマ人たちの侵攻になすすべなく敗退していったとき、キリスト教徒は「なぜ神は沈黙したままなのか」という問いに直面することになったと言います。そしてこの問題に向き合うことが、キリスト教の信仰にとって課せられた大きな問題だと、著者は述べています。

    使徒たちの人間的なの弱さに迫っていく著者のまなざしに感銘を受けました。

  • 「イエスの生涯」よりも難しい…。

    う〜ん、難しい…というよりも、
    弟子達や弟子の布教によって信徒になった人達によって
    イエスをキリストとして高めるまでの過程やその心情が、
    キリスト教徒でもなければ、
    他の宗教に強い信仰があるわけでもない私には理解しづらい。
    でもわかりたいと思ってしまう。なんだかちょっと羨ましい。

    イエス死後、弟子達の自問自答や自責の念を考えると切なく感じる。
    悩み続けるその姿に、同じ人間としての悲しみや弱さを見ることができ、
    遠い昔に生きた人達を少し身近に感じられた。
    弱さがあったからこそ強い信仰につながった、というのは納得。
    イエスの復活についての考えも、なるほど〜と思った。

    当時の政治や宗教などについて
    もう少し知ってから読み直してみたい。

  • 2015/02/16
    日経新聞にて
    リーダーの本棚
    自衛隊統合幕僚長 河野克俊

  • 見返りを求めずに、ただ許し愛してくれる存在
    こころに寄り添うもの

  • 前著の変奏。興味深いが感銘は受けなかった。人間の完成でも、教祖でもなく、信仰の対象になったイエス。泥臭い弟子たち。時の流れの数奇さ。

  • 名作、『イエスの生涯』(新潮文庫)の続編にあたる作品です。イエスが十字架にかけられてから後、エルサレムが陥落するまでの弟子の言動を著者なりに整理して描いています。新約聖書との関連でいえば、いわゆる使徒言行録とオーバーラップする部分が多いです。

    著者が追いかけてきた「神の不在」というモチーフが、いかなる歴史の上にかたちづくられてきたのか、そのモチーフの根の深さのようなものが敢然と浮かび上がり、読み手に突きつけられます。この「謎」が残ったことの重さは、わたしたちが漠然と思い描いているようなものではなく、ただ黙するほかにない何かであることが分かります。

    "「神はなぜ沈黙しているのか」、「キリストはなぜ再臨しないのか」。この二つの課題を解くことができなかったからこそ、信徒たちは悩み、もがき、苦しみ、それらの苦しみが信仰のエネルギイともなっていったのである"(P.265)

    『イエスの生涯』と同じようなテイストに仕上がっていて、基本的にはキリスト教徒ではない方に伝わるように工夫が凝らされている作品ではあります。ただし、良く知られるイエスの生涯、すなわち福音書に書かれている出来事の後の時代を扱っているため、なかなか読み進めるのに難儀するかもしれません。わたしも大して前提知識がありませんので、『イエスの生涯』よりも少し歯応えを感じました。

    著者の誠実さが伝わってくるような筆致、荘厳な雰囲気すら漂う作品です。

  • 聖書だけでは理解出来ないイエスが処刑された後の使徒たちの考え方や性格がとても分かりやすく説明されていた。賛否両論ある内容だとは思うが。遠藤氏はキリスト教徒のはずだがどこか覚めた視線をお持ちなので、非キリスト教徒が読んでもとっつきやすかった。

  • イエスの十字架の死後、12弟子を中心とする原始キリスト教団の使徒たちの心の中に再臨し、神秘的な救いを与えたイエスの復活、そしてキリストの誕生は、弱虫だった弟子たちを殉教をもいとわない強い信仰者に生まれ変わらせた。「汝の敵を愛せよ」、愛の人だったキリスト、2000年前のエルサレム、そして2000年の時空を越えて、今もなお現代世界に生き続けるキリスト教の教えに想いを馳せる。

    キリスト教がこれら敬虔なユダヤ教徒の中から生まれ、キリスト教が何故、ユダヤ人を越え、多く異邦人たちの世界的な宗教になったのか?その理由がよくわかる。

    イエスが死んでしまったために、原始キリスト教団はその神学的解釈を巡り、その当時から多くの悩みを突きつけられていた。「神は何故、沈黙し給うのか?」「主イエスは何故、十字架で死ななければならなかったのか?」

  • 原始キリスト教団とユダヤ教の関係、なぜイエスは神格化されたか。日本人には馴染みのない部分が丁寧に書き込まれているのでわかりやすかった。永遠の同伴者、孤独。

  • 想像と史実がまざりすぎかな

  • カテゴリ分け困った…。
    最初フィクションにしたけど違うよね、たぶん。
    遠藤周作を初めて読んだ本。
    当時キリスト教に興味があって聖書読み始めたころ。
    この本を読み終わって近くの教会(聖公会)に通い始めました。
    自分が日本の作家読む気がしないのはやっぱ宗教的視点が欠けてるというか、べつに一神教じゃなくてもいいんだけど、何だろう、人間関係のゴタゴタとか恋愛だけじゃない、それを超えた視点とか、価値観とか世界観とかが自分にはどうしても必要だからです。
    自分は幼稚園から中学までクラスのスケープゴートでいじめられたので、男性が怖くて(クラスの男子に殴られたりしていた)恋愛出来なかったし、友達も少ない(ゼロではないが)。
    まさに聖書でイエスが言ったように(健康な人に医者は要らない、いるのは病人だ)、ある意味病人だったワケで。
    読んでよかったと思います。
    文字通り命を救われたかも。
    おかげで今は生きててよかったと思ってるし、出来るだけ長生きして人生楽しみたいです。

  •  『沈黙』、『海と毒薬』、『イエスの生涯』、『白い人・黄色い人』に続いて、「遠藤周作文学館に行く前に遠藤周作を読みましょうシリーズ」の第5弾。『イエスの生涯』の続編としても位置付けられる作品で、イエスの死後、イエスがキリストとして信仰の対象となる過程、原始キリスト教が成立していく過程を、弟子たちの視点で描いたもの。
     率直に言って、おれは『イエスの生涯』よりは、興味が持てた部分が少なかった。たぶん弟子たち、というのはイエス自身よりもさらに馴染みがおれにとっては薄いからだと思う。それでも、ペトロとポーロという対照的な2人の生きざまがありありと浮かんでくる筆致が面白い。ペテロがポーロやユダヤ教と駆け引きをする部分には緊迫感があるし、70年のエルサレム攻囲戦の様子は臨場感がある。ステファノという弟子についても知らなかった。
     キリスト教の歴史について、知らなかった多くのことが、歴史小説を読むように知ることができたことは良かった。(11/12/--)

  • キリストの誕生、つまり十字架上で死んだイエスが復活して人々のなかで永遠に生きていく経過が語られている。力作だ。キリスト教が短期間で広く普及されるに至った謎を追及している。そして、小説家ならではの表現力でもって、イエスの死後に布教に尽力したヤコブ、ペトロ、ポーロなど登場人物が人間臭く描かれている。それにしても、なんでユダヤの人々はこれほどまでに虐げられるのか?

  • イエスの死後、どう彼が弟子たちから神の子として崇拝され、またたくまに欧州に広がるにいたったのか。
    ヤコブ、ペトロ、ステファノ、ポーロら、殉教した弟子たち足取りから追う。

    基本的には外へ外へというエネルギーをもちながら、その中で教団が分裂したり、新たな問いを投げかけられたりするたびに、そのつながりを強くなり、その輪も広がっていく。
    なかでも大きな問題は、救われるべきはユダヤ人のみなのか、ヤハウェと契約していない異邦人もなのか。このユダヤ教の枠を超えるのは大きな反発があったし、超える中で得られたものも大きかった。
    だから、異邦人に伝道した最先鋒のポーロの活動は高く評価されている。

    結局は「不合理ゆえにわれ信ず」。
    「キリストはなぜあんな最期を遂げたのか」「神はなぜ沈黙しているのか」「キリストはなぜ再降臨しないのか」といった難題に悩みもがき続けることで、キリストは人生の同伴者になり、みなの心に「復活」した。
    と、不思議な結論でおわってしまった。
    それを筆者も「私も書き得なかった神秘的なX」と結んでいる。

  • 『イエスの生涯』と合わせて読むとより深くキリストを理解できると思う。

    なぜ神はキリストを見はなしたのか、弟子はなぜキリストを裏切ったのか、ユダヤの王はなぜキリストを恐れたのか。
    全ての謎はこの小説に繋がると思います。

    それでもなお、その姿を隠すことなく人に晒したイエスの心。
    真実を通すには、時として醜く孤独で、耐えようのない漆実を味わうのだと。
    それを受け入れられる自分を持てるのかが、問われている。
    自分と向き合う勇気を持てるのかが、強く心に残る一冊です。

  • イエスの死、使徒たちの死、そしてエルサレムの陥落。葛藤と絶望に満ちた原始キリスト教団の姿と、解けない「謎」を提示して、遠藤周作の語りは終わる。もしかしたらエルサレム陥落後、なぜ神は救いに来てくださらないのか、という疑問が蔓延したからこそ、その答えとして、原始キリスト教においてグノーシス主義が一定の勢力を持ったのかもなぁ。という仮説。

  • 「イエスの生涯」続編。
    人間イエスは死後、弟子によって「キリスト」となった。
    信徒にとって、いや全ての人間にとって救世主とは、同伴者とは何なのか。

全42件中 1 - 25件を表示

キリストの誕生 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

キリストの誕生 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

キリストの誕生 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

キリストの誕生 (新潮文庫)の作品紹介

愛だけを語り、愛だけに生き、十字架上でみじめに死んでいったイエス。だが彼は、死後、弱き弟子たちを信念の使徒に変え、人々から"神の子""救い主"と呼ばれ始める。何故か?-無力に死んだイエスが"キリスト"として生き始める足跡を追いかけ、残された人々の心の痕跡をさぐり、人間の魂の深奥のドラマを明らかにする。名作『イエスの生涯』に続く遠藤文学の根幹をなす作品。

キリストの誕生 (新潮文庫)の単行本

キリストの誕生 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする