真昼の悪魔 (新潮文庫)

  • 373人登録
  • 3.54評価
    • (21)
    • (54)
    • (73)
    • (6)
    • (3)
  • 47レビュー
著者 : 遠藤周作
  • 新潮社 (1984年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (327ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101123202

真昼の悪魔 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 遅ればせながら、初遠藤周作。非常に読みやすいことに驚いた。多少難読するだろうと予想していたが、題材も含めて、スラスラと頭に入っていく。善と悪の境目の考察。無感動の境地。人間の二面性、及び多面性。それを淡白なミステリーに仕上げているなと感じた。医療分野と人間の多面性が、陰鬱で素敵だ。考察が深く潜りすぎないことも、ある程度余裕をもってページを進める要因であろう。とてもバランスのいい作品だと感じた。悪魔は多分、いる。

  • 当時の現代人の、とも言い切れない
    空虚感、心の渇き、それを満たす
    多様化容認の名もとに、古い枠組みを超えた、
    個人を社会とは別扱したがる新時代の価値、
    個人尊重の風潮。
    それは、構成員としての集団に対する責任感から
    個人の欲望を無条件で解放し、
    本来社会性を持つべき人間に対し
    動物的快楽、欲望を追求することに
    意味を持たせるだけの脳がひねり出した
    いいわけにも感じる。
    帯・背表紙には「医療ミステリー」とあり
    確かに「彼女」は何者かを追う部分があるが、
    遠藤先生のエンターテインメント作品にして、
    「悪魔」という言葉を用いているなか、
    裏返して時代の中で相対的、絶対的「善」とは
    を問いかけたのではないか。
    悪魔と悪魔が対峙するとき、彼女は彼に何を見た。

  • 怖い話。
    書かれた時代より、更にそう言うタイプの人間が増加してるのではと思わせる時代を先取りしている感じがした。

  • どんな悪を犯しても痛みを覚えぬ白けた虚ろな心をもつ女、を描く。「動機の無い犯罪」が現れ始めた頃に書かれたものなんだろうと思う。作者自身がキリスト教徒である点が、上手く作用している。

  • 人の心に潜む悪魔の存在をかくも鮮明に描き出したのはさすが周作。

  • 久々の遠藤作品。
    本書を読んで始終やまゆり園の事件のことを思い出していた。
    この人は読者に答えの出ない難しい問題を投げかけてくるなぁ。

  • ドラマ化されて注目浴びている本作。やはり原作はドラマとは全く趣が違う。テーマは「悪魔とは何か?」。これを医療サスペンスで彩りつつを読者に問いかけてくる。

  • 現代の時代を反映した医療ミステリー。ぞっとする怖さがあった。

  • クリスチャンであり医学に造詣が深い作者ならではのキリストと悪魔に纏わる医療サスペンススです。
    女医の悪魔的衝動に襲われる人々に危機があるものの大事には至らない。また、悪魔的思考の人たちの根絶もなく、それ故か何か物足りない感はある。病院は例え悪意が無くとも医師次第で悪事やミスが隠蔽されるのが恐ろしい。その舞台に悪魔が巣食う設定は人々を震撼させる。
    悪魔が悪魔を生み出す、悪魔の心は人々に根づく。そんな考えは現実世界でも当たり前にある事をさい認識する。

  • あんまり。

全47件中 1 - 10件を表示

遠藤周作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
三島 由紀夫
安部 公房
遠藤 周作
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

真昼の悪魔 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

真昼の悪魔 (新潮文庫)の作品紹介

患者の謎の失踪、寝たきり老人への劇薬入り点滴…大学生・難波が入院した関東女子医大附属病院では、奇怪な事件が続発した。背後には、無邪気な微笑の裏で陰湿な悪を求める女医の黒い影があった。めだたぬ埃のように忍び込んだ"悪魔"に憑かれ、どんな罪を犯しても痛みを覚えぬ虚ろな心を持ち、背徳的な恋愛に身を委ねる美貌の女-現代人の内面の深い闇を描く医療ミステリー。

真昼の悪魔 (新潮文庫)の単行本

ツイートする