十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。 (新潮文庫)

  • 555人登録
  • 3.60評価
    • (33)
    • (58)
    • (54)
    • (15)
    • (5)
  • 74レビュー
著者 : 遠藤周作
  • 新潮社 (2009年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101123387

十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルが気になって、10頁は立ち読み。
    10頁読んで、私は、面白いと思ったから購入。11頁以降が面白く感じられないかもしれないっていう不安はあったけど(笑)、大切な事だと思う。

    この本では手紙だけど、メールでも同じ事。
    ただ、相手にどう自分らしく伝えて、"気持ちを"上手く伝えようとするか・・・
    まあ、それで時間がかかってしまうのは良くないなーと思う。

    でもやっぱり、心がこもっててる方がいい。
    手紙を書かない世の中だからこそ、こういうのは、ありだと思う。
    相手ありきのものだからね。

  • 読書録「十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの
    本を捨てて下さって宜しい。」4

    著者 遠藤周作
    出版 新潮社

    P25より引用
    “いずれにしろ名分を書こうとする意識やむつかしい手紙文の文
    例をマネる必要が全くないと考える時、あなたは少しは手紙を書
    くのが気楽になりませんか。”

     目次から抜粋引用
    “一寸したことであなたの人生が変る
     筆不精をなおす一寸したこと
     手紙を書く時に大切な一寸したこと
     返事を書く時に大切な一寸したこと”

     芥川賞作家である著者による、手紙の書き方についてのコツを
    記した一冊。
     セールスマンの売り込みについてから具体的な文章の書き方ま
    で、すぐにでも使えそうなコツが紹介されています。
    長年未発表だった原稿を元に出版されたものの文庫化。

     上記の引用は、筆不精の直し方のコツを記した章での一文。
    最近の私は手紙どころか年賀状すらメールで済ませてしまうので
    すが、メールであってもやはり文章を書く時はそれなりに力が
    入ってしまうものです。
    筆不精にならないためにも、気楽に文章のやりとりが出来る相手
    がいるということが、結構大切なのではないかと思います。
     一つ一つのコツが細かくまとめてあるので、人に対して文章を
    書く時にとなりにあると便利な一冊なのではないでしょうか。

    ーーーーー

  • タイトルからは想像できないが、
    遠藤周作がラブレターの書き方を説明している本。
    思い出すのは、三島由紀夫も手紙の本を出している。
    趣向は違うが、人間性が現れていて、本だけではなく作者にまで惹かれる。

    手紙を書く重要性からはじまり、なぜ筆不精か理由があり、手紙を書きたくなる方法まではじめに説明がある。
    タイトルの10ページは過ぎるがもちろん続けて読む。
    あとは、例文を踏まえながら「読む人の身になって」を説明されている。
    「海と毒薬」や「沈黙」などを書いた作者とは思えない、とてもユーモラスであった。
    内容は、「読む人の身になる」以外にも、3つが一貫している。
     ・書き出しに注意。決まり文句で始めない。
     ・自分の言葉で書く。
     ・短文にする。

    最近、手紙を書くことはほとんどなくなったが、メールの影響で文章を書くことが増えた。
    この本はメールを書くのにも応用できる。
    自分に特に役立ったシチュエーションは二つ。
    「断るときの手紙」と、「お悔やみ状」の書き方。
    本文にもあったが、「お悔やみ」はとても難しい。

    先日、母が他界した際いろいろな方からメールをいただいた。
    もちろん、メールをもらったことだけでたいへんうれしかったが、
    思い出せば、形式にとらわれすぎているもの、感情が大げさなものなど多かった。

    お悔やみ状は「あなただけでなく、自分も同じような悲しみにあった」ことを書くことがポイントとなっている。
    確かに、そうである。
    私がもらったメールで一番心に響きなぐさめられたのは、同級生の親友からもらったものだった。
     「俺らもそういう年になってしまったよね」

  • 面白いタイトル。はて、なぜこんなタイトルを?と思ったらこれは未発表作品らしい。そこで、印象的な出だしの一文がタイトルになったというわけか。

    遠藤周作の語り口が楽しめる一冊。書かれている手紙の書き方指南については、内容がちょっと時代を感じさせるもので例えが古く(美人女優の例えに香川京子とか有馬稲子とか言われてもわからん・・・)実践的かというとだいぶ疑問。私は実践的なことを学ぶよりも、近所に住んでいる頭のよくて本もたくさん読んでいるおっちゃんの話を聞きに行っている感じで終始楽しんだ。とは言うものの、なかなか普遍的な内容も多く、「ようなゲーム」についての記述もなかなか興味深かった。

    手紙は出す相手の身になって書く内容を考えること。単純なようで本当に難しい。自分もたぶんあんまりできてないような気がする。気をつけようと思うけど・・・

  • 手紙に関する新しい発見もあったし、筆者の文章との向き合い方も知れた気がする。みんなに読んでほしいな。

  • 豆腐
    チンピラ俳優
    礼儀であり要領でもある
    モガとモボ
    頻尿のおしっこのようにダラダラ

  • 十頁読む。
    勉強になる。
    最後まで読む。

  • 環境と感覚が古い。

  • いまいち

  • 捨てる

全74件中 1 - 10件を表示

遠藤周作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
三島 由紀夫
安部 公房
村上 春樹
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。 (新潮文庫)はこんな本です

十頁だけ読んでごらんなさい。十頁たって飽いたらこの本を捨てて下さって宜しい。 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする