死者の奢り・飼育 (新潮文庫)

  • 2507人登録
  • 3.63評価
    • (205)
    • (272)
    • (466)
    • (47)
    • (5)
  • 259レビュー
著者 : 大江健三郎
  • 新潮社 (1959年9月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101126012

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
坂口 安吾
ヘルマン ヘッセ
谷崎 潤一郎
安部 公房
遠藤 周作
ヘミングウェイ
吉本 ばなな
フランツ・カフカ
梶井 基次郎
安部 公房
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

死者の奢り・飼育 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 文学的能力がいまいちの私にはいずれの話もよく理解できないものの、「難しくて読めなくて進みません」という感じでもないところが不思議。

    「何か大きなテーマが背景にある」とも思わないし、だからといって、「雰囲気を楽しむだけ」の小説でもないように感じる。

    現時点では、私にとって、自分の中に不思議な感覚を残した小説という位置づけになるのみだ。

    いつかまた読みたい。

  • 初めて読んだ作者。
    全編の濃さと存在感がすごい。読むのに時間がかかったけど、かなり好きになった。
    言葉選びが本当に絶妙。
    ずっと自分の中にもあったけどボヤッとしてたものに、
    その的確な表現で持って輪郭を与えてくれた感じ。
    そういう点での快感と、内容は終始おどろおどろしく。。
    いやぁ。良かったです。
    今度きっともう一度読む。

  • どれも、恐らくは1957年58年くらい、作者が23歳くらいで発表された短編・中編。
    昔なら、僕の息子でもおかしくない年齢。
    「これを22歳23歳で書いたのかぁ?」
    …と、びっくり。どれも、息を呑む面白い小説でした。

    肉屋に行って、「豆腐が無い」といちゃもんをつけても大人げない訳で。
    もちろん、何かしらか欠けているもの、無い要素、は、あります。
    ユーモアが無いだとか、軽さが無いだとか、暗いだとか、救いが無い、だとか。
    でも、小説として大変に読ませる力があることは、およそ60年が過ぎても、確かだと思いました。



    以下、簡単に内容の備忘録。

    『死者の奢り』
    とある大学(まあ、東京大学なんでしょう)。
    医学部で、保存している死体の、移動というアルバイトをすることになった主人公。
    その仕事をずっとやっている、父親世代の作業員と一緒に。
    当然気味が悪い。何だか死体の声が聞こえる気がする。
    同じアルバイトをしている女子大生は、実は妊娠していて堕胎しようとしている。
    女子大生が体調が悪くなったり、作業にミスがあったりする。
    主人公の観念的な思いの中で、つい12年前くらいの戦争での死、ひいてはその犠牲の上に生きている自分たち、みたいな思いがあったり。
    女子大生との、「生きていく活力や希望を見いだせない重たい思い」の会話があったり。
    そして、エリートである自分と、ブルーカラーである作業員との違いなどが見える。

    『他人の足』
    とある、田舎のサナトリウム的な医療機関。
    そこは、主人公の「私」を含めて、脊椎カリエスなどで、下半身が動かない若者たちが暮らしている。
    移動、排せつ、全てが看護婦にお世話にならなければ生きていけない。
    人生の将来への前向きな思いを抱きようがない停滞した場所。
    そこに、若い大学生が入ってくる。彼は、事故か何かの怪我で、一時的に下肢がマヒしている。
    その大学生が、「こんなに停滞してちゃいけない」みたいに、健全に、政治的思想的社会的な運動を、皆に、アジる。
    みんな、純真にその気になって、何か新聞に投稿したりして、それが載ったりして、盛り上がる。
    なんだけど、その大学生が、治って、歩けるようになる。
    その途端…患者たちの気持ちが離れていく…

    『飼育』
    戦時中。
    日本のどこかの山中の、田舎の村。というか、集落か。
    子どもたちは完全に全員裸足、というような土地。
    (知識的なことだけで言うと、恐らく1960年代前半くらいまで、余裕で日本中、あちこちにあったはず)
    アメリカの飛行機が山中に墜落。村人たちは黒人兵を捕まえる。
    どうしていいか判らないので、穴みたいなところに監禁。
    珍獣のように「飼育」する。
    主人公はその村の子供。子供たちは、異生物として珍しく、残酷に眺めて歓び、やがて多少交流したりする。
    ところが、方針が決まって連行することになると、黒人兵が隙を突いて、主人公を人質に立てこもる。
    主人公の父親が、自分の息子=主人公、の、片手ごと、鉈で黒人兵を殺戮する。


    『人間の羊』
    戦後直後。
    東京なんだろうな、という街中のバス。
    主人公は大学生らしき若い男性。
    バスの中にたちの悪い米兵が大勢いる。いわゆるパンパン、米兵相手の商売女がいる。酔ってじゃれている。
    たまたま主人公が米兵に絡まれる。いじられる。米兵たちが、悪乗りする。
    主人公も含めて数人の日本人の乗客が、たんなる悪ふざけ、いじめの愉しみのために、尻を出して這いつくばれ、と。
    そして、他の乗客が見て見ぬふりの中、尻を平手で叩かれて、笑われる。
    皆、仕方なく屈辱を甘んじる。
    やがて米兵たちが降りる。気まずいバスの中。
    主人公は、涙涙の屈辱から心を建て直し、帰宅して母と妹の... 続きを読む

  • 冒頭を少し読んで物語に入り込んだ瞬間から、あまりの文学としての迫力に震えながら読んだ。こんなもの、初めて読んだ。本を読んで心を揺さぶられるということは、こういうことなんだろう、と。感動的でメリハリのあるストーリーや衝撃的なオチなんて、全く必要ない。静かに、美しく淡々と語る。それだけで、こんなにも、世界を創り出すことができるなんて。人物像とかノーベル賞とか、政治的立ち位置とかはよく分からないけれど、こんな文学が存在できるなんて。日本文学の戦後派の流れの中にこんなに素晴らしいものが生じたなんて。信じられないけれど、ほんとうに嬉しい。

  • 変化する存在。不自由さへの帰結。物言わぬ生者は動物へ、騒がしい死者は奥底へ。変容、変質。移り変わる「僕」。どこへも行けない「僕」。

  • 恥ずかしながら大江健三郎の『小説』を読了できたのはこれが一冊目だったりする。
    (『あいまいな日本の私』『私という小説家の作り方』が既読ではあるが)

    まずはとにかくも濃密な文体だという印象である。よく大江は、ありとあらゆる面で村上春樹と比較されるが、村上の文体は考えずともすらすらと呑み込んで行ける文体であり、大江のものはよく咀嚼しなければ意味が把握できないという点で決定的に異なっていると思う。然るに意味を把握するのが難しいと言えども、一度その文章に潜んでいる濃密さを味わってみると、これは一冊読んだくらいで何を偉そうにという話だが、なるほど一部には大江の文章に魅了される人々が出るのも判らないでもない。まあ、読み進むのに時間がかかるという難点もあるが……。

    これが非常に初期の作品集であるということにも驚かされる。最近の芥川賞の作品等を読むとしばしば生まれてくる感情、つまり、「この程度の作品なら、ちょっと頑張れば俺でも書けるんじゃないか」
    と言った奢りを含んだ感情が、この大江の作品を読む限りでは全く生じないのだ。要するに少なくとも僕は無意識的にも全く大江の才能には惧れ入ってしまったわけだろう。

    『死者の奢り』はある種優等生のような作品でなかろうか、と思った。つまり小説に必要な伏線、描写、起承転結の話の運び等が非常に整っているのだ。なるほど大江のこの短編集を買って、初めにこの作品を読まさせられたら、嫌が応にも
    「こんなレベルの作品は俺には到底書けないな」と思わされてしまうわけだ。しかし、この短編集全体を読んだ後に振り返ってみると、意外なほどインパクトの強くない作品であることに驚かされてしまった。これは『死者の奢り』が弱い作品であるというわけではなく、他のものが強すぎるということを意味しているのだと思う。

    『飼育』には全く畏れ入った。色々な大江のエッセンスがこれでもかと詰め込まれており、濃密なこの6作の内でも群を抜いて、あたかも黒人兵の体臭のように『濃い』作品である。あまりに密度が高いため、短編でありながら一気に全部読むことはできず、消化に時間を掛けながらじっくり味わって行った、という感じだ。

    『人間の羊』。まさかこの短編集で笑ってしまうとは思わなかった。何かのコントのようだが、それは人間の持つ本能的行動や心理を描き切った文学的なコントなのだ。普通の人間がとあるきっかけに狂気に走ってしまうことがあるという事を再確認させてくれる。教員はきっと学校では熱血教師で通っているに違いない。

    『不意の唖』『戦いの今日』も優れた作品だと思うが、前4作が突出しすぎているために少々物足りなさを感じた。言い換えればその文体の密度が他よりも良くない意味で低いと感じたのである。前4つの作品だけなら非常に満足できる短編集という印象だが、そこにこの二つを加えたのは少々蛇足だったかな、という印象がある。事実前4つが『死者の奢り』の単行本に収録されていた作品であり、この二つはそうではなかったようだ。

  • 塾の先生をやってる友人が話題に出してて気になったので。

  • 大江健三郎の作品は初でした。

    文が長いのでちょっと読みにくかったですが迫力はすごかったです。

  • 大江健三郎がノーベル文学賞をとったとき、私はまだ高校生だった。
    文学史が現代文の試験に出題範囲となっていたことがあって、一番最近の文学者として登場していたのが大江健三郎。

    「ノーベル文学賞やし試験に出るんちゃうか」という周囲の声を何の感慨もなくそのまま受ける、たいして文学に興味もなかった私の大江健三郎に対する印象は極めて薄いものであったと思う。ただ代表作の名前ぐらいは覚えておいたほうがいいかもしれないと思い、その代表作は「飼育」という何とも地味な題名だったことだけが印象に残っていた。

    「飼育」を結局読んだのは大学に入ってから。
    何かで大江健三郎は「サルトルの影響を色濃く受けた作家」というのを読んでいて、そのためかどうかわからないが「死者の奢り・飼育」に入っている短編を読んでの私の感想は「サルトルはこういう作家なのか?」というものであったような気がする。

    今思うと、読後にうまく吸収しきれない不思議さが残っていたのだと思う。どうしてこんなにねちっこい感じの文章なのだろうとか、「セクス」みたいな特殊な語感とか、何かを輸入してこないとこんな風にならないのでは、という感じがしたのだろうと思う。

    実は現在に至るまでまだサルトルは読んだことがなく(「嘔吐」とか持ってるけど積読になっている)、今でもその時の読後感を引きずっているのかもしれない。サルトルを読んだ時、「死者の奢り・飼育」という短編集に対する私のイメージはどのように変わるのだろう?
    こういうのも読書の楽しみなんだろう。

  • 死者の奢り、他人の足、飼育、人間の羊、不意の唖、戦いの今日。人間の生の閉塞感、湿気、ぬめり気が全ての作品にあらわれている。幾重にもなる差別と隔離の構造が戦後の混乱した日本の中にものすごい密度で立ち込めている感じ。圧巻。

  • 面白い! 古い作品だし、舞台にも状況にも人物の心意気みたいなものにもなじみが薄いが、説得される。なるほどーと思って、次々にページを繰っていくという感じ。

  • 大江健三郎の若き日の短編集。若さと怒りと焦りと汗と体臭と日本人とアメリカ人、、、という感じ。文章にはようやく慣れてきたが、まだ心を突き刺すところにまで至っていない。このうつうつ感をすっと受け入れられるようになるのはいつのことか。

  • 文字から臭いが湧き立ってくるような感覚。短編集だが、どれも最後の一行を読み終わった瞬間に何か重いものがずどんと腹にくる。作者が表現したいものが否応なく明白に理解でき、感覚的に伝わってくるにも関わらず、それを言葉にして説明することはできない。無理に言葉にすると、様々なものに対する「嫌悪感」だろうか。外国人兵・カリエス患者・娼婦・教師・死体・妊婦・看護婦などが登場。どこか息苦しい世界が非常に生々しい。こういう感覚そのものを読み手に持たせることのできる力を持つ文学というのは本当にすごいと思う。

  • 正直難しかった。
    ただ人間の羊と不意の啞は比較的読みやすくて面白かった。
    戦後の混乱期って年数にしたらそんなに昔じゃないけど日本て短い間にものすごく変わっていったんだなぁってきがした。

  • 暗く、負の匂いのする陰の作品。

  • 大江健三郎は読まず嫌いだったけど,なかなか面白く読ませていただきました。
    この時期の大江って,米兵と死がモチーフでモロに戦後派な感じです。
    文体は装飾的に見せつつ,冷徹な空気感。
    何か安部公房にも通じるシュール感を感じちゃいました。
    人間の羊とか,全然今でもそのへんに転がってそうな話題。

  • 1篇目「死者の奢り」感想。

     読了後、日々存在について頭を悩ませていました。自分の今の現実と比べて没入し、「死」の側を意識しがちだった日々で考えた事。
     作中に於いて小説の主人公は、多く死者と接していたために、話しづらい他者、病院の敷地で見た患者を「あれは生きている人間だ」と評価していました。それはある種の「諦め」なのではないかと思います。だに、「ほら、生きているんだろう」と決着してしまっていた。作品に描かれているのは、そういう臨場だと感じました。結果的には、あまり意図は読み取れずに表面しか読めなかった感想です。
     文体や描写が独特だと思いました。最初の数ページから死者の、溶液に浸されている様子に気づかされるようでした。
     大学の医学部のアルバイトに文学部の主人公が応募しているというのは、ひとつ、この短篇の趣旨なのかもしれません。ですが、そのために作中で死体とお喋りするようになっていました。政治(基本が中学公民レベル)、戦争、生前の体、主人公の学生はそれを聞いてしまいます。始めは「信じないな、」としながらも。
     主人公の僕、妊娠中の女子学生、水槽の死体の管理人が主要な登場人物でした。登場人物が抱えている問題が小説の語りになっていました。それをどのように読むか、それを考えるのでありましょう。

    「人間の羊」を読むのに頓挫した。またいつか読みたい。

  •  飼育のみの感想。この作者は「子どもの心」を描くのが上手いと思います。それを作品の構造に持ち込むのも上手いと思います。「子どもの心」=「作中の僕」から、大人≒世間の理不尽さ・暴力性を描いていると思います。

     「大人」が「子ども」を囲い込むのが、世間の基本だと思いますが、この作品では黒人兵=闖入者の存在により、「大人」が「子ども」を囲い込むのは変わりませんが、「大人」が自分達の「共同体」・「しきたり」よりも大きい社会的存在に囲い込まれるシーンが度々ありました。村の「共同体」・「しきたり」の癌的存在の黒人兵が、おそらく「大人」が社会的存在に囲い込まれているため、黒人兵をどう処置するか定められない期間(猶予)、特に子ども同士の連帯の中心に黒人兵が存在していました。
     
     これと類似した連帯は、現代でも時々存在すると思います。最も大人が「猶予」を破壊したり、闖入者=黒人兵が騒動を起こしたり、去ると、そこで連帯は崩れると思います。この作品では、連帯が崩れた後、「大人」は、死んだ黒人兵の処置に困り、「子ども」は、黒人兵が残した飛行機の残骸で遊んでいました(新しい遊び)。ここに「大人と子ども」それぞれの残酷さが表現されていると思います。大江さんは、トリックスターを描きたい・そういった人物に憧れているのかな?

  • 人は自分に無いものを前にすると生き方全てを曝け出す。
    それはどんなに目を背けても必ず自分に返ってくる。
    この本の内容を痛いとも辛いとも思う自分は傲慢だったのだ

  • 見えないぬるぬるの壁に隔てられた人々を、暗い側から見ている短編集。周囲が無音になる読後感。特に人間の羊が良い。

  • 江藤淳のレビューがうまいようでうまくない

  • 人間の羊にただただゾッとする一方で、両者の感情や思考が理解できる部分が感慨深い。

  • ・死者の奢り
    私には御遺体に対して物と捉えることは出来ない。
    それは職業柄、先程まで生きていた証である、まだ本人の体温で温かい御遺体と接することがあるからだ。
    その方と話し、お世話させていただいた後であれば当然だろうと思う。
    この物語の御遺体はその方がどう生きていたか分からず、10年以上も前から同じ場所に浸かっている。
    しかし物ではない、その人の生きた証が身体に刻まれている。
    そしてそこを30年も管理してきた人がいるのにもかかわらず、こんな所などと職業の差別のような発言をする者がある。
    奢りである。
    奢りたかぶってはいけない。
    奢りたかぶっていないだろうか。
    この物語の死者たちは省みる機会を私に与えてくれた。

全259件中 1 - 25件を表示

死者の奢り・飼育 (新潮文庫)に関連するまとめ

死者の奢り・飼育 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

死者の奢り・飼育 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死者の奢り・飼育 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

死者の奢り・飼育 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする