遅れてきた青年 (新潮文庫)

  • 133人登録
  • 3.31評価
    • (5)
    • (13)
    • (48)
    • (0)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : 大江健三郎
  • 新潮社 (1968年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (560ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101126050

遅れてきた青年 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 躊躇いを振り切っての再読。初期大江に付き物の挫折感が汚辱まみれに涌出、非常に痛みを伴う小説。自慰にふけり排泄された塵芥から立ち上る臭気に耐え、グロテスクなエゴイズムと向き合うには相当の覚悟がいる。少しでも共感したらアウト、共に苦しみを味わうしかない。大江はこの小説で戦いを挑み、そして糾弾されたであろう。付け入る隙だらけだ。生身のまま無防備にさらけ出す危うさ、そういう大江を私は愛する。終戦の当時の著者の心情が投影されており大江を知るには外せない一冊だが、自選の全集からも外されているし、文庫も絶版なのが残念。

  • 再読。作中にも一瞬顔を出すジュリアン・ソレルを下敷きに、そしてまた『芽むしり仔撃ち』の面影をも揺曳させつつ、逆説的に語られる「わたし」の自叙伝。「すでにわたしはいかなる人間の情熱をかきたてるヒーローでもなく、いかなる世代の証人でもない。わたしは、あなたとおなじだ。」―こうして閉じられるエンディングはまことに寂寥感に満ちている。大江自身にとって、それは同時に60年安保の敗北と終焉でもあったのだから。この作品は、ここでもレビューがそれほど多くはない。もはや、熱い共感を呼ぶことはないのだろうか。

  • 人間が自分の運命的な出自に対して、どこまで抗えるかの挑戦を描いた作品。

    戦後期という混乱の時代だからこそ成しえた生き様は、只々鮮烈。

  • 青年の純粋さが突き抜け過ぎていて狂気でした。
    みんな狂気。

    こういう本を定期的に読まないと、気が済みません。

    13.03.16

  • (1971.02.04読了)(1971.01.07購入)
    内容紹介
    地方の山村に生れ育ち、陛下の勇敢な兵士として死ぬはずの戦争に、遅れてしまった青年。戦後世代共通の体験を描いた半自伝的小説。

  • 04012

    02/12

    戦争の終結と少年の性の目覚めが同時に起きる序章から、エロスとロゴスの対立というテーマが暗示され、後に政治的人間として生きるか、性的人間として生きるかの葛藤につながっていく。

  • カルトっすわー

  • エリートはNOを言わない

  • 文学小説の面白さって共感と、更なる発見だとおもうんだけど、この本にはそれが詰まってた。
    普通の大人はもう忘れてしまっているような、幼少期に感じた懐かしい記憶を忘れずに持ちつづけているという事も、作家にとって大切な要素だと思うけれど、そんな懐かしい記憶を呼び起こし、共感、更なる発見もさせてもらえて充実、満足。
    内容的に時代はまるで過去のものになってしまってはいるけれど、無理なく現代に、自分自身に置き換えて読む事が出来た。

  • これ面白かった。というか、興味深い、というか。

    タイトルがほんまにぴったり内容そのものでした。
    というか、主人公が本当に「遅れてきた青年」だった。
    戦後にそういう風な感覚を得た少年、
    青年はどれだけ多かったんだろう、と思う。

    戦争がその時代においてどれだけ絶対的だったのか、とか。
    そういうことが1人の感情を通して伝わってくるので、
    やたらリアルで怖かったです。うん。怖い。

    戦争を経験していない私には狂気とすら映る。
    だけど、この時代に、
    こんな感覚の人ってたくさんいたんじゃないだろうか。
    戦争というものが絶対的であった時代のお話。

    主人公にとって康はいつまでもヒーロー
    たぶんにせジュリー・ルイスだって悲劇のヒーロー
    という意味では主人公にとってヒーローだったんやろな。

  • 戦争で勇敢に死ぬことを望んでいた少年の<希望>は終戦によって絶たれた。

  • 兵隊として死ぬことを夢見ていた少年に、終戦によって刻み込まれた「自分は遅れてきた」という絶望感。日本における“ロスト・ジェネレーション”の青春、戦前派or戦中派でも、戦後派でもない狭間の世代の喪失感…。あくまで主人公の視野に映るもののみを語る主観的な文章なのに、同時にどこまでも客観的な語り口が貫かれていて、そのひりひりとした緊迫感に引き込まれます。(2006//8/31読了)

  • 遅れてきた青年は、早すぎる未来に復讐を試みるが、やはり早く去りすぎた戦争という過去にはただ憧れるのみで、恨む事は永遠に無いのである。それはひとえに、青年にとっての戦争(過去)が現実に起こった事ではなく、お伽話の空想事と同じ意味合いの存在に過ぎないのであり、それ故にやはり青年は遅れてきた青年なのだ。仮にこの青年が第二次世界大戦の真っ只中に生きた青年であったとしたら、やはり青年は早く来すぎた世界大戦の時代に復讐を誓い、早く去りすぎた過去の戦争いくつかに憧れを覚えたのではないか。青年にとってすべては早すぎる訪れ、或いは早すぎる終焉を持つ出来事なのであり、己を取り巻くすべてのものに対して、己は遅れ続けるのではないか。
    そしてその青年とは、この物語の主人公であり、堕胎手術の傷跡から流れる血でベッドのスプリングを錆びさせた代議士の娘であり、男相手に売春を繰り返す代議士の娘の愛人であり、私であり、あなたなのである。

  • 父購入。私の初・大江健三郎だった気がする。高校生の時かな?

  • 毎回、非常に読みにくい文で疲れます

全15件中 1 - 15件を表示

遅れてきた青年 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

遅れてきた青年 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

遅れてきた青年 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

遅れてきた青年 (新潮文庫)はこんな本です

遅れてきた青年 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする