日常生活の冒険 (新潮文庫)

  • 137人登録
  • 3.66評価
    • (15)
    • (17)
    • (27)
    • (5)
    • (0)
  • 19レビュー
著者 : 大江健三郎
  • 新潮社 (1971年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (473ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101126067

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
三島 由紀夫
安部 公房
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

日常生活の冒険 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 再読なのにまるで初読のように高鳴り貪り読んだ。こんな破滅的に哀しく滑稽で感動的な青春小説ほかに誰が書けよう。突き抜けている。誰もが胸の内に抱えている〈出発〉への欲求。斎木犀吉の傍若無人な短い人生に、その破滅の結末に、憧れと諦念を物語る青年小説家も犀吉同様不恰好で哀れだ。それでも〈出発〉に向けてのトランクをいつも傍らに準備している、その諦めの悪さと自信過剰に共感する。愛おしい。マヤコフスキーの《ズボンをはいた雲》の引用が効いてくる。こうした引用一つで色合いを際立ててしまうのは大江ならでは。素晴らしかった。

  • 「主人公」が自殺をした趣旨を手紙で知り、主人公との出会いから現在までの思いでを物語として「私」こと語り手が綴る、といった物語。
    正直、主人公である斎木犀吉は、モラリストだの哲学者だのと書いておいて、身勝手で奔放な男だと思っていたのですが、最後の章でのやり取りや、海外へと出ていくさいの葛藤など、書き手目線で捉えると「嫌なやつ」としか思えませんでしたが、主人公である斎木目線で見てみると、それとはまた別の思いが浮かぶなど、大江が得意とする本人の体験に基づいた書き方もあり、著者の傾向がわかるような作品です。

  • マヤコーフスキーの詩になぞらえ自分が《ズボンをはいた雲》であると信じ時をまつ青年、斎木犀吉。ヒポコンデリアにかかった作家のぼく。
    日常生活の冒険旅行を夢見る人たちのお話。
    面白かった。
    羨ましいような、そわそわした気持ちになった。
    ぼくが犀吉に傾倒し、でも次第に変化していく関係。
    犀吉の魅力は幼さでもあるのかもしれないけど、憧れてしまうのも解る。
    反・冒険者であっても、ひそかに旅行鞄を買い求めそれを隠してきた――実は多くの人がそうなのではないかな。自分も。
    だからグッときました。

  • 大江版オンザロード。奔放で破滅的で魅力的な友人。モラリストに憧れます。

    自分を知るためにはモラリストである必要があるのかと思ったり、文学的であることとはモラリストであることなのかと思ったりしました。

  • 「おれはいまセックスとは何か? ということを考えているんだよ。おれはひとつのテーマについて永いあいだ瞑想するのがすきなんだ。それで三時間おれはセックスの問題について瞑想していたんだよ。考えてみろよ、昔はモラリストとかフィロソファーとかがいて、基本的な命題をじっと徹底的に自分の頭で追求したんだ。そして自分の声で表現したんだね。だから、その時代には、あの男は自然についてこう考えているとか、この男は悪魔の存在についてああいう仮説をたてているとか、町の人間がみな知っていたんだ。しかし今日では、そういうことはない。もう現代の人間どもは、いろんな基本的な命題については、二十世紀の歴史のあいだにすべて考えつくされたと思っていて、自分で考えてみようとはしないんだ。そのかわりに百科事典をひとそろい書斎に飾っておいて安心している。おれはそれが厭なんだ。本質的なことはみないちどおれの頭で考えて、おれ専属の答を用意しておこうと思うんだ。きみにしても、いま向こうからよぼよぼの婆さんがやってきて、わたしは癌なんだけど、死についてあんたの個人的な意見をきかせてもらえませんか? といったとすると困るだろう。おれは、そういうとき困らないように準備しているんだね。もうずいぶんいろんな命題について考えたし、それはノオトに記録してある。おれは、それをおれの生涯の仕事にするつもりなんだよ。そして死ぬまえに、おれの哲学的瞑想ノオトという、人事興信録みたいにでっかい本を出版するんだ」

    「おれは十五歳の誕生日からずっと、いろんな命題について瞑想しては、自分自身の答をつみかさねてきた。おれはいまや、ありとあらゆるモラルについて、ありとあらゆる現象について自分独自の答をおれ自身の声でかたることができると思うよ。おれは自分の頭で瞑想し続けたし、自分の眼で観察しつづけてきた。おれはもうプロのモラリストだし、いわば公認のフィロソファーなんだ。ところがそのおれに今までのところ、公衆を前にして自分の瞑想の結果をかたる壇はあたえられなかったし、歩きながら崇拝者どもに説ききかせる柱廊も用意されなかった。おれは本を書くことも考えたが、それはあまりにも厖大な書物になりそうだし、どこから手をつけていいのかわからない。第一おれの思想は死んだ活字に語らせるより、生きた肉体で表現すべきものなんだ。そこでおれは結局、自分がこの現実世界をどのように生きるかということで自分の哲学的な瞑想の成果を証明していゆくほかないんだが、この二十世紀に生きている限りそれはあまりに限られたちっちゃな範囲でのことしかできない。ところが、いま、おれは劇場と劇団をもとうとしている。おれは自分のモラルのすべてをおれおよびおれの劇団員の生身の躰をつうじて表現できるだろう。あくまで具体的に、人間らしい表情と声で! おれの演出方法はこうだよ。舞台の俳優が勇気のある人間の役をやるとしよう。俳優はおれが作った勇気という命題についてのカードをすっかり暗記するまで読むわけだ。そして、かれはおれの勇気というモラルのお化けとなって部g帯の上に立つわけさ!それは勇気という命題にとどまらない。この世界のありとあらゆる命題について十分な時間をかけて、このおれが瞑想をかさねた、確実な答とともに、おれの俳優たちは舞台で叫んだり動いたりするわけなんだ。いままでおれたちが見てきた、たいていの舞台はどうだったろう? どの俳優もみな確実なモラルを獲得してはいない。この現実世界に生きているナマの人間同様、なにひとつ自分独自のはっきりしたモラルをもたずに、あいまいに、行きあたりばったりに、任意に、偶発的に芝居している。いったいそれが、人間の意識のなかのもっとも意識的な演劇世界のヒーローたちのやることかい? おれたちは昨夜、サルトルの翻訳芝居を見たが、まったく見るにたえない、あいまいさの... 続きを読む

  • ちょっと難しかった。

  • 大江健三郎の作品の中で一番好き。

  • われわれが日常生活で想像力を働かせるというのは、過去の観察のこまかなな要素を再構築してひとつの現実をくみたてることにほかならない。p417

    「この長編の題名には、その冒険の可能性なき世界を冒険的いきなければならないというひとつのモラルが、すでに含まれている」(渡辺広士の解説より)

  • 日常生活の冒険しすぎでしょ、おじさんw

  • (1971.09.27読了)(1971.08.23購入)
    (「BOOK」データベースより)
    たぐい稀なモラリストにして性の修験者斎木犀吉―彼は十八歳でナセル義勇軍に志願したのを手始めに、このおよそ冒険の可能性なき現代をあくまで冒険的に生き、最後は火星の共和国かと思われるほど遠い見知らぬ場所で、不意の自殺を遂げた。二十世紀後半を生きる青年にとって冒険的であるとは、どういうことなのであろうか?友人の若い小説家が物語る、パセティックな青春小説。

  • こんなに衝撃を受けた作品は無いってくらいすごい

  • 「洪水は我が魂に及び」と同じく、最後でぐわっと持ってかれました。
    冒険なんて言ってイキがってフラフラして、本当にどうしようもない、他人を「自己欺瞞のかたまりだ」なんて非難しておいて実は自分もそう。
    そんな犀吉からどうしても離れられない主人公。
    どんどん自滅していく犀吉。
    転がり落ちるように日常生活が崩れていく様が素晴らしいです。

    犀吉と一緒にヨーロッパに行った少年の、旅立ちのときとの母親とのやり取りが、もう一日暗い気分になる程いやぁなシーンでした。

    10.02.18

  • 冒険的に生きる 何を選び 何を捨てるか

    危険の感覚は失せてはならない。
    道はたしかに短い、また険しい。
    ここから見るとだらだら坂みたいだが。
    それじゃ、さよなら、ともかく全力疾走、そしてジャンプだ、錘のような恐怖心からのがれて!(本文引用)

    選書:川島

  • 1人の主人公の劇を見ているみたい。
    あぁ、駄目だ駄目だって思いながらも物語は進む。

    斎木犀吉が悲しすぎる。
    彼みたいな生き方はとてもしんどいように思えます。
    いちばん倖せだったのは
    卑弥子と暮らしていたときやったんやろうか。
    ずっと倖せじゃなかったんかな。
    それともずっと倖せだった?

    「ぼく」みたいな人物が斎木犀吉みたいな人物に惹かれる。
    というのはすごく当たり前、
    というか、ありそうなことだと思った。
    でも斎木犀吉だって「ぼく」に惹かれているんやなぁ。

    隣の芝生は青い。ということなのか。

    みんながだんだんと(精神的に)大人になって、
    犀吉から精神的に離れていくというところがつらかった。
    精神的に離れてしまうと、それが物理的な距離、
    つきあいの距離にも表れるんやなー

    犀吉みたいな男の人に惚れると、
    女の人はとてもとてもつらいと思いました。

  • 大江健三郎デビュー。
    なんでこの人がノーベル賞とったのか?ずっとわからず気になってた。俺がモノを知らなさ過ぎるだけかもしれないけど、広く世に知られるような名作ってそんなにあったっけ?とゆー。直木賞てすごいんだろけど直木て誰?みたいな。
    しかしよかった・・・。とてもよかった。。。
    オススメです。

  • ちょっと後でちゃんと書きます

  • 斎木のモデルは故伊丹十三であったとか。高校の時に伊丹十三と知り合う。1960年、伊丹万作の長女ゆかり(伊丹十三の妹)と結婚。1994年ノーベル文学賞受賞。

全19件中 1 - 19件を表示

日常生活の冒険 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日常生活の冒険 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

日常生活の冒険 (新潮文庫)はこんな本です

日常生活の冒険 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする