見るまえに跳べ (新潮文庫)

  • 438人登録
  • 3.51評価
    • (27)
    • (40)
    • (94)
    • (4)
    • (2)
  • 48レビュー
著者 : 大江健三郎
  • 新潮社 (1974年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101126081

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
三島 由紀夫
三島 由紀夫
坂口 安吾
フランツ・カフカ
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

見るまえに跳べ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「見るまえに跳べ」が、設定もあやふやでなくて筋の流れも説得力があるから一番好きかなと思った。あと以外に面白かったのが「動物倉庫」、間違いの喜劇の見本のような作品。

  • <収録作品>
    奇妙な仕事(昭和32年5月「東京大学新聞」)
    動物倉庫(昭和32年12月「文学界」)
    運搬(昭和33年2月「別冊文芸春秋」)
    鳩(昭和33年3月「文学界」)
    見るまえに跳べ(昭和33年6月「文学界」)
    鳥(昭和33年8月「別冊文芸春秋」)
    ここより他の場所(昭和34年7月「中央公論」)
    上機嫌(昭和34年11月「新潮」)
    後退青年研究所(昭和35年3月「群像」)
    下降生活者(昭和35年11月「群像」)

  • 初期短編集です。堪能堪能。
    あれもこれも惜しげもなくつぎ込まれてて、
    才気溢れるとはまさにこのこと。
    イマドキのケチ臭い若手とは一味違うよん。

    奇妙な仕事/動物倉庫/運搬/鳩/見るまえに跳べ/
    鳥/ここより他の場所/上機嫌/後退青年研究所/下降生活者の10編。
    「鳩」と「下降生活者」が面白かった。

    ■鳩
    ヘッセだよーん、っつっても通りそうな。
    収監少年たちの悪趣味な「遊び」は大江の趣味かな。
    この「遊び」がなんのメタファかってとこでも突っ込めそうだけど、そこはこの話ではツマで。なんて勿体無いというか贅沢というか〜
    で、本題は罪と罰・・・ドストでもベッカリーアでもなくて、語義通りに。
    幼い主人公の採ったハムラビ法典的解決は目新しいものではないけど、舞台設定が少年院内だけに、実行手段がなかなかナンでした。
    これが本当に罰になるのかどうかはおいといて。

    ■下降生活者
    大庭葉蔵とも「地下室の手記」の主人公ともまた違った方を向いた困ったちゃん。卑屈で矮小で薄っぺらな自分・・・に言い訳している主人公。
    上手に取り繕えば取り繕う程、惨めに見えるし、
    更に頑張りきれなくて、コソコソとガス抜きしてるのがヘタレ〜
    で、ソコ愉しんでいるのが、我ながら悪趣味。
    既にこのキャラクタ造形だけで 花丸モノですが、さらにこの長さでこれだけのお話を仕立て上げるところが大江の大江たるところ〜

    裏の相手と表舞台で会ってしまった時、言われた台詞が・・・。
    主人公がどうリアクションしたのか書かれていないところがまた、抑制の効いた筋回しで、こりゃ作者に萌えだわ。
    で、相手の取った行動に振り回された、なし崩し的な結末。どこまでも情けない奴。

  • 上機嫌、が好きだった。色々と理性的に生きようとして、こじらせた結果、上機嫌の主人公のような憤りが生まれるんだろう。

  • Look if you like, but you will have to leap... この時期の作者の大きなテーマだったんでしょう。でも跳べない、跳べば落ちるだけ・・ その先の展望が見えないというか、裸ん坊にされてその先がない、みたいな印象はあります。そういえばこの作品集にはあまり「森」のイメージがないですね。

  • 話の筋がある。読んでいてとても緊張感があった。そのうえ、なにかしらのテーマがある。そしてなにより粘っこい文体。おそろしい。

  • 短編集。

    なによりもタイトルがカッコいいが、look before you leapの反対みたいな感じでしょうか。オーデンの詩からきていると、筆者自身は語っていた。
    余談だけれど、「見る前に撮れ」と言ったのは誰だったか?

    「奇妙な仕事」という再初期の作品が収録されていたり、「動物倉庫番」というファニーな戯曲があったり、構成が面白い。

    表題作もそうだが、あいかわらず鬱屈とした青年が鬱屈とした状況にぶちこまれていて、面白い。

  • "跳ぶ"ことによって、その成否にかかわらず変化が訪れる。そしてそれは、過去の自分から変化していくために必要なこと。跳ぶ機会を逃すな。

  • 比較的初期の短編集。「芽むしり~」に近いテイストの「鳩」が個人的にとても好きでした。

  • 若き大江健三郎の一貫したテーマが描かれている。

  • 吐き気も喉元過ぎればなんとやら。

    途中、吐きそうになるが、読み終わったら丁度良い塩梅。

  • 初期短編集。

    「奇妙な仕事」「動物倉庫」「見るまえに跳べ」など特に面白く読んだ。

    反面、読みづらく感じたものもいくつかあった。
    『死者の奢り』に比べて色々試している実験的な作品がピックアップされた短編集という印象がある。若かりし大江健三郎が思想を物語に定着させようとして試行錯誤しているように読み取れた。その工夫が成功していると感じるものもあれば、よくわからないものもあった。

  • 見る前に飛んだ人も何人もいたかもしれない。
    自分では、見てからしか飛ぶことはできないかもしれないと思った。

    大江健三郎の小説は沢山読んだ気がするが、タイトルを覚えているのは、これを含めて数冊かもしれません。ごめんなさい。

  • (1975.07.23読了)(1975.07.17購入)
    内容紹介
    処女作「奇妙な仕事」から3年後の「下降生活者」まで、時代の旗手としての名声と悪評の中で、充実した歩みを始めた時期の秀作10編。

  • 世界の大江だ〜と思って読んだら何かBL?(違)大江さんの書く青少年はギラギラしていて好きです。「下降生活者」が何だか度肝抜かれました。そんな呼びかけられても!

  • 「上機嫌」だけは読むのが苦痛だったけど、他の短編はどれも素晴らしかった。特に「動物倉庫」なんかまで行くともはやコミカルと言っても良いくらいで、その上大江健三郎の典型というような内容を同時に保っている。作品の内容について今更語るのも馬鹿馬鹿しいのでやめておくが、大江健三郎の入門書としてオススメしたい。

  •  カラマゾフ下巻をよみすすめながらの見る前に跳べとはなにか。全体にながれる、カラマゾフほどに直接的ではないゆがんだ印象、混乱だとか迷走であるとか、どのお話もハッピーなものとはいえない。暗くどんよりした陰湿なムードが好きな人は好みなのかも。中上健次以前の日本近代文学のひとつの傾向なのだろうか。

  • ≪つきあっていただけませんか?つきあっていただけませんか?人間仲間の愛です。≫

  • 情景の描写が濃密。

  • 大江好きの友達が「奇妙な仕事」を薦めてくれたから読んでみた。
    「奇妙な仕事」ももちろん面白かったけど、僕的には「下降生活者」が一番面白かった。今回『見るまえに跳べ』を読んで、なんとなく自分の好きな作品の傾向が見えてきた気がする。
    そして、大江の作品はやっぱり読む分には抜群に面白いけど、論じるとなると途端に魅力が失われそうだと改めて思った。

  • 今の時代がいかにありがたいかわかる

  • 大学時代、かなり影響を受けました。

    乱暴な言い方をすると、
    太宰や安部公房、カフカなんかと違って、
    どこか文章に救いがある。
    そこが好きです。

  • なんか怖くなって途中で読むのをやめてしまった。いうなればそんな書物?

  • もう夢中です。大江健三郎に夢中。
    私の中で村上春樹と太宰治を超える作家は出てこないと思ってましたが、もうなんか一番かも知れん。三人とも一番だわ。

    ただ「上機嫌」がちゃんと消化できなかった。気合を入れ直してもう一回読もう。

    大江健三郎を読むと、サドが読みたくなってくるー!

    09.05.25

全48件中 1 - 25件を表示

見るまえに跳べ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

見るまえに跳べ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

見るまえに跳べ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

見るまえに跳べ (新潮文庫)はこんな本です

見るまえに跳べ (新潮文庫)のKindle版

ツイートする