同時代ゲーム (新潮文庫)

  • 291人登録
  • 3.48評価
    • (16)
    • (18)
    • (39)
    • (2)
    • (5)
  • 26レビュー
著者 : 大江健三郎
  • 新潮社 (1984年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (592ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101126142

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部 公房
三島 由紀夫
村上 春樹
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

同時代ゲーム (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 伊坂幸太郎の『夜の国のクーパー』著者あとがきで、この作品からの影響について書かれていたので興味が湧いて久しぶりに大江健三郎の長編を。なるほど、伝説や巨人、孤立した小さな村が大国を向こうにまわして戦争を始めたりするあたりは共通しているかも。しかし伊坂作品ではさすがにエンターテイメントとしてそれらの素材が昇華されていたけれど、大江健三郎はもっと難解。発表当時賛否が分かれたというのも頷けます。

    物語の外郭はある意味ファンタスティック。江戸時代に藩に追われて移住した人々が新しく築いた「村=国家=小宇宙」。森の中の隠れ里として独立したその共同体内で、百歳を超えてなお生き、さらに巨人化した創建者たちと、そのリーダーである「壊す人」の伝説をベースに、さまざまな伝説の人物、幕末維新期の一揆の指導者や、第二次大戦前に「大日本帝国」を敵にまわして戦われた「五十日戦争」などの壮大な歴史が、父=神主に伝承者として教育された主人公を通して、双子の妹への手紙という形で語られる。

    大江作品をすべて読んではいないけれど、随所に他作品との共通のモチーフが見られました。共同体ごとの失踪は短編「ブラジル風ポルトガル語」でも描かれていたし、一揆の指導者をめぐるあれこれは「万延元年のフットボール」、演出家と劇団員は後期の作品のあちこちに登場するし、森のフシギもまたしかり。そういった共通点は他の作品にも見られるけど、これはとくに集大成感が強かった。

    巨人化し、不死となる「壊す人」はマルケスの「族長の秋」の大統領を彷彿とされられました。読んでいて単純に一番面白かったのは「五十日戦争」の章。大日本帝国軍を向こうに回して対等に戦う村の人たちの戦術にハラハラドキドキもしたし、幽霊になって戻ってくる犬曳き屋や、自ら作った迷路から出られなくなってしまう子供たちの話など印象的なエピソードが多くて好きだった。

  • 狭く深く掘り下げるほどに、世界が広く濃く大きくなっていく。語り手、村=国家=小宇宙の世代を超えた歴史、語り手の家族たちの数奇な人生。さまざまな時間が「同時代」のことのように語られ、その中でも否応なく「時間」のにおいを感じざるを得ない。そして、最後の最後で本当に同時代のこととして解体された。閉じ方の完璧さ。
    解説もよかった。解説に書かれなきゃたぶん一生気づかなかったと思うけど、確かにこの小説はどこの章から読んでも問題ない。

  •  おおえー。
     冒頭からメキシコ、なんでやねん、というのは、これはすっごく大雑把に、南米への、つまり南米文学へのオマージュと、僕は取ったのだけれど、おそらく全体的にも、深層を探らせるように曲がりくねった文体を用いながらも、面白さを表層にとどめ続ける、何か、そのような得意な手法を著者は採用しているような、そんな印象をまずは持った。
     小説世界の神話化。ブームの火付け役となったマルケスの『百年の孤独』がどういう小説なのかということを、端的に言い表すなら、池澤夏樹の「フラクタル構造」というのが一番わかりやすく、しかも的確だと僕は思うんですが、神話というのは、「神話」という容れ物の中に、無数のエピソードがたくさん詰まっている。それは、全体の連関のうちにおいて存在感を発すると同時に、ただ一つのエピソードを抜き出しても、それぞれに別個の面白さが存在するものとして書かれている。「フラクタル構造」なわけです。フラクタル図形っていうのはどこを拡大してもそこに同じ図形が見出せる、あれですね。つまり「神話」というのはそのようなものとして書かれるものであって、完結した物語とエピソードの関わり方が単線的じゃない。ネットワーク的に、ウェブ的に、物語とエピソードが関わっていく。マルケスはそれを小説に導入し、迷宮のような語り口を獲得した、そういう意味で斬新な作家であったわけだけれど、それに触発される形で小説世界の神話化というものが、世界的に試みられるようになった。今超適当に考え付いた話ですが、そう遠くはないんじゃないかと勝手に思ってます。まあいいや。
     物語構成素の、並列的連関。フラクタル化。
     長ったらしくこんなことを持ち出してきたのは当然この『同時代ゲーム』もそうした手法で書かれていると僕は想像したからなんですが、それというのもこの小説の一番の醍醐味はどこかというと、わざとらしい大仰な口調での語りが、ありえない想像力の爆発を生んでいるところにある、と思ったからです。
     壊す人を中心に、描き出される村=国家=小宇宙の歴史。それは常人には覗き得ない異形の世界であり、SF的なまでに荒唐無稽なキャラクタが次々に現れては、地殻変動でも起こすかのように物語がごりごりと動いていく様は、正直言ってばかばかしい。ばかばかしいまでに、呆れるまでに、やりきってる。ここまでやるか、という感じがある。そしてその「ここまでやるか」感がこの作品の肝である、というように僕は思う。深層を探らせるように曲がりくねった文体を用いながらも、面白さを表層にとどめ続ける、というのはそういうこと。「いったい何が起きるんだ」とわくわくさせつつ、起きることのあまりのばかばかしさにずるっとずっこける感覚。決して悪い意味で言ってるわけじゃないので勘違いしないでほしいですが。その爆発的な笑いがこの作品の独創的なところであって、また一番面白いところだと思うのです。
     日本という国家と地方との関係において、パロディ的にグロテスクに統一幻想を暴き立てる、みたいな、僕も自分で何言ってるかよくわかってないですが、そういう話も、あるでしょうし、それも主題的な位置を占めているとは思いますが。しかしこの面白さはそこにとどまるものではないでしょう。

     再びメキシコ、第一章。
     読みにくい、といわれるけれど、ここにこれから展開される内容は、すべて開陳されているから、結局これ以外なかったはずだし、そうやって読めば、とても面白い章だと思う。ドタバタコメディ的な描写も多いけれど、それが後の爆発的想像力に直結される語りだったと思わされた時は、結構びりびりきましたよ。
     妹よ。

  • 伊坂先生の『夜の国のクーパー』のあとがきで触れられていたので読んでみました。

    どうしても主人公や登場する人物全てに共感ができず、理解もできません。
    どちらかと言うと気味の悪さを感じてしまい、生理的に受付けませんでした。
    伝承の物語以前に人間関係の異常性がひっかかってしまい
    世界観にとても入っていけなかったです。
    私には合わない本でした。

  • 大学入ってから読んだ本のなかでNo. 1。

  • 2017年2月15日(水)読了

  • 読んだことある作家で言うと阿部公房、あるいは町田康のような。若い頃に出会っていたら最後まで読まなかったかも知れない。50日戦争のくだりは面白かったけど。

    内容は父=神主の息子である主人公が、自分の育った村=国家=小宇宙の創建期から現在までの神話および伝承を、双子の妹への手紙という形式で語る物語。

  • 岩波文庫の『M/Tと森のフシギの物語』を読もうと思ったら、こちらが元になっているということで、先に読んだ。
    手法としては南米文学へのオマージュという一面もあるのかな、と思うが、マジックリアリズムというよりはSF的なものを感じた。解説によると『純文学のSF化が状況論として語られたこともある』そうだ。しかし、ジャンル小説としてのSFとは、言うまでもないが明らかに違う。

  • 壮大な御伽噺、生々しい神話、それらに捉えられた剥き出しの魂。本当に壊す人と創建者たちが切り拓いた〈村=国家=小宇宙〉が存在したかのように「僕」の魂の物語が迫ってくる。
    人々が生き、生き続け、生き残り、繋いでいくそれぞれの土地には、それぞれに紡がれて行く物語があるはず。
    読んでいる時には〈村=国家=小宇宙〉が特別な世界に思えたのに、読み終えると、僕の生きた土地にもこんな神話があるんじゃないかと自然に思えてくるから不思議だ。

  • 再読。二度と読むまいと思っていた禁断の書を解禁。出だしからの悪文に次ぐ悪文に早くも投げ出したくなる。一文を何度も繰り返し読んでは喰らいつき噛み砕く、この行程なしに読み進めることは不可能。これは作者の確信犯的な戦略。タイトルを上っ面で解釈するのは可能だがそんなことしたくない。死と再生なんて言葉を借りて容易く繰り言したくもない。ただこの小説を足掻き貪り読んだ時間こそが掛け替えのない稀有な体験だ。作者と魂を共有できたというとんでもない満足感。生きてるうちにもう一度読み返してやる。これを読まずに死ねるかのスペシャル級大傑作。

  •  ある集落を追放された人々が、四国の山奥に小国家を創造した。外来者どうしの両親から生まれた「僕」が、双生児の妹へと向けて書簡の形式でしたためた、《村=国家=小宇宙》の神話と歴史のすべて。
     どの語がどの語にかかっているのかわかりづらい、英文を逐語訳したような独特の文章で綴られる、現代におけるあまたのエピソード。そのそれぞれが僕の記憶と結びついて《村=国家=小宇宙》の神話や歴史を語らせる……

     つまりは日本の中にあるもう一つの小国家の創建以降の伝承を語った物語。その意味で小説内において一つの国家を造りあげるような試みを作者は行なっている。それだけでも、まずはこの厖大な想像力に敬服する。
     また、場所・時間が複雑に交差し合うエピソード群を読み終えたのち見えてくる、歴史のパースペクティブが無意味なものとなるような《村=国家=小宇宙》の超越的な有り様は、新鮮な読書体験を提供してくれるだろう。

  • 昭和54年発行の初版本らしきハードカバーを図書館で借りました。しおりが使われた形跡がなく、加賀乙彦との対談の冊子も挟んでありました。30年以上、読まれてなかったのかな。バーコードが付いていない本は、久しぶりでした。

  • これを生の日本語で読めることはとてつもない贅沢だ。「押し込め」→「お醜女」と解読して行く言葉の閃きのセンスなんかは必ずしも日本語にのみに適用される訳ではないけれど、大江健三郎の言葉の選択を直に見ることが出来る愉悦。よく言われる冒頭の読みにくさにもそれこそアハハと大笑いさせられた。彼の言葉の逸脱ぶりはいつも心地いい。テングの陰間と呼ばれるに至る事件の間での「小宇宙」を見る神秘的体験に、大江健三郎の学部時代から『個人的体験』あたりのサルトルしばりな実存主義からの飛躍が始まる。後の作品の為にも必読な「聖書」。

  • 世界が「何コ」かあるのか?それとも世界の記述方法が「何コ」かあるのか?そのどちらかであると思わざるを得ないなあ。あるいはその両方。

    挑戦的だなあという気もする。実験なのかもしれない。
    いわゆる「文学」を冠する著者・著書はどれも…その客体は読者だったり、社会だったり、テキストそのものだったり、そして著者自身だったりします。

  • 物語として内容を読み取ろうとすると、難解で冗長とも感じられるこの作品、最後まで読んでみると、その文脈を楽しんでいけばいいのだなと気づきます。
    その世界観は、のちの宮崎駿や村上春樹にも影響を与えたのではというところがあります。

  • 純文学を大きな声で好きだといえる人でないかぎり読みきれないでしょう。それくらい難解で、ストーリーの流れなどから簡単に面白いと感じるところはない作品です。ですがノーベル文学賞作品ですから純文学好きには避けられないところなんですね。実際に読んでみるとあまりの文の巧みさに驚き、慣れないうちは1ページに10分ほどかかることもあるでしょう。読んでて暗記してしまうフレーズを例として「大岩塊、あるいは黒くて硬い土の塊」、なんてのが頻繁にでてきます。何がおかしい、とか思われるかもしれませんが、あまりに何回も出てきます。この岩の話は最初から最後まで出てくるのですが、そのたびに毎回「大岩塊、あるいは黒くて硬い土の塊」って出るんですから、こっちはお腹いっぱいになってしまいますよ。まぁ、逆にこういうフレーズが暗に純文学っぽく感じられて自己満足でなんとか読みすすめられるのですがね・・・。そんなわけですので、作者の天才的な文体を楽しむくらいがちょうど良いのではないですかね(汗

  • 大江健三郎の持つ創造性と民族の土地への執着、そして寓意的神話の結晶。20世紀日本文学の収穫とだけあって読み応え抜群です。
    メタ文学としては国内最高峰。
    と、ここまでベタ褒めですが、星4つの理由としては万人向けでなさ過ぎるという点。
    村上春樹、伊坂幸太郎などを好む人にとっては『難解』という幻想に苛立ちを覚える可能性が非常に高いです。
    こんな言い方したくはないですが、上級者向けです。

  • 浦野所有。

    途中、2カ月の長期中断を含め、何度も中断と再開をくり返し、5か月かかってようやく読了しました。

    「やっと読み終わったぞ」という達成感はあるのですが、果たして何を主張したかったのか、よくわからん…。

  • 途中で挫折。
    閉鎖的な村=国家=小宇宙の話。
    難解。二重否定など、文章がくどい。

  • わっけわっからん♪
    これは読むのしんどかったなぁ・・・。
    なんかあるんじゃないかと期待して読みきったけど。

    恐らく著者の故郷の歴史や言い伝えなんかが題材になってそうだけど、俺は全然しらないことだし・・・。

  • これは良作の予感

  • 難物です。本人が全部書いてまた第一章を書き直したというくらいなので、最初から生真面目に読むとそこでもう挫折しそうです(笑)。けれどこれは、全部読み終えたときのその独創性、重量感たるや類をみないものです。初期大江作品が必ずといっていいほど書評にあがるのに対して、この頃以後はあまり語られませんが、万延元年と折り返して向井側にあるような作品ではないかと。大江作品の中では傑作の1つだと信じております。この不可思議で民俗的な世界は、作品の通り、まるで遡行していく旅でもあります。脳髄に。全部読むと第一章に戻りたくなるんですが、ほんっとに最初でかなりの人が挫折するかと思う手強さなもんで(笑)

全26件中 1 - 25件を表示

同時代ゲーム (新潮文庫)に関連する談話室の質問

同時代ゲーム (新潮文庫)に関連するまとめ

同時代ゲーム (新潮文庫)のKindle版

ツイートする