源氏物語 巻4 (新潮文庫 え 2-11)

  • 37人登録
  • 3.92評価
    • (4)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 紫式部
制作 : 円地 文子 
  • 新潮社 (1980年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (525ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101127118

源氏物語 巻4 (新潮文庫 え 2-11)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宇治十帖は田辺聖子訳で読むつもりなので「雲隠」まで。紫の上に「おつかれさま」と言いたい気持ち。

    彼女が死んだとき、光が「紫の上の言動にがっかりすることは一度もなかった」というような嘆き方をしていて、紫の上がどれだけ自分を殺して生きていたのかと思うと気の毒でたまらない。わたしは最後の最後まで、光を分かりたいという気持ちになれなかった。

    紫の上の死後あれだけ腑抜けになっていたのだから、光が彼女を愛していなかったわけではないのだろうけど。求める一方で、紫の上(ほかの女君たちにもだけど)を幸せにしたいという気持ちが全然見えなかった。相手の望みを無視するのなら愛情ではないのではと思いつつも、相手の望みなんて言われなければ分からないし、言われたって分かりたくなければ分かれないのかもしれないし、ぐるぐるしているうちに「出家するか!」という気持ちになった。もののあはれってそういうことですかね。

    キリがいいところまで読んだわけだけど、夕霧と雲居の雁がどうなったかって宇治十帖で展開あるのかな? あの流れは無残… 真面目男が迷うとああなるあるあるだけど…

  • 資料番号:010672269
    請求記号:913.3/ ム/ 4
    請求記号:文庫・新書

全2件中 1 - 2件を表示

紫式部の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
夏目 漱石
有効な右矢印 無効な右矢印

源氏物語 巻4 (新潮文庫 え 2-11)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

源氏物語 巻4 (新潮文庫 え 2-11)はこんな本です

源氏物語 巻4 (新潮文庫 え 2-11)の単行本

ツイートする