パニック・裸の王様 (新潮文庫)

  • 764人登録
  • 3.56評価
    • (46)
    • (82)
    • (137)
    • (11)
    • (3)
  • 85レビュー
著者 : 開高健
  • 新潮社 (1960年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101128016

パニック・裸の王様 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 開高健はメジャーであるが誰もが読む作品ではない、少なくとも高校や中学の教科書には載らない。学校が求める(従順さを基礎とした)道徳とは折り合いがつかないし、多くの作品が(教育委員会の基準では)大人向けに書かれているのは間違いない。

    ある種の暑苦しさは否めないが、一気に作品に引きずり込む高橋源一郎や内田樹の言うところのドライブ力から言えば(彼らの絶賛する)村上春樹のそれとはまったく比較にならない。
    私が高校の教師なら、国語の授業でつまんなそうにしているやつに読ませる、そのうち三人に一人は「悪くねぇじゃん」と思うでしょう。開高健が憧れていたであろうヘミングウェイの英語は良いお手本とされるがそれとは少し違う。ヘミングウェイは優等生の課題図書としてアメリカの高校生が読まされるが、開高健はちょっと意地を張ってグデンとしている生徒にそれとなく読むように仕向けることはあっても、ハイ皆さんこれを読んできてくださいということはない。
    ただ、受験まっしぐらの高校3年生が開高健のパンチをどう受け止めるのかちょっと興味はある。
    (私は高校生のときに開高健を読んでいたと思うが、受験まっしぐらでもなければ、国語の授業で詰まらなさそうにしていたこともなかったと思う。教科書の間に文庫本はさんで読んでたけど。)

  • 裸の王様のみの感想。目利きと表現者の違いは何か、と思いながら読みました。小説では、巧みな読み手は、最初の数十行読んだだけでその作品の作家の才能が分かり、また、文章の癖?からその作家の性格も分かるらしい。この作品では、語り手の「僕」が、絵画の巧みな読み手=目利きとして登場しています。この作品(裸の王様)の作者は、絵画に関して、どれだけの知識と経験があるのでしょうか?絵画や芸術に関しての「僕」の考えは、現実社会の、絵画の目利きや、絵画を描いている表現者からはどのように見られるのか、気になりました。

  • 第38回芥川賞で、大江健三郎の「死者の奢り」と争って受賞した「裸の王様」を含む4つの作品が掲載されている。

    「パニック」…街に大繁殖したネズミ駆除を行う役所
    「裸の王様」…子供の絵画コンクールを巡る関係者の駆け引き

    など、扱っている題材はそれぞれ異なるが、
    どれも「組織」「体制」の中で、無力さを感じ葛藤しながらも一人奮闘する個人を描いている。

    どの主人公もまっすぐな熱血漢ではなく、自己中心的な心情を見せたり、他人の行動を冷ややかに観察し批判したり、?と思うところはあったが、同じ社会人として、「組織」の中で生き抜くには、一筋縄ではいかないこともあるのだよ、と同感する部分は多かった。

  • 初めて読んだ。
    面白い。
    短編集ですが、どの話も、
    人として生きていく上で、
    抗うことの出来ない矛盾のようなものが
    あってとても良い。

  • 主人公の冷静な視点で描かれた、個人と社会の暗部。昭和の文章で、少し読みにくい。

  • 「パニック」は話の内容自体は面白かったが、表現として生理的に不快感を覚えるのが目についた(遠藤周作の九官鳥のように)。
    「裸の王様」「巨人と玩具」は普通の作品で引き込まれる要素はない。
    「流亡記」は最初の数ページが抽象的で全く面白くなかったので読んでない。

  • 短編4本。パニックの主人公の葛藤、裸の王様の子供を見る視線、共に面白かったです。

  • 開高健さんの情熱やパワーが詰まっていて、それに圧倒されました。文字に力強さがあって、のめり込むように読みました。
    パニックは、自然に対する人間の無力さが現れていて、最近の震災や原発の問題とかぶるところがありました。考えさせられる作品でしたね。

    #読書 #読書記録 #読書倶楽部
    #開高健
    #パニック #裸の王様
    #2016年49冊目

  • 独特だなあ。
    世界がグレーに見えてくる。
    息苦しいわー。

  • 【Entertainment】パニック・裸の王様/開高 健/20160110(10/436)<283/30594>
    ◆きっかけ
    ・【生き方】毒蛇は急がない/島地勝彦/20160107(1/427)<254/29626>

    ◆感想
    ・島地勝彦氏の著書で度々登場する、開高健の作品がどんなものなのか、という興味から読み始めたが、ハマった。読後、ものすごい分量を読んだ気がするも、実はいずれも短編であるところからして、文章にムダがない、けれども読者を迷子にしない程度の丁寧さはあり、読んでてとても心地良かった。
    ・いずれも、組織とか社会における人間の生きようを描いている。裸の王様は芥川賞を受賞した作品のようだが、どの作品でも受賞の価値はありそうなものばかり。個人的には、パニックが秀逸。ヒッチコックの鳥を連想させる作品。

    ◆引用
    ・なし。

全85件中 1 - 10件を表示

開高健の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
夏目 漱石
ヘミングウェイ
三島 由紀夫
ヘルマン ヘッセ
坂口 安吾
安部 公房
フランツ・カフカ
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

パニック・裸の王様 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

パニック・裸の王様 (新潮文庫)に関連するまとめ

パニック・裸の王様 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

パニック・裸の王様 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パニック・裸の王様 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

パニック・裸の王様 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする