フィッシュ・オン (新潮文庫)

  • 219人登録
  • 4.00評価
    • (19)
    • (16)
    • (19)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 開高健
制作 : 秋元 啓一 
  • 新潮社 (1974年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101128047

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

フィッシュ・オン (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 釣りの趣味なんてないし、ましてや魚はあまり好きじゃない。
    なのに、とても楽しく読めてしまった。
    一緒に旅してる気分になれる本。
    緑いっぱいの森に流れる川、静謐でひんやりした空気を感じられるシーンがいくつかあって、癒しがあった。
    開高健って、親しみやすいけれど、スマートな魅力があって、とても好きだ。

  • 釣りは、小学校の卒業旅行で友達のルアーに「釣られて」以降全くやっていないのですが、またどこかでやる機会を探してみようかと思わせてくれた本です。

    「輝ける闇」の息もつかせぬ濃厚な描写とはまた違って、少し肩の力を抜いた、飲んでばかりの開高健による「世界を釣る」的な紀行文。
    アラスカからアフリカ、アジア、そして日本と各所で異常なまでの?コネとコミュ力を使って素敵な釣りを楽しむ。色々な所にふと招待してもらえるコミュ力、きっと開高健と飲んだら最高に楽しいんだろうなぁ。という開高健のプラスの面を魅せてくれる本です。
    (筆致が軽いとこうなのですが、「最後の晩餐」は逆だったなぁ。。)
    世界各所の自然を描写していくその筆致もまた素晴らしく、秋元カメラマンとのタッグもまた絶妙な息の通じ合いぶりで、読んでいて心地よく感じます。

    装丁も写真対応の光沢紙を全編に奢っていて、秋元さんの写真が引き立っていて現場の空気が伝わってくるようです。
    本著の影響を受けて、久々にウイスキーが飲みたくなって、戸棚の奥底から変な形の瓶を取り出して飲んでしまって、久々の度数の高さに明日の宿酔いを心配してしまう次第です。。

  • 高校時代の愛読書、以来擦り切れるほど読んで もう 5冊
    必ず本棚に入っている!

  • (1991.02.11読了)(1990.01.13購入)

    ☆開高健さんの本(既読)
    「夏の闇」開高健著、新潮文庫、1983.05.25
    「もっと広く!(上)」開高健著、文春文庫、1983.12.25
    「もっと広く!(下)」開高健著、文春文庫、1983.12.25
    「破れた繭」開高健著、新潮文庫、1989.12.20
    「夜と陽炎」開高健著、新潮文庫、1989.12.20
    「知的な痴的な教養講座」開高健著、集英社、1990.03.10
    「シブイ」開高健著、TBSブリタニカ、1990.05.08
    「ベトナム戦記」開高健著、朝日文庫、1990.10.20

  • 残りの人生で、あと何回読み返すことやら。

  • 「腕はプロ、心はアマチュア」泉の如く湧き出る豊潤な言葉にどっぷりと浸かる幸せ。

  • 開高健の釣り旅行記、とでも言えば良いだろうか。釣りをやるわけではない、と言うよりは、生まれてからほとんどやったことがなく、またあまり興味もないのだけれども、それでも、すごく面白い本だった。繊細と包容と洗練と泥臭さと憂鬱と快活、その他の要素がごちゃごちゃになっている。開高健が絶妙な独特の語り口で釣りを旅行を語る。

  • 開高健が世界を舞台に釣りをする。随所に鏤められた諧謔、悲哀が旅情を誘う。名作

  • 釣りを愛するあなたへ。
    今すぐ旅に行きたくなります。

  • 「釣りとは竿の向こうに魚がいて、竿のこちらに馬鹿がいる状態である」とは本文からの一節、秀逸。
    本編では釣りを題材に世界中を旅しており、 その国々の美しさや生きる躍動感溢れる人々の描写だけでも十分楽しめる。
    こういう本をこそ読むべき。
    写真も美しい。

  • 酒と冒険釣り紀行

全12件中 1 - 12件を表示

フィッシュ・オン (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

フィッシュ・オン (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

フィッシュ・オン (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする