奇病連盟 (新潮文庫 き 4-12)

  • 86人登録
  • 3.62評価
    • (5)
    • (11)
    • (18)
    • (0)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 北杜夫
  • 新潮社 (1974年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101131122

奇病連盟 (新潮文庫 き 4-12)の感想・レビュー・書評

  • 面白かったな。もっと早くに読んでいてもよかった。

  • 読む前は、関根勉絶賛の有名な映画である「奇人たちの晩餐会」みたいな内容を想像してたけど、全然違ってましたね。

    最初は中年に差し掛かった奇病持ちの冴えない男性として描かれていた主人公が、美弥が出てきたあたりから、なんだか妙に羨ましいというか微笑ましい展開に...。あんなふうに、普通は欠点とされるところを逆に魅力として感じてくれる人がいたら、なんと幸せなことだろう。

    全般的にユーモラスな描写に溢れており、ホテルのビュッフェで大好物の伊勢エビを取ろうとしたら前の人に全部持っていかれて「うぬっ」と言うシーンなど、最高です。美弥の話の最中に中座してまで拘る伊勢エビが、2回も同じ人に邪魔されて「うぬっ」。これがまた、なんだか光景が目に浮かぶような巧みな記述なんですよね...。

  • なんか、くだらなくて面白かった記憶があるけれど。

  • 高校生か大学生のときに読んだ。読了感がよかった。

  • 「ピョコリ病」(ネタばれ自重)に悩む主人公が巻き込まれる数奇な運命。運命といっても重苦しい話ではぜんぜんなく、作者のユーモラスな想像世界に笑わせられ酔わせられる。常人にとっては不思議なことを気に病む主人公の可笑しい葛藤を疑似体験できる良作。読後感はスッキリ

  • 初めて読んだのは15歳か16歳の時。久々の再読。

    著者の父親は歌人斎藤茂吉だということを知ったのは読了してあとがきを読んでから。
    当時に最初からその知識があったら書店で手に取ることはなかったかもしれない。

    緊張すると4歩めごとにピョコリと飛び上がってしまう「奇病」を持つ武平が
    とても不器用で、ときどきクスリとさせてくれる。

    特に自分の鼻の下が伸びているのではないかと、巻き尺で鼻の下を測定するところが大好き。

  • 15年振りくらいに再読。実際自分が主人公と同じ30代サラリーマンという立場になって読むとまた受け取り方も変わります。すっきりしたハッピーエンドなので気楽に読めますね。シュークリームまみれでプロポーズの返事する彼女萌え。「判子を押しなさい」おばさんも好きです。

  • 2009 12/23-24
    面白い ケド むかーし読んだときほどの衝撃が感じられない

  • 4歩歩くと、ひょこりと飛び上がってしまう病気にかかったピョコリ氏が、ある日奇病連盟から招待される。

全10件中 1 - 10件を表示

奇病連盟 (新潮文庫 き 4-12)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

奇病連盟 (新潮文庫 き 4-12)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

奇病連盟 (新潮文庫 き 4-12)はこんな本です

奇病連盟 (新潮文庫 き 4-12)のKindle版

ツイートする