ぼくのおじさん (新潮文庫)

  • 255人登録
  • 3.40評価
    • (13)
    • (17)
    • (44)
    • (8)
    • (1)
  • 40レビュー
著者 : 北杜夫
  • 新潮社 (1981年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101131238

ぼくのおじさん (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1ドルが固定で360円だった時代。海外旅行は夢の時代だったから、この物語にあるように、海外旅行が当たる懸賞は非常に人気があった。この頃は子どももどんどん生まれている上、大卒は少なかったので、おじさんのような呑気な大学な大学の先生もいなかったとは言えない。今のポスドクの苦労など考えると隔世の感がある。
    まあ、正直に言えばちょっと古くさく、今の小学生に面白いかどうかはよくわからない。60代くらいの人なら懐かしく読めるだろう。
    一番良かったのは「むすめよ…」。こういう文章を父に書いてもらえた子どもは幸せだ。大抵の親はこう思うだろうが、文章にはしない人がほとんど。書いて残しておくべきだな、と。自分がどれだけ愛されていたかわかれば、生きる力になる。もし自分の親がこんな文章を残してくれていたら、どんなに嬉しく、幸せだろう。たとえ他の面でいい親とは言えない人だったとしても。

  • 児童向けの9編をまとめた本。
    読者(子ども)に語りかける文章。
    ユーモアと、時折ある鋭い指摘。
    修身や外貨制限など、時代を感じる言葉もあるが、内容は古びていない。
    力が抜けて、ふっと笑える。
    やさしく、あたたかく、ほのぼの。
    表題作は、映画化されるとか。

  • 北杜夫さんの書く、力の抜けた文章が好きです。威張るだけで、ちっとも頼りにならない「ぼくのおじさん」。しょうがない人なのですが、なんとも憎めない。
    映画にもなった(なる?)そうですね。本では個人的に、終わり方がちょっとしり切れとんぼだと思いました。その後の「おじさん」の様子をもっと知りたかった。
    表題作ではないけれど、北杜夫さんが娘さんへの思いを描いたものがとっても良かったです。

  • カンニングの竹山あたりで実写化すればいいのに。

  • ☆信州大学附属図書館の所蔵はこちらです☆
    http://www-lib.shinshu-u.ac.jp/opc/recordID/catalog.bib/BN01501608

  • 初めて北杜夫さんの本を読みました。
    初めて読むのに、この本を手に取ったのはなぜだったのか…?記憶がないですが、読み終わって文庫のカバーを外した時に表紙の絵に思わず笑みが漏れました。この絵に惹かれて手に取ったのではなかったかと思います。
    そして、この絵のままのお話でしてた。
    少し時代が古く感じますが、私はちょうど雪男君と同年代のようなので、懐かしいような思いもありました。

    子供向けのお話なので、解説を読み始めた時に、不思議な感覚になりました。というのも、久しぶりに本を読んでいる(文章を読んでいる)という感覚とでもいうのか、実はこの本を子供向けだと知らずに読み始めていた私は、何となく文章がまどろっこしいなあと感じながらの読了だったのです。

    そもそも、北杜夫さんのことを全く知らなかったので、一冊くらい読んでもいいかと手に取ったのがこの本でした。解説を読んで、楡家の人々やどくとるマンボウシリーズなどにもがぜん興味がわいてきているところです。

  • 北杜夫の作品だから、期待もしてたし、童話だから舐めてかかってたことも事実。

    大切なことがたくさんたくさん書いてあった。

    北朝鮮に読ませてやりたい。けど、この感覚わかんないよな。

  • 淡々と読むと淡々と読めちゃう。
    映画はどういうかんじになるんだろう

  • 29年2月7日読了。

  • 映画化をきっかけに書店に並んでいたのを購入。北杜夫の作品は随分と昔に読んだことがある。芥川賞を取るような純文学作品とは対極の作品で、これはこれで面白い。タイトルになっている「ぼくのおじさん」でハワイに旅行をする様子は今とは様子が異なるところもあるが、それも含めて面白かった。また他の作品も児童作品なのだけれど、大人が読んでも面白いので、子供と一緒に読めたらいいだろうなと思った。

全40件中 1 - 10件を表示

北杜夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
ジェイムズ・P・...
高野 和明
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくのおじさん (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ぼくのおじさん (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ぼくのおじさん (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ぼくのおじさん (新潮文庫)の作品紹介

お小遣いはくれないし、宿題も見てくれない、スポーツだってさっぱりだめ、でもマンガだけは大好き-ぼくのおじさんときたら、人に自慢できるところなんか何ひとつない。やることなすこと全部的外れで、大学の先生なんて、とても信じられない。ぼくが作文の懸賞に入選したおかげで、一緒にハワイに行くことになったのだが…。和田誠の挿絵満載の大人も子供も楽しめる快作九編。

ぼくのおじさん (新潮文庫)の単行本

ツイートする