マンボウ 最後の大バクチ (新潮文庫)

  • 65人登録
  • 3.10評価
    • (1)
    • (6)
    • (9)
    • (2)
    • (2)
  • 13レビュー
著者 : 北杜夫
  • 新潮社 (2011年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101131603

マンボウ 最後の大バクチ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大作家の老後生活と回想。
    過去の偉業となお続く執筆でみんなにかまってもらえるジイジが羨ましいなぁ。
    老人になってもユーモアは衰えず。

  • この本で私の所持する北先生の本は全て読了しました。エッセイに関しては書かれている内容は多少被っていますが、それでもユーモアの豊かさには関心させられますね。
    早く死を望む人ほど長く生きるのはアリですね。周囲の人が亡くなっていく中で自分の「老い」を深く考えて、悩み、執筆されていた北先生ですが、数年後に亡くなられてしまいました。寂しいですねぇ。

  • 楡家の人々の背景を中心に、父茂吉への想いがつづられている。山形観光や競馬場、韓国カジノのあたりは、こちらまでギャンブルしたくなるような書きっぷり。躁鬱病って、周りが大変なんだろうなって。一読者としてはぜんぜん憎めない。

  • 北杜夫さんが亡くなられたのは今年のことね・・・・

  • 読み終わったところで訃報を聞いた。ほんとに”人生最後の躁”になっちゃったなあ。
    佐野洋子といい、マンボウ先生といい、死期が近づくとやたら本がでるのはなぜでしょう。

  • なだいなださんの解説が良いです。鬱の患者さんに北杜夫さんと同じ病気だというとうっとりとした眼差しになってにっこりする。北さんもこの薬をのんでいるんだがなあというと、薬を飲むことに抵抗しなくなる…とか。躁鬱病への理解にマンボウ先生は一役買ってます。患者さんもあこがれる躁鬱病のマンボウ先生は不思議な存在です。鬱であるときとは、鬱の自分の状態が良く分かっているから頑張れなくて辛いのだとマンボウ先生はいってました。

  • 北杜夫が亡くなったので、追悼の意を込めてエッセイを手に取った。北杜夫という人は、完全なる純文学から、どうしようもないくらいバカバカしいエッセイまで、非常に振れ幅の広い人であるが、本著はバカバカしい方のスタイルで書かれている。この人のエッセイを何冊か読めば、躁鬱というものの在り様が非常によくわかる。思いもよらず訪れた最後の躁を、どうにかして活用してやろうという本人と周囲のヘンな行動が、バカバカしくも興味深くもある。

  • 鬱病で寝込むこと十年、ようやく元気になったのはよかったが、いきおいあまって、人生最後の躁病を発症してしまったマンボウ氏。老いてなお盛んな躁病に、ギャンブル三昧の旅が始まった。「猛獣使い」の女性編集者、スーパー元気な娘を相棒に、上山競馬場、大井競馬場、平和島競艇とバクチ熱は急上昇、果ては韓国のカジノまで遠征することに。狂乱バブルのギャンブル紀行エッセイ。

全13件中 1 - 10件を表示

マンボウ 最後の大バクチ (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

マンボウ 最後の大バクチ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

マンボウ 最後の大バクチ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

マンボウ 最後の大バクチ (新潮文庫)はこんな本です

マンボウ 最後の大バクチ (新潮文庫)の単行本

マンボウ 最後の大バクチ (新潮文庫)のKindle版

ツイートする