私は忘れない (新潮文庫)

  • 98人登録
  • 3.69評価
    • (10)
    • (13)
    • (15)
    • (4)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 有吉佐和子
  • 新潮社 (1969年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101132051

私は忘れない (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本のめざましい経済成長の陰に、電信電話もなく台風の被害も報道されない僻地。
    スターの座を夢みながらチャンスを逃した万里子は、衝動的に訪れた離島、黒島で厳しい自然の中でたくましく運命を切り開く人々の純朴な姿に心を打たれる。

    昭和34年、著者が20代の頃に書かれた本書は、現在絶版になっています。
    幼少期の主人公をはじめ、戦争を体験している人たちが生活している時代です。著者が実際に離島に足を踏み入れ取材をしてできた本書は、そんな時代に確かに存在していた離島の様子をありありと写し出しています。

    自然豊かで、まるで南の楽園のような一面も持ちつつ、死者を出すほどの台風の被害や、医師がおらず急病になっても助けを呼ぶ通信手段がないこと、4日一度しか本土から船がこないことなど、同じ日本でありながらまるで違う。日本語だけど、言葉も少しだけ違う。
    「さようなら」を、「あしたよオ」「あしたよなア」と言うのが好き。

    スピードが速くて、喧騒に巻き込まれやすい都会において、こんな暮らしがあるということを、忘れちゃいけない。それは、ベルトコンベアーに乗せられてするすると時間を空費してしまいがちな自分へブレーキをかけてくれる。今はもうこんな離島はないかもしれない。
    それでも自分の心に、何かしらブレーキになるものを持っておくことは、都会でただ消費されて生きることを防ぐ大事な鍵になるように思いました。

  • (2015/6/29一読)
    (2017/10/3再読)

  • 鹿児島から四日に一度しか船便の無い離島に自棄旅行で来た女優の卵の成長物語。
    60年代の離島の現実がエンターテイメント性の高い小説の文章の端々を通じて描き出された、社会派としての有吉佐和子の実力の高さを垣間見せる逸品。

  • 有吉佐和子さんの本は、『恍惚の人』しか読んだことがないので、いつか他の作品も読みたいと思っていた。
    没後30年を記念して、各社から記念復刊されたこともあり、読むことにした。

    舞台となる地図にも載らないような島が舞台。
    いかにも「昭和」という感じのする部分もあるが、有吉さんの的確な人物の描写は、やはり巧いと思った。

  • 40年ぐらい前に一度読んでいたが、内容を忘れてしまったので再読した。
    女優の卵がちょっとした仕事のミスで落ち込んでいた時に、ふと雑誌で見た離島を訪ねてみたくなった。
    実際に行ってみると、電気がない、テレビもない、自動車もない、病気になってもすぐに病院に行けない、という不便な生活を体験することになる。
    また台風で人が亡くなったりすることもあった。
    しかし、徐々に島の人々の心情を理解し、自然の中で暮らす人間の尊厳さを取り戻していく。
    安心して読めるいい話だった。

  • なぜこの本を読みたいと思ったのか思い出せないが、絶版のようで、ようやくよその図書館で発見。相互貸借して借りられた。

    有吉さんらしい、迷っているのに凛としている女性が描かれていた。
    私が生まれるよりも前に、書かれている都会と田舎の対比、都会で見失っているものは今と変わらない印象。

    「ブレーキ。
    私たちの世代に、一番欠けているのは、これだった、と私は気がつきました」
    (万里子の手紙より)


    今の時代でも、当てはまる言葉だと感じた。

    足るを知る。
    立ち止まって、本当に大切なものについて考え、思いだし、
    一歩一歩、一秒一秒を懸命に生きていくことが人間としての本質なんだと、
    心に刻まれる思いで最後の手紙を読んだ。

  • この本は20代最後の頃に読んだ本だったか。。
    生き方について見つめなおす女性の姿が美しかった記憶だ。

  • 新人女優・門万里子は失意の中、離島「黒島」へ旅立つ。
    そこで目にしたものは、あまりにも悲惨な生活環境だつた―

    この小説が発表されたのは、文庫版発売から10年さかのぼる昭和34年のことださうです。
    以来有吉佐和子さんは、離島は重要なテーマの一つになつたやうで、その後も小説『海暗』、ルポルタージュ『日本の島々、昔と今。』などを発表してゐます。特に若い方におすすめです。
    本書に感銘を受け、実際に黒島を訪れる人も多いとか。大したバイタリティであります。

    私の場合は、離島と言へば「篠島」「日間賀島」(共に愛知県)へ行つたくらいかな...
    いや、さう言へば「安芸の宮島」へ行きました(あれも離島ですよね?)
    JR宮島駅(港?)の前で菓子パンを食べてゐた時、ふと振り返りますと、すぐ近くに鹿が接近してゐて大層仰天しました...

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-200.html

  • 万理子。いい名前だ。

  • 東京生活を続けていると、
    都会の便利さからかけ離れた島での生活に憧れるときがある。
    ギスギスしていた気持ちが癒されました。

全11件中 1 - 10件を表示

有吉佐和子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

私は忘れない (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

私は忘れない (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

私は忘れない (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

私は忘れない (新潮文庫)の作品紹介

日本のめざましい経済成長の陰に、電信電話もなく台風の被害も報道されない僻地。海の荒れる時は定期便の船さえ近づけない閉ざされた南の離島、黒島。スターの座を夢みながらチャンスを逃した門万里子は単身黒島へ旅立ち、自然との闘いの中でたくましく運命を切り開く人々の純朴な姿に心を打たれる-。明るい筆致で、厳しい日常生活の中に人間らしさの恢復を試みた問題作。

私は忘れない (新潮文庫)はこんな本です

私は忘れない (新潮文庫)の単行本

私は忘れない (新潮文庫)のKindle版

ツイートする