三婆 (新潮文庫 あ 5-11)

  • 32人登録
  • 3.30評価
    • (0)
    • (4)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 有吉佐和子
  • 新潮社 (1977年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101132112

三婆 (新潮文庫 あ 5-11)の感想・レビュー・書評

  • 高校時代に読みましたが、とてもリアルに想像できて、読み応えがありました。おかしくもあり、哀しくもあり・・・いろんな心情が交錯します。

  • どれも、さらりと描かれているようで、人間心理の暗い深淵を覗かせる佳作ばかり。
    短篇ならではの読み頃手頃なおはなしばかり。どれも、読まずに済ませても何ら損はないが、読んでも損はなし。
    ただし、中頃の一篇「なま酔い」には唸らされた。

    後記にも似たような意味合いの一言があったが、
    所詮他人事でしかない悲惨絵巻は、見せ物と同じで真には人のこころを打たない。
    これほど暖かく、これほど優しく、これほど凄惨で、これほど悲しい戦争の、ピカの物語を読んだのは初めての事だった。
    女流にしか書けず、しかし女流にありがちな、筋や運びの感情的な乱れの一切無い、美しく完璧な「物語」。
    広島人なら必読ものと言ってしまいたい。誇りを持って。

    有吉佐和子の、常にそうあろうと努力を怠らぬ誇り高い客観性と、人間観察の深さを思い知る一冊。

全5件中 1 - 5件を表示

三婆 (新潮文庫 あ 5-11)はこんな本です

三婆 (新潮文庫 あ 5-11)のKindle版

ツイートする