海猫〈下〉 (新潮文庫)

  • 449人登録
  • 3.36評価
    • (29)
    • (39)
    • (156)
    • (9)
    • (2)
  • 57レビュー
著者 : 谷村志穂
  • 新潮社 (2004年8月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (391ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101132525

海猫〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 函館から漁師町の南茅部に二十歳で嫁いだ薫を中心とした、女三代の大河小説的物語。
    ロシアの血を引き、美しすぎるゆえ孤立してきた薫。邦一という漁師の男と出逢い結婚して子どもももうけるが、数年後、薫の運命の歯車が狂い出す。
    上巻は薫、下巻は薫の二人の娘が中心となった小説。

    解説で小池真理子さんが「色香に満ちた作品である」「ここまで色っぽい小説にはめったにお目にかかれない」と書いているのだけど、その意見にまず頷いた。
    性的なシーンもけっこう多めの小説ではあると思うけれど、色香が立ち上ってくるように感じるのはむしろ、薫や二人の娘の清廉さが描かれているシーンだったりする。
    無機的なまでに美しい女性の描写から滲み出る清潔な色気、というような。

    悲しいけれど力強い、小説全体の印象は、イコール薫の印象でもある。
    美しさゆえに疎外感を感じて生きてきた薫が、本物の愛に気づき、その愛のために生きる。その強さと儚さが壮絶だった。
    美しいから人々を夢中にさせ、そのことが薫を縛りつけるという、彼女にとっては苦しい循環。

    函館、南茅部、札幌など北海道の風景、教会とキリスト教、漁師町、北海道大学、など、たくさんのキーワードを含む大長編。
    とにかく惹き付けられて、一気に読んだ。
    薫は自分の愛に生きたけれど、本当は周りの人間たちのことを深く愛していたということに気づく描写たちに、涙が溢れた。
    久々に、正統であり波乱に満ちたラブストーリーを読んだ気がする。

  • 上巻の激しさが下巻には足りんかったような、、、。
    そこが少し物足りんかったかなぁ、、、。

    まぁ、主人公が途中で変わるから仕方がないんかもしれんけど、、、。

    2章までで終わってても良かったんじゃないかなぁ?

  • 評価は4.

    内容(BOOKデーターベース)
    広次と薫の恋は、壮絶な結末を迎えた。それから十八年後、薫の愛したふたりの娘は、美しい姉妹へと成長していた。美輝は北海道大学に入学し、正義感の強い修介と出会う。函館で祖母と暮す美哉は、愛してはいけない男への片想いに苦しむ。母は許されぬ恋にすべてを懸けた。翳を胸に宿して成長した娘たちもまた、運命の男を探し求めるのだった。女三代の愛を描く大河小説、完結篇。島清恋愛文学賞受賞作。

  • 氷柱の愛(薫編)は、全く共感できないまま終わった。夫を欺いても子どもといたいといいながら、夫を拒んで関係を悪くし、義弟と逃げ出したと思えば、現実から逃走するという。子どもはどうするんだと言いたい。広次も、なにも考えすまに後を追い、何を考えているのかと驚く。少数派なのかもしれないが、邦一の苦しみが一番理解できた。
    流氷の愛(娘編)は、重い問題がわりとあっさり片付いてしまっていたが、薫編の救済的な部分があって、読み終わってほっとすることができた。
    個人的地雷が多かったわりに一気に読んでしまったのは、文体や描写が美しくうまいからかな。

  • 大沼ワルツがよかったので これも買ってみたんだけど 面白かったー。映画になってたなんて知らなかったなぁ。
    このストーリーじゃ やっぱり広次の方が惹かれるよなぁ。男気があって気持ちが優しくて
    頼もしくて。
    でも薫も邦一も だれのことも心から愛してないように思えて仕方ない。それぞれが強い愛を貫いて この悲劇にたどり着いたなら それはそれで仕方ないと思えるけど ほんとに誰かを愛したのって広次だけだったんじゃないかなぁ。
    それでこの結末はつらすぎる。

  • なんかもう・・・。

  • 上巻のヒロイン薫の娘たちを中心とした物語。
    舞台は漁村から函館・札幌へ。
    第2部は1部と比べて展開が早かった気がしますが、きれいにまとまっていると思います。
    女性たちが強くたくましい反面、男性たちが弱々しく情けない印象。

  • 公次の娘を産んだものの、夫に感づかれ、段々と壊れていく一家。弟に出したSOSの手紙で公次が助けに来てくれるが、正気を失った夫に刺され、崖から転落し、薫は死亡。その後を追うように公次も胸を刺し、崖から飛び降りる。

    そして時は流れて、娘二人は美しく成長する。

    やがて自分たちの父親が気になった姉妹。姉は臨月のお腹を抱えて父の元へ。とにかくドラマティックな怒涛の展開が待っている。

    途中休憩を入れることなく、2巻読破しました。
    久しぶりに骨太なドラマを見た気がする。

  • 物語は意外な展開を迎え、娘たちを中心に進んでいく。
    基本的には環境は変わっていないけれど、年月の流れが人々を穏やかにしていくのだろうか。
    過去を振り返らずに生きていくことは結構しんどい。
    振り返っても、もっと苦しいような気がしている。
    だけど、もがきながら生きていくしかない。そういったメッセージがこめられていたように感じる作品だった。

  • 3代に渡る女性の人生を描いてますが、重点を置かれていた薫よりも、その母である粋で気丈なタミに一番惹かれた。
    薫の話では漁村が、娘の美輝、美哉の話では札幌や函館の情景が自然に思い浮かべることができて、読み応えがあった。

全57件中 1 - 10件を表示

谷村志穂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

海猫〈下〉 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

海猫〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海猫〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海猫〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

海猫〈下〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする