雄気堂々〈上〉 (新潮文庫)

  • 538人登録
  • 3.93評価
    • (50)
    • (80)
    • (54)
    • (3)
    • (1)
  • 49レビュー
著者 : 城山三郎
  • 新潮社 (1976年5月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101133034

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

雄気堂々〈上〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 僕の大好きな渋沢栄一の小説です。
    農民から立身出世して大成していく姿は秀吉に通じます。
    最近歴史小説は戦国時代から幕末明治に興味が移ってます。
    やっぱり人の生き死によりもいかに政治的に勝ち抜くかという方が現代に通じます。
    自分で仕事を作って上に認めてもらっていく姿は見習わないといけません。

  • 面白かった!!
    上巻は、渋沢栄一の尊王攘夷の志士から一橋慶喜への士官、パリ留学、静岡藩での商工会議所での設立から、大蔵省への出向までが描かれている。
    ⚪️渋沢栄一自身の現代で言えばキャリアの選択、誰に仕えるかという視点が、自分の「ポジション」を踏まえつつ現実的に理屈的に考えているのが印象的。
    ⚪️また、特に一橋慶喜へ仕えたあたりから人をうまく使う点、さらに会計を重視する点等、のちのちの財政家、実業家へと育っていく視点がやはり印象的。
    ⚪️幕末をこれまで、倒幕派の長州薩摩、佐幕派の新撰組から見ることは多くあったが、一橋慶喜から見ることは今回が初めてだったので一橋慶喜の家臣も含め、一橋慶喜の先見性、知略をうまく学ぶことができた。

    下巻も楽しみである。

  • 一人の農夫の視点から始まる、多くの事業を手がけた渋沢栄一の生涯の本。
    幕末から明治まで「あぁ、こんな時代であったか」を感じることのできる小説です。
    それにしても金をやる(寄附)ならきちんと成果を出す、という考えは本当にそのとおり。

  • 明治維新前後の薩長土肥や会津、新選組等メジャーどころ以外の視点、且つ経済的視点から描いた視点が面白く、又、渋沢栄一という日本の経済界の偉人を描いており、もう少し早く読めば良かったとも思う。

  • 渋沢栄一の前半生が描かれている。
    登場人物等は、どこまでが実在の人なんだろう?

  • 日本経済の礎を築いた渋沢栄一を、経済小説の分野を確立した城山三郎が描いた作品。

    農夫から攘夷の志士となり、幕臣、新政府の官僚を経て日銀の総裁となる。日本の資本主義の父とも言える人。

    一筋縄ではいかない時代をその才覚で生き抜き、自身の富を築くよりも国の繁栄を願うその姿は奇跡のように思える。
    今の時代にこんな才覚を持った人がいるのだろうか?

    なにかしらの仕事に携わる社会人、男性女性問わず読んで欲しい。
    読み終えたとき、視野がひらけたような感覚を感じると思う。

  • 日本の資本主義の父、渋沢栄一の伝記小説。
    上巻は激動の、幕末から明治時代の幕開けまで。

    「八百万の神が知恵を出しあって」スタートした明治時代のほうに目がいきがちだけど、江戸時代の終わり方にも注目したい。賢候 慶喜の元で渋沢栄一が働いていたことを知りました。この二人の出会いがもたらしたものは相当なものがありそう。
    下巻も期待。

    Feb, 2014

  • 城山の代表作。
    渋沢栄一の一生をおってゆく。それにしても激動の人生を送っている。

  • 2013.7.7(日)読了。
    歴史小説の趣。私の好みにはやや合わない。終盤になって、経済小説っぽくなってきた。

  • 明治の経済人、渋沢栄一の立身伝。幕末から明治にかけての偉人と言えば坂本龍馬が一番人気で西郷隆盛らなどがそれに続くのが一般的だが埼玉の農家の跡継ぎから立身を夢見て江戸に出て紆余曲折を経て一橋慶喜の家臣になりその才能を見込まれ明治政府でも手腕を振るうようになる渋沢栄一。その後、下野し近代革命後の日本の経済を形作っていく。現実的な意味で有名な幕末の革命家たちより経済大国として世界に肩を並べるようになる日本が誕生するために最も尽力した人物なのではないだろうか。

  • 戦う商人。
    トルネコのモデルになった人です。
    嘘です。

    日本資本主義の父と言われる方なので、
    どんな人なのか知りたく読んでみましたら、
    とても不思議な人でした。

    幕末史、
    英雄ばかりに目を奪われ本質を全然理解できていなかったのですが、
    渋沢さんは誰よりも素晴らしい偉人ですがあくまで商人なので、
    世の中の流れに綺麗に流されるため、
    歴史的背景もしっかり本で説明しないといけないので、
    渋沢さんが流される理由を、
    その都度丁寧に歴史の流れを著者が書いてくれているため、
    幕末の様子がとてもよくわかって、
    勉強にもなりました。

    しばらく、渋沢栄一にはまりそうです。

  • 幕末~明治維新を生きた渋沢栄一の話ですが、臨機応変に自分の立場を変え動乱の中を生き抜く様には感銘を受けました。徳川慶喜、西郷隆盛、勝海舟、大隈重信、伊藤博文などそうそうたるメンバーが登場しますが、これらの登場人物の中において一農民であった栄一が次第に地位を上げていくさまは痛快でもありました。

  • 幕末から明治にかけての達人の物語は痛快そのものである。

  • 渋沢栄一の伝記文学。
    打倒しようとしていた一橋家に仕える柔軟さ、建白魔と言われた提案力、遊学時の吸収力。幕末、明治はエネルギーが溢れる時代。
    向こう見ずなだけでは生きていけなかった。

  • 討幕、攘夷を志し、横浜の焼き打ちまで企図した渋沢が、平岡円四郎によって一橋家に推挙され、慶喜の為に働き、慶喜の異母弟、昭武の随行としてフランスに渡る。
    維新の動乱の中で非業の死を遂げていく、かつて志を共にした者たちとの対比はドラマチック。
    怒涛のような時代転換の流れにのみ込まれていく人々が流れ着く先のあまりの違いには無常というしかない。

  •  渋沢栄一の伝記。
     上巻には、攘夷青年だった若いころから紆余曲折を経て一橋家(徳川慶喜)に仕え、留学中に幕府瓦解を迎えるまでが描かれている。
     その時々の応じて柔軟に考えを変え、「変節漢」と罵られながらも、時代に適応してゆき栄一。「建白魔」であり、常に「自ら仕事を作り出す」事を考えている栄一。
     読むことでやる気が沸く一冊。

  • 日本経済の礎を作った大人物として、一般常識として渋沢栄一という人物を詳しく知っておかなければいけないと思い、手にとった本。経済人のイメージしかなかったのに、こんなに数奇な青年期を送ったとは知らず驚いた。これから本領発揮というところ、下巻が楽しみ。

  • 雄気堂々たる人生。

  • 渋沢栄一の物語。

    渋沢栄一の生き方自体がもちろん魅力的ではあるけれど、やはりなんと言っても明治初期の人々の「自分たちが日本を変えていかなくてはいけない」という心意気がとても自分にはかっこよく見える。

  • 渋沢栄一は強運の持ち主である。もちろんその運は、己の才で掴んだのではあるが。フランスから帰国し、新政府に出仕するところから話はもっと面白くなるのか。今まで渋沢栄一のことはほとんど知らなかったので、下巻が楽しみ。

  • 渋沢栄一の生涯を描いた歴史小説。上巻は武州血洗島での誕生から、幕末、明治新政府での若き官吏時代に入るまで。
    攘夷強硬派→一橋慶喜家臣→フランス留学→明治新政府での大隈からの協力要請

    一介の農民が一橋慶喜に取り立てられる件は興味深い。慶喜の周りに開明的な側近、平岡円四郎や原市之進やがいたことはあまり知られていない。彼らが早くに暗殺されていなければ(しかも内ゲバ)、世の中も変わっていたかもしれない。
    本書では、渋沢栄一だけのことでなく、幕末維新の全体の動きもよく捉えられていて頭の整理にもなる。

    渋沢栄一のような偉人の生い立ちはどのようなものだったのか。
    若い時から「建白魔」であり、自分の意見を発信する意欲が強かった。
    フランスへの留学が、後世、偉大な実業家になるに大きな影響を与えていたことは間違いない。

    (以下引用)
    ・井上馨が総理になろうとするときであった。明治の元勲たちの中で、井上ひとりがまだ総理になっていなかった。・・・(井上)「渋沢が大蔵大臣にならなければ、引き受けぬ」といった。元老や重臣たちは、入れ代り渋沢説得にのり出した。「きみがやれば井上も総理になれるのだから」と。
    (渋沢)「わたしは実業家で通す決心です」

    ・(渋沢夫人)「お父さんも論語とはうまいものを見つけなさったよ。あれが聖書だったら、てんで守れっこないものね」
    論語には夫人の指摘する通り、女性に対する戒めはない。

    ・平岡もまた、京都へ来て以来、人材登用の必要性をいっそう身にしみて感じていた。薩摩・長州・土佐など、有力諸藩を動かしているのは、いずれも、身分の低い下士上がりの若手たちである。それに比べれば、一橋家も、幕府も、人材らしい人材が居ない。・・・若くて根性があり、頭の切れる若者が、欲しい。その手はじめの一人が、栄一である。

    ・「天下の権、朝廷に在るべくして在らず、幕府に在り。幕府に在るべくして在らず、一橋に在り。一橋に在るべくして在らず、平岡に在り」と世間にうわさされるほどの人物で、このとき、(平岡円四郎は)四十三歳の働きざかり。

    ・平岡円四郎も原市之進も、一をきいて十を知る聡明なひとであった。相手の顔色を見ただけで要件がわかるといわれた。先が見えすぎ、ひとの先廻りをする。そのため、かえって、ひとにきらわれるという面もあった。

    ・(大隈重信が渋沢を大蔵省に招聘する際の言葉)
    「新政府がやおうとしていることは、すべて知識も経験もないことばかり。何から手をつけてよいかわからぬのは、きみだけではない。誰もが、わからん。わからん者が智慧を出し合い、これから相談してやって行こうとしている。つまり、われわれみんなが八百万の神々なのだ、きみも、その神々の中の一柱として迎えた」
    「知らぬからやめるというなら、みな、やめねばならぬ。やめたら、国はどうなる」

  • 八百万の神々が知恵を持ち寄れば。
    渋沢栄一のその謙虚さと行動力に感心させられる。若いころの栄一がどのような経験をしてそこに至ったかを知るのも面白い。渋沢栄一のような社会になれば、万人がしっかり働いて生きていける。

  • 設立に関係した会社500、同じく関係した社会・公共事業600。日本資本主義の父と言われる渋沢栄一の伝記。

    上巻では百姓であった栄一とその妻との結婚から始まり、幕末の動乱から明治への転換までが描かれます。

    個人的に記憶に残ったのは「仕事は与えられるものではない、つくりだすものなのだ」という言葉です。栄一は単に反対するだけではなく、必ず彼自身の意見を出します。彼はこの頃から慶喜に建白して財政改革を担っており、それが後の第一国立銀行設立にも繋がっていくのかなあと思いました。

    そして、後半の大隈重信の「新政府のやろうとしていることは、すべて知識も経験もないことばかり。何から手をつけてよいかわからぬのは、君だけではない。誰もが、わからん。わからん者が知恵を出し合い、これから相談してやっていこうとしている。つまり、われわれみんなが八百万の神々なのだ。君もその人柱として迎えた」という言葉。多くの人物が力を合わせ新しい日本を作っていく姿は活気があります。


    一味変わった明治ー幕末期の小説。
    下巻へ続きます。

  •  澁澤榮一の伝記小説。妻が読んでたのを僕も。豪農の生れで,攘夷運動に身を投じるが,一橋家に拾われて幕臣となり,欧州留学のお供で身に付けた知識を買われて新政府で活躍,下野後は実業家として名をなした。
    小説は渋沢の結婚から最初の妻との死別まで。何だか中途半端な終り方。明治近代化に奔走した人々を「八百万の神々」になぞらえて描く。城山三郎の小説は,「彼も人の子ナポレオン」もそうだったが,文章がなんだか無邪気で憎めない感じがする。

  • 城山三郎の著書リストを見てて、ずっと探してた。
    なかなか無かったけど、浜松のイトーヨーカドーで発見。
    筋。
    渋沢栄一の伝記小説。
    あんな英傑が出たのは、時代のせいだけじゃないよね、という話。
    もともと農民なんだけど、あの時代の農民はあまり貧しくないのね。
    一人息子の長男で、おっとり育って。時代に奮起して、焼き討ちを企てるくらい尊皇攘夷に燃えて。でも、頭で理解できたら、筋を通すよりも正しいことをする。すごく冷静。人への判断も確か。明治維新の綱渡りさがよくわかるし、その中で実業家としてできることをやり抜いたのが本当にすごい。物語の底を淡々と流れる、千代の生き方もすごい。あー、すごい。

全49件中 1 - 25件を表示

雄気堂々〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

雄気堂々〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雄気堂々〈上〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

雄気堂々〈上〉 (新潮文庫)の単行本

雄気堂々〈上〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする