小説日本銀行 (新潮文庫 し 7-7)

  • 26人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 城山三郎
  • 新潮社 (1977年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (547ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101133072

小説日本銀行 (新潮文庫 し 7-7)の感想・レビュー・書評

  • その人の能力ではなく、マイナス評価だけがその評価基準となる社会。
    そんな社会では、主人公・津上の義通(ぎっとう)な生き方は、当然ながら受け入れられず、はじかれていく…
    もう少し上手く渡れよと思い、余裕のない思考、主人公の生き方に鼻白むことはあったが、そんな人物でなければ主人公にはなりえない。
    それにしても、今のデフレ真っ只中とは正反対のインフレの時代。大きく違うものだ。

  • 日本銀行は通常私達には馴染みのないところですが、それを内部から描ききっている。時代としてはドッチラインが制定されるくらいまでの戦後ちょっとしてですが、なかなか面白かったと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

小説日本銀行 (新潮文庫 し 7-7)はこんな本です

小説日本銀行 (新潮文庫 し 7-7)のKindle版

ツイートする