毎日が日曜日 (新潮文庫)

  • 451人登録
  • 3.54評価
    • (28)
    • (49)
    • (88)
    • (9)
    • (1)
  • 59レビュー
著者 : 城山三郎
  • 新潮社 (1979年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (652ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101133102

毎日が日曜日 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 会社人生に於いて、誰でも「ないものねだり」をしながら日々を送り、日々悩んでくよくよしていることですらある意味幸せだと考えさせられた一冊。働き方に正解は無いし、会社での評価=その人の評価でも無い。会社で理不尽な事があった時に読み返したい一冊。

  • 昭和51年に刊行された経済小説。
    もう35年くらい前に書かれたものなのに色あせない面白さ。

    日本の総合商社を舞台に、海外赴任、家族、教育、定年、出世競争といった様々な問題が盛り込まれている。
    人間がしっかりと描写されているから今読んでも面白い。

    ウーさんがとてもよかった。
    「輸出」の続編的な作品らしいのでこちらも読んでみたい。

  • 海外転勤の多い総合商社が舞台。タイトルにつられて、果たしてどんなゆっくりとした日常をあの城山三郎が書いているのだろう、と思ったが、全く違う作品だった。
    主人公の沖が、海外赴任を経て京都支店長となる。そこでどう商社マンとして生きていくか。子どもたちは海外から帰国した影響がぬぐえず、沖としては家族円満こそが求めている人生と感じる一方で、自分がライフワークとしている仕事も気になる。
    そこに定年バンザイの笹上、また、個人的には趣味に生きた住井が気になった。

    今後自分はどういう人生にしていきたいか、あらためて考える必要があるな、と思った。

  • 何が言いたいのか分からん。なんとか読み終えたが、面白くないな。

  • 商社ならではの光と影の部分がよく描かれている1冊。

  • 京都に転勤したいな…

  • これはすごい小説だった。車を運転している時でさえ続きが気になって、信号赤になったら1ページでも読みたい。こんな感覚は久しぶり。私が生まれた頃に書かれた本であり、商社が舞台。壮絶に、命を賭して仕事をしてくれた世代であり、同時に滑稽であり哀れであり。「権利収入で不労生活者」「億単位のダイナミックな仕事人」「趣味を仕事にした人」「永久就職した専業主婦」「大企業の経営層」とすべての典型的な人物が出てきて、どれも幸せの最終形ではない。読書メーターで興味を持ち読んでみて、良かった。

  • サラリーマンの憂鬱。左遷された沖と退職した笹上を対比しながら、何が幸せや生き甲斐につながるのか考えさせられる。結局は雇われの身、人事は業績などより運や人脈に依るところが大きいのであろう。結局は与えられた仕事を実直にこなす他ないと考えます。
    そして家族はやはり土台であり、生き甲斐にできることがとても幸せであると感じる。最近はそうでない人が多い気がするが。

  • 読み終えて震えた。
    仕事を頑張っている全てのサラリーマンに響く1冊。

  • 商社を知れた。面白かった。

全59件中 1 - 10件を表示

城山三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
三島 由紀夫
村上 春樹
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

毎日が日曜日 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

毎日が日曜日 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

毎日が日曜日 (新潮文庫)のKindle版

毎日が日曜日 (新潮文庫)の単行本

ツイートする