硫黄島に死す (新潮文庫)

  • 305人登録
  • 3.41評価
    • (12)
    • (35)
    • (61)
    • (7)
    • (2)
  • 42レビュー
著者 : 城山三郎
  • 新潮社 (1984年7月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101133164

硫黄島に死す (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こういう物語は語り継いでいかないといけないんだろうな。
    死を簡単に選択できる、死は美しい、そんな時代があった。

  • 七篇の短編。「硫黄島に死す」、「基地はるかなり」、「草原の敵」、「青春の記念の土地」、「軍艦旗はためく丘に」は戦争もの。「着陸復航せよ」は自衛隊パイロットの墜落死、「断崖」は特急列車による轢死に無関心な乗客心理がテーマ。

  • 〈硫黄島玉砕〉のニュースが流れた四日後、ロサンゼルス・オリンピック馬術大障碍の優勝者・西中佐は、なお残存者を率いて戦い続けていた。馬術という最も貴族的で欧米的なスポーツを愛した軍人の栄光と、豪胆さゆえの悲劇を鮮烈に描いて文藝春秋読者賞を受賞した表題作。ほかに「基地はるかなり」「軍艦旗はためく丘に」など、著者の戦争体験と深くかかわった作品全7編を収める。

  • H27.2.28~H27.3.23

  • この本は、「硫黄島に死す」など7編が収められているが、読んだのは、「硫黄島に死す」だけ
    この作品が書かれた時期は意外と古く、昭和38年になる。
    著者は昭和2年生まれなので、36歳位に書かれた作品だ。

  • 1932年に開催されたロサンゼルスオリンピック、馬術の部で優勝したことで、華やかな欧米社交界で注目された男爵、西竹一の死への美学を描いた短編小説。

    貴族としての見栄と家族、部下を思う気持ちを隠そうとしなかった西は当時の日本軍人の中では異色の存在だった。そんな西が硫黄島守備隊という玉砕確実の戦線に赴き、堂々と散っていった。スポーツマンであり、常に「勝たなくては」という言葉をかみしめていた西が、絶望的な戦場で死を待つという皮肉。戦争の虚しさを考えさせられる。

    ちなみにイーストウッド監督の映画「硫黄島からの手紙」では伊原剛志がバロン西を演じている。

  • 戦時中の兵隊とそれを取り巻く環境

  • 大きな流れの中では人は流されるしかないのか。その中で、何が出来るのかを模索して精一杯に生きる

  • 戦争をテーマにした歴史小説。同じ戦争小説であっても、島尾敏雄とはまた描き方が異なり淡泊な感じな気がする。

  • 一つ一つは面白いんだが、短編集。硫黄島の話は、一編だけ。短編集って、月刊誌とかの書き下ろしの寄せ集めのせいか、良い感じで肩の力が抜けているんだけど、好みではない。

    城山三郎の随筆みたいなのは、珍しいのかもしれない。

全42件中 1 - 10件を表示

城山三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

硫黄島に死す (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

硫黄島に死す (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

硫黄島に死す (新潮文庫)のKindle版

ツイートする