勇者は語らず (新潮文庫)

  • 75人登録
  • 3.28評価
    • (1)
    • (4)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 城山三郎
  • 新潮社 (2015年5月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101133195

勇者は語らず (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 飛ばし読み。

    城山三郎の作品は、4冊目になる。
    今まで読んだ作品の発表年を見てみると、

    ・総会屋錦城 1959年
    ・硫黄島に死す 1968年
    ・部長の大晩年 1998年 
    ・勇者は語らず 1982年

    また、この作品は、2013年頃、テレビドラマにもなったようだ。

  • 2017.5.22-46
    城山三郎の著書だけに清水一行の系列のような内容を期待したがちょっと期待外れ。最後まで生き残る冬木に全く共感を覚えられず。
    自閉症が間違って認識されているのは時代的に仕方ないものか?

  • 日本の戦後復興を支えた自動車産業に関わる者たちを、メンタル面を主体に描いている。
    仕事面でST訓練やジャスト・イン・タイム制、貿易摩擦を受けた海外進出を主に描いているが、少し物足りない。他にも苦労があったであろう、もう少し他のエピソードも挿入してほしいと感じた。
    それに引き換え、家庭面では嫁の病死や息子の事故死、娘の病気など多くの苦難が描かれ過ぎ、作品全体として中途半端な印象を持った。
    実話に基づくものではあろうけれど。

  • やはり家族描写は秀逸。厳しく育てた子供が優しい青年に成長したり、手の掛かる子供が幸せを運んできたり、子供を突然亡くしたり。脈絡ないかのように書かれる中小企業社長の若き日の恋や不思議な結婚、いい年になってからの研修のドタバタ、人生観の変化、、と思えばまた下請けの悩ましい日常にどっぷり話は戻るこのリアルさ。自動車業界のことが細かく丁寧に描かれる。

  • 下請は辛い。絞るだ絞り、乾いたタオルもなお、絞れば水が出る。湿度があるから。

  • 昭和50年代、日本車のアメリカへの輸出が増大して貿易摩擦が問題となった時代の自動車産業に関わる主人公2人をめぐる経済小説。大手自動車会社の管理職冬木と、その下請け中小企業の経営者山岡。山岡の人物像の描写として、「自分が会社にいない間、会社がどうなるか心配で仕方ない」、「自分は会社の誰よりも会社のことを愛している。しかし自分が仕事に没頭して頑張れば頑張るほど、社員が成長する機会を奪っているのではないかと悩む」など、私はこの山岡という人物に非常に共感を覚えました。半沢直樹みたいなスーパー社員は登場しません。でも等身大の登場人物に共感できる人は多いのではないかと思います。こんな人たちが日本の経済発展を支えて来たのだなと改めて実感させられます。

  • 城山三郎、面白い。サラリーマンのうちに読んでおきたい。
    戦後自動車メーカーや下請けの、外圧に対して沈黙を続けながらも生き抜く
    姿を描く。
    思い通りには生きていけない悲哀。
    センシティビティトレーニングで、生き方を見直す。何をしたいのか。とらわれない心。これでなんとか様々な不測の事態に耐えられるように。

  • 09019

全8件中 1 - 8件を表示

城山三郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

勇者は語らず (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

勇者は語らず (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

勇者は語らず (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする