そうか、もう君はいないのか (新潮文庫)

  • 1095人登録
  • 4.04評価
    • (125)
    • (173)
    • (79)
    • (10)
    • (4)
  • 178レビュー
著者 : 城山三郎
  • 新潮社 (2010年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101133348

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

そうか、もう君はいないのか (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 冒頭の「シェー」のエピソードで、もうグッと心を捕まれた。苦笑いしながらもいとおしさを隠しきれない著者の気持ちが手に取るようにわかる。数ある中でも理想に近い夫婦の形。こういう女性に男は弱い。

  • 祖母は、祖父が死んだ後、今までより本を読むようになり、私は訪問するたびに自分の本棚から何冊か選んで持っていく。迷ったけれど、この本も貸した。

    すごく気に入ってくれて、何回も何回も読み返したと教えてくれた。こんなに愛された容子さんは幸せだね、素敵な話だねと言った。

    私は、祖母のいろんなこと、例えば結婚で大好きな仕事をやめねばならなかったこと、祖父とはお見合いだったこと、祖父の両親とのこと、結婚後のあれこれ、を知っていたのに、それをそういう時代だったからねと言うのを聞いていたのに、祖父はもう死んでしまったのに、この本を貸した。
    同世代でも違う生き方、愛し方を選んだ人たちの存在を教えてしまった。

    それが良かったのか悪かったのかはわからない。
    けれど、祖母が本当に何度も、城山さんも容子さんも、あんな時代に見つけた愛をまっとうできて、幸せだったろうね、すごく幸せだったろうねというのを聞いて、泣いた。

  • 愛を知らない若者が読むものではない。感動出来る内容ではあると思うけど、涙はでなかった。変な邪推がはたらいてしまう。
    巻末の娘の書いた文章が良かった。

  • 妻を長く連れ添い、思いの丈が綴られることに、人間としての幸せとは固定的ではなく、その瞬間の透明な記憶が重ね合わされ、集積していった結果として徐に現れるものなのではないかと感じる。

  • こんな夫婦になれたら幸せで、残された方は想像できないくらい辛いだろうな。


    題名に惹かれて買った本。
    なので、城山さんの作品を一つも読んだことないので、
    どんな作風なのかわからないが、
    奥さんを『妖精』と言ってしまうなんて、と冒頭からなんてのろけかと
    思い、素敵な人だなぁと思った。
    この本を通してでしか、奥さんのことはしらないが、
    それでもとても愉快で天真爛漫で、確かに妖精のような人だったんだろうなぁ。

    中に載っている『妻』という詩を読んで
    最後の3行にぐっときてしまった。
    そばにいるのが当たり前の存在で、
    とてもかけがえのない存在。

    そんな人がいなくなったらどれほど辛いのだろうかと。

    読了後、

    そうか、もう君はいないのか

    という言葉がえぐられる様に胸に突き刺さった。

  • 城山三郎氏の恋愛にあこがれを抱くとは思わなんだ。
    あとがきにもあったように、作品読むだけでは全く予想もしないような妻煩悩ぶりである。
    普通のことのように書いているけど、2人とも幸せな晩年・死に方をしている。
    なによりタイトルが輝いている。

  • 「五十億の中で ただ一人『おい』と呼べるおまえ」

    天真爛漫。末尾の解説で児玉清がその言葉で表現しているが、まさにぴったりの言葉だ。
    城山三郎の妻はとても愛らしい。その妻を心から愛する城山。一遍の夫婦愛物語である。
    情景描写も上手く、自分に同化できるので、妻を亡くしたことを想像すると涙が止まらない。
    死後に発見された原稿を編集者がまとめたというが、かなりの腕前であると思う。

  • 胸の詰まるようにさみしくて、恐ろしくなるような気持ち。それがたとえ最後の最後、幸福と帳尻があったとしても。

  • 昔、亡くなった父の書棚にあった本。
    なんとなくタイトルを覚えていました。
    その時には読んでいなかったのですが、書店で見つけて
    気になって手に取りました。
    父や母のことを思い浮かべて読むのではなく
    自分と妻のことを考えて読む年齢になってしまったようです。
    いろんな家庭・夫婦があると思うのですが、私にとっても
    妻は非常に大事な人です。相手がおもっているよりは。
    身につまされるというか。現実味を帯びて考えると
    胸が痛い内容です。

  • 高度成長期の企業小説で名をはせた城山三郎だが、その絶筆は7年前に癌で先立たれた妻を恋う私的な随筆だった。連れ添った妻が不意にいなくなり、ぽっかりと心に穴が開いてしまった彼の想いは、筆を通すことで透明に純化して、この作品に結晶している。

  • 作家・城山三郎が書き綴った、妻(容子さん)との出会いから別れまでの結婚生活。そして、妻を亡くした城山三郎の7年間を、次女の井上紀子さんが書き綴る。

    長年連れ添っていれば、必ず別れの日はやってくる。相方に先に逝かれる恐怖は、夫婦にとって避けては通れない課題である。しかし、悲観的になる必要はない。今ある時間を大切に生きていくしかないのだ。

    城山三郎と容子さんの愛、家族の絆に涙がこぼれた。

  • タイトルがとても寂しい。夫が綴った妻の手記。特に次女の書いた、「父が遺してくれたもの」には涙が出た。 杉浦さんの人柄 (自分が苦しいのに人への気遣いは忘れない)や家族の想い合う気持ちに感動した。

  • 作家の城山さんが、亡くなった奥さまとのことを出会いから振り返った作品。遺稿として発見されたもの。

    こんなに素敵な夫婦がいるのかというのが、一番の感想。城山さんの作品は2作品読んだことあるけど、あまりピンとこなかった。でも、これを読んで私生活が充実して、とても幸運な人生を送られた方だと思った。

    胸に迫るのが、後についた20ページほどの娘さんが書かれた奥さま亡き後の城山さんの様子。
    娘に看取られるのではなく、年老いた城山さんを付き添い看護に希望した奥さま。死後に、看取れてよかったとつぶやく城山さん。世界に2人とは、こんな愛情のことを云うのかと思った。

    明治時代の若者の風紀を見張る日本の体制にも驚いた。

  • なんの衒いもなく、妻への
    思いが綴られていることに
    ただただビックリ。

    昭和一ケタ世代、
    中には、心には思っていたかも
    しれないけど、人にはあんまり言わない
    妻へのほとばしる愛情を
    全開で。

    娘さんの文章も含めて
    どこまでも羨ましい家族のカタチ。

  • こんな夫婦にわたしもなりたい

  • 城山三郎さんと奥さま ご夫婦のお話
    夫婦の絆、世の夫という立場の方はこれを読んでどう感じられるのだろうか。

    空気のように、近くにいるのが当たり前、
    普段感じていない存在を、もう一度見つめ直すきっかけになるかも。

    あとがきの娘さんの文章心に響きました。
    娘としての立場も改めて見つめないと。
    母との接点をもっと持つべきですね。


    美容院で読みましたが、涙出そうになるのを堪えるのに困りました。(笑)

  • お嬢さんの「あとがき」で涙腺決壊。
    未完の作品だったことは初めて知りました。
    もし私が結婚できたら、旦那さんにも読んで欲しい。

  • 【167冊目】読みながら涙がこみ上げてきた。夫婦の出会いから奥様が亡くなるまでの物語を、短いページ数で、素敵な表現とエピソードの挿入で描き上げる。何気ない表現から、奥様への愛情と、その方をなくしてしまったことの寂しさが伝わってくる。城山氏が肩を落として原稿用紙に向かっている情景が思い浮かぶ。この原稿を書いている間、氏は何度筆を止めたのだろうか。涙で原稿が見えなくなったこともあったに違いない。書くことに意味を見いだせなくなったこともあっただろう。エピローグで、城山氏が亡くなられたことを次女の方が御自身の視点で振り返っておられるのも印象深い。この本の原稿はバラバラだった氏の原稿を編集の方がつなぎあわせた物だとのこと。やっぱり体系的に、時系列に沿って書けるような精神状態ではなかったよう。そう、この本の最大の魅力は、原稿の向こう側に見える「妻に先立たれて落ち込んでいる日本の一流社会派小説家」の姿なのです。

  • 城山氏の夫人が亡くなり、氏が妻への思いを綴った手記。

    夫人に対する深い愛情が伝わってくる、ひしひしと。

    とても素敵なラブレターだと思う。

  • 亡き奥様への包み隠さない愛情を書き留めてあり、本当に好きだったんだなぁと伝わってきてなんども涙がでてきた。

  • 城山さんと奥さんの馴れ初めから晩年まで。思いに溢れた優しい文章で綴られている。ユーモアに溢れる奥様できっと素敵なご夫婦だったのだろうなと想像される。最後まで書けなかったのは奥様の願いであり、城山氏のどこかで認めたくなかったのかと想像してみる。「静かに行く者は健やかに行く。健やかに行く者は遠くまで行く」タイトルが全てを語っていて。連れ添いに旅立たれた自分の父の姿が重なり、涙なしでは読めなかった。そういや父の書棚にもこの本があった。何を思って手に取ったのやら。

  • 城山三郎氏の大変プライベートな内容ながら、結婚した方に共通する、パートナーとの死別と悲しみという大きなテーマ。必ず訪れる将来だけれども、心の準備なんかできないよなあ。

  • 切なくて泣けた…。そして、こんな夫婦でありたい。

  • 母に借りて読了。
    不勉強ながらこの作家さんを存じ上げないのでイマイチ凄さがわからないんだけど、でも、奥様への愛、奥様の愛はすごく伝わってきた。
    素晴らしい夫婦だと思う。

  • 城山三郎の家族描写が好きなので読んだ。。。。普通じゃん!文豪の妻は買い物好きで超凡人だった。でも作家として芽がでるまでの大らかさはさすが。城山三郎のロマンティックぶりが素晴らしい。こんな夫、最高。でも新婚の話とか本に書くのやめてほしい。

全178件中 1 - 25件を表示

そうか、もう君はいないのか (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

そうか、もう君はいないのか (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

そうか、もう君はいないのか (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

そうか、もう君はいないのか (新潮文庫)の作品紹介

彼女はもういないのかと、ときおり不思議な気分に襲われる-。気骨ある男たちを主人公に、数多くの経済小説、歴史小説を生みだしてきた作家が、最後に書き綴っていたのは亡き妻とのふかい絆の記録だった。終戦から間もない若き日の出会い、大学講師をしながら作家を志す夫とそれを見守る妻がともに家庭を築く日々、そして病いによる別れ…。没後に発見された感動、感涙の手記。

そうか、もう君はいないのか (新潮文庫)のKindle版

そうか、もう君はいないのか (新潮文庫)のハードカバー

ツイートする