文豪ナビ 山本周五郎 (新潮文庫)

  • 96人登録
  • 3.45評価
    • (5)
    • (4)
    • (22)
    • (0)
    • (0)
  • 11レビュー
制作 : 新潮文庫 
  • 新潮社 (2004年12月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101134000

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
山本 周五郎
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

文豪ナビ 山本周五郎 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 山本周五郎の小説は、10代の頃、さぶなど読んでいた。さぶは今だに当時感動した事を覚えている。このナビでは、山本周五郎の小説の読み方を山本ファンが書き下ろしていて、面白い。次は、山本周五郎の扉を開けてみたい。

  • 山本周五郎の作品の登場人物たちは、皆人情味にあふれてる。直木賞を辞退した唯一の作家だそうです。201412

  • 捻くれもんだということはよくわかりました。捻くれてたのは信念であり、自己防衛の方策だったのかもしれないとも思った。

  •  山本周五郎はまだ短編しか読んだことがありません。「さぶ」は一ページ目から泣けるらしいので、まだ読まないでとって置きます。

  • 評伝、作品の要約。結構好き嫌いのあった人のようだ。12.12.8

  • 大学の図書館の廃棄で山本周五郎が沢山残っていたので、ごっそり貰ってきた。
    女子大での人気はイマイチなよう。

    歴史小説の類の知識が皆無であったが、とても分かりやすく、勉強になった。
    山本周五郎は、歴史小説だけではなく、色んなものを書いているのね。
    吉川英治や松本清張と同様の、小卒のたたき上げ作家か。
    エリートとは違う、人情味あふれる名作がありそうだ。
    『さぶ』から読んでみようと思う。

  • 涙は明日を生きる力だ。人なきすればぐっすり眠れる。翌朝には社会生活に立ち向かう気力が溢れていることになろう。
    人間の一生には晴れた日も嵐の日もあります。どんなに苦しい悲惨な状態もそのまま永久に続くということはありません。
    人間は誰でも一生に一度は花咲く時期を持つ。
    人間生きているうちは終わりということはないんだな。
    山本は学歴はない。権力が嫌い。でも学問の権威に噛み付くこともない。人生という学校で勉強したたたき上げの作家。

  • 山本周五郎の作品紹介・解説。周五郎の性格を浮き彫りにするエピソードなども載っていて、興味深い。頑固でへそ曲がり、「曲軒」とあだ名され、自身も気に入っていたふしがあるという話だが、実に素直な性格の持ち主だったのではないかと思う。どの作品にも、素直さ、純粋さというか、純情な性質が見て取れる。だから、周五郎の作品は泣けるのだ。

  • まさしくナビ!「さぶ」で感動したことをきっかけに周五郎作品をむさぼるように読んだ,その時に大いに参考にさせてもらった。

  • 山本周五郎さんってほとんど知らなかったです。でもとってもおもしろそうな作品がいくつかあって、是が非でも読んでみたいと思います。

    『赤ひげ診療譚』や『柳橋物語』、『さぶ』など、読みたいものだらけで、何から読み始めるか悩んでしまいますね(笑)

  • このシリーズ、勇んで全部買ったわりに、まだこの一冊しか読んでない。
    なんでかって、これ読むと、まず山本周五郎作品を読みたくなるのだもの。
    ナビとして、なるほど悪くないです。

全11件中 1 - 11件を表示

文豪ナビ 山本周五郎 (新潮文庫)に関連するまとめ

文豪ナビ 山本周五郎 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文豪ナビ 山本周五郎 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文豪ナビ 山本周五郎 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文豪ナビ 山本周五郎 (新潮文庫)の作品紹介

直木賞に推されて、これを蹴ってしまった無冠の実力派は、"曲軒"とあだ名された頑固なへそまがり。筆は多彩で、歴史時代小説だけでなく、警察小説もあれば医事小説もある。書かれるのは、懸命に生きる普通の人びと。舞台は様々なれど、人生の喜怒哀楽がたっぷり詰まっています。

文豪ナビ 山本周五郎 (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする