小説日本婦道記 (新潮文庫)

  • 479人登録
  • 3.92評価
    • (67)
    • (62)
    • (61)
    • (11)
    • (0)
  • 58レビュー
著者 : 山本周五郎
  • 新潮社 (1958年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101134086

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山本 周五郎
山本 周五郎
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

小説日本婦道記 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 時代小説好きの友人がお勧めしてくれた作家、山本周五郎。司馬遼太郎、藤沢周平は好きだけれどどちらかといえば「坂の上の雲」のような近代を舞台にしたものが好みなのでなんとなく読む機会が無かった。けれど、これほど読んでよかったと思った本は最近ないかもしれない。短編集だが、どの作品にも自分を見失わず凛と生きる美しい女性が描かれている。「女性はこうあるべき」という押し付けがましい本なのかとタイトルから早合点していた自分がちょっと恥ずかしい。日本語を母国語としてこの小説を堪能できる幸せに感謝。

  • 武家の中で家や夫、子を守り支えることに生きた女性たちを描いた、11編からなる連作短篇集。作者はこの中で、長年連れ添った夫さえも気付かないところにあらわれる日本女性の美しさを描こうとしたという。
    外から見れば不遇で貧しい武家に嫁いだ女たちが、立派に家を守り立てる。一見家に帰属し縛られているようでありながら、彼女たちの強い意思の中には“自立”が感じられ、作者の女性に対する敬意に溢れている。中でも、妻だけではなく夫までもが清々しい生き方をしている「風鈴」がいい。

  • いくつ本を整理してもこれだけは絶対に捨てたくない小説の一つ。

  • 高校の先生に推薦されて高校時代に初めて読んでみた本なのですが、その時はさしたる感想もなかったのですが、大人になって読んでみて、すごく感動することに気がついた。感性が変わってきてるんですかね?

    現代では考えられないようなところもあるのですが、女性のひたむきさに感動します。

    個人的には特に「不断草」が好きです。

  •  先日、山本 周五郎 氏による「小説日本婦道記」を読み終えました。
     会社の同僚の方のお勧めでお借りして読んでみました。こういう形で手に取る本は、通常の私の視野の外になるものなので、楽しみも増しますね。
     1958年出版の本ですが、タイトルの「婦道」という言葉は新鮮です。
     実を言えば、山本周五郎氏の作品を読むのはこれが初めてでした。もちろん、有名な時代物の作家であることは知っていましたが、この作品は確かに面白いですね。
     今更ながらではありますが、いろいろな意味でとても新鮮なインパクトがありました。

  • 千石どりの武家としての体面を保つために自分は極端につましい生活を送っていたやす女。彼女の死によって初めて明らかになるその生活を描いた『松の花』をはじめ『梅咲きぬ』『尾花川』など11編を収める連作短編集。厳しい武家の定めの中で、夫のため、子のために生き抜いた日本の妻や母の、清々しいまでの強靱さと、凜然たる美しさ、哀しさがあふれる感動的な作品である。

    良作。
    松の花、墨丸、心に残る。

  • 武家の時代に生きた女性を描いた短編集。文庫本の裏表紙には連作集とあるが、すべて独立しており個々の話の繋がりはない。

    内容的にはいつもの周五郎節で、弱者にむけた温かい眼差しが心地良い。個人的には「墨丸」が一押しだが、11編全てに味わいがあるので老若男女関係なく楽しめるだろう。

    いつの時代も女性は強い。凛とした美しさ、とはこういうことを指すのだなあとしみじみ思った。

  • 周五郎の考えた最強の大和撫子。
    先生きびしいな。

  • 烈女伝の短編集。一所懸命の見本集でもある。共感はできず。

  • 女の古き良きあるべきなお話。
    うーん。。。響かない。

  • 山本周五郎の書に「小説 日本婦道記」があります。
    その中に「風鈴」という作品があります。
    物語はこうです。

    主人公・弥生は夫、三右衛門と一人の男の子の三人で
    つつましやかに暮らしております。
    わずか十五石の下級武士である。
    一片の塩魚を買うにも、財布と相談しなければならない。

    そんなある日、良家に嫁いだ二人の妹が
    実家である姉・弥生の家を訪れる。
    相変わらず質素な生活を送っている姉に、
    「お姉さまこんなにして一生を終っていいのでしょうか、
    いつまでもはてしのない縫い張りお炊事や、煩わしい家事に追われとおして、
    これで生き甲斐があるのでしょうか」
    二人の妹は母が早死にしたため、彼女の手一つで、
    厳しい生活の中、彼女のやりくりよって育てられたのです。

    妹たちの言葉によって、彼女はあらためて、これまでの生活を振り返ります。
    「冷える朝の厨(くりや)で水を使いながら、
    またひょうひょうと風の渡る夜半、
    凍える指さきを暖め暖め縫い物をしながら、
    弥生は再び生き甲斐ということを思いはじめた。」
    彼女はもんもんとします。これまでの辛苦は何だったのだろうと。

    養子である夫はあまり口をきかないけど、温厚な人である。
    彼は農民とじかに接し、その年の年貢の割合を決める部署にいました。
    でも、役どころでいえばかなり低い立場にあった。
    従って、生活は相変わらず厳しい。
    こうした実情をみかねて、妹たちはそれぞれの夫をとおして、
    もっと役替えをすすめたが、彼はかたくなに固辞します。

    ある日、上役が彼の家を訪ねてくる。
    二人はよい碁仇がたきでした。
    やがて碁も終わりました。そして、案の定、役替えの話となった。
    彼女は耳をそばだてます。
    彼は言う、「役所の仕事というものは、
    どこに限らずたやすく練達できるものではありません。
    …だれか私に代わるべき人物がございましょうか」
    「いや、それはいない」と上司。
    「その人たち(義弟)には私が栄えない役を勤め、
    いつでも貧寒でいることが気のどくにみえるのです。
    …身ぎれいに気ままに暮らすことが、
    粗衣粗食で休むひまなく働くより意義があるように考えやすい。
    …(たとえ出世しても、さらに上をと)人間の欲望には限度がありません。
    …大切なのは身分の上下や貧富の差ではない。
    人間と生まれきて、生きたことが自分にとってむだではなかった。
    世の中のためにも少しは役だち、意義があった、
    そう自覚して死ぬことができるかどうかが問題だと思います。」

    彼女は夫の言葉によって、これまでの迷いが霧散しました。
    「縫い張りや炊事や、良人に仕え子を育てる煩瑣な家事を
    するかしないかが問題ではない、
    肝心なのはその事の一つ一つが役だつものであるかどうかだ。
    …少なくとも良人や子供にとってかけがいのない者ならなくては」

    周五郎は「男は外で仕事、女は家事」といった
    古い固定観念で書いているのではありません。
    それはこの小説全体を読んでいただければわかるのではないでしょうか。
    この「小説 日本婦道記」は女性讃歌だと思います。
    むしろ、私たち男性が読むべき本かもしれません。

    尚、この作品は直木賞に推されましたが、彼は固辞しました。
    直木賞の辞退者は後にも先にも彼だけです。
    そして、文学賞と名のつく賞はすべて固辞しています。

  • 現代にはない夫婦や生活のあり方なのに、スラスラと読め心打たれました。松の花、梅咲きぬ、糸車、風鈴、墨丸が好きです。最後の二十三年は終わり方が…でもこれも一味違ってていいです。特に風鈴は、良い言葉があり、声に出して読みじっくり味わいました。

  • この人生観、今の女性には案外受けるのかも。

    私の周りにはいないけど女性として、こうあって欲しいという人間が描かれている。また、男も、しんが一本通っていて、こういう男がいたから、明治維新も成功したのだし、近代日本の発展もあったのだなと痛感した。

    人の気持ちを思いやる大切さを作者は強調したいのでは。

    いずれにしても読後感は満ち足りていて、また周五郎の世界に浸りたいと思った。

  • 女性の想い、強さ、弱さ、儚さ、信念など、たくさんの事を感じとることができた。

  • 時代に合わない考え方もありますが、
    周五郎さんの本は本当に大好きです。
    特にこの本を読むと、反省しまくりです。
    女性はやはり、全体を見渡す能力に欠けるのかも。
    だからこそ女性はこの本を読むといいかも。

  • 女性は一読すべきと思います。
    現代では難しいかもしれないけど、日本女性として産まれたなら忘れちゃいけないし、こうありたいと感じさせられる本。

    古臭い、と敬遠する方もいるかもしれませんが私はこの世界観が好きです。

  • 結果的に唯一の直木賞辞退作である同作を再読、全く覚えていなかった。
    やけにひらがなが多い文章で少々鬱陶しいが、整然とした文体で現代の作家にはあまり見られない品の良さがある。
    とは言いつつ少しばかり内容に浸り切れない感あり、これは書かれた時代のせいかもしれない。ただ最後の『二十三年』は秀逸、これで★を一つ上げた。

  • 年齢を経て読むほどに味わい深い。生き方を教えられるところ多し。でも反発する人も多そうだ。しかしこの生き方を自分で選び、そこに満ちて生きていければ、それこそが誇り高い生き方だと思うよ

  • 第17回直木賞に推されるが辞退した50年以上前の作品。

    武家の定めの中で、夫・子・主人のために生き、ひたむきな心と清々しいまでの強靱さと美しさを持った女性の姿を描いた短編作品群。

    無駄や主題からはずれた描写ができない30ページ程度の短編で、ひとつの物語を完結させ感動させる手法は、あらためて他に類を見ない見事さ。

    本人は直木賞やいろいろな文学賞を辞退していて、「山本周五郎賞」がひとつの大きな評価になっているのも矛盾だが、山本周五郎自体が望んでいたかどうかは。

  • 友達の薦めで手に取ってみた。
    短編集。

    先日、
    『静として揺るがず、正しく清くしとやかに
    凛として美しく、明るく強くすこやかに
    これがまことの、女子力だって明治生まれの曾祖母が言ってた』
    という書き込みをネットで見かけたのだが
    ”女子力”という言葉がむやみやたらにおかしな意味合いで
    もてはやされている昨今、こうした本当の意味での女子力を
    日本の女性として考える必要があるのではと思う。

    嫁と姑の関係となると、ちょっと個人的には
    心穏やかに読めない部分もあったし
    これはやり過ぎなのではと思うエピソードもなきにしもあらずだったが
    武士やその家を守る妻としての役目、母としての役目
    なにが正しく模範とされるのか
    ということが、心現れるエピソードで描かれる。

    夫にもわからないほど質素に生き、皆に慕われる妻や
    義理の父と弟を思い、実の親を捨てて戻ってくる娘のエピソードが
    個人的には好きだった。

  • 正直価値観は古臭いというか、わかってるよと言いたくなる様な説教くさい感じではあるんだけどひしひしと伝わるものがある、女の生きる道を描いた短編集。

    やっぱり小説は何を書くかよりも如何に書くかが大切だと改めて感じた作品でした。

  • うちの母親が高校生自分に読んで,それから何度も何度も繰り返し読んでいた本なんだな.それについては知っていたのだけれども,なかなか読む気にななれなかった.私は男性だし.婦道記って.
    世の男性諸君よ,これを読み給え.これは馬鹿が読むと「女性は家と夫を慎ましく支えていくものなんだ」という結論に至るけれども,実際周五郎が書きたかったものはそのもっと奥深くにあるはずなんだ.
    周五郎とのつきあいは長い.中学の時,友人のモーリーに「さぶ」を借りてビックリした記憶がある.名作だよあれは.周五郎を所詮大衆小説なんて言って小馬鹿にするようなやつの眼は節穴だね.そんなやつは眼を噛んで死んだ方がいいかもね.で,高校入学時におじさんが祝いといって周五郎の全集をくれたんだな.あれはありがたかった.
    周五郎の小説は人間の心を育てるよ.

  • 頭の天辺から指の先まで神経が通っているような、完璧な世界感。武家女性たちが生み出す張り詰めた空気と凛然さが、行間からひしひしと。古代日本女性は美しいです。が、今の私には眩しすぎて。。こんなに強くなれないよ。。緩みきって、漫然と日々を過ごしていると、緊張感でバリアされた作品世界に、入りこむこともできないのです。遠くから傍観、眺めるばかり。完全に読み手側の問題。我が身の未熟さを痛感し、縮こまった一冊。肩身が狭くなったけど、背筋は伸びた。文壇の重鎮の作品はやっぱり奥が深いです。婦道っていうからお説教されるかと思いきや、山本周五郎の女性への深い敬愛を感じたよ。もう少し共感できるような強さをもてたら再読してみたいかも。

  • 形や言葉じゃなく、信条と本物の愛で亭主と家督を支える、武家の妻・日本の女の姿。
    自分を振り返ってみるには時代が違いすぎるけれど、この国の女と生まれたからには、心根として持っていたい。
    せめて知っていたい、そんな潔さ。
    シュッて背筋が伸びちゃうような、そんな短編集。
    大好きな一冊。

全58件中 1 - 25件を表示

小説日本婦道記 (新潮文庫)に関連する談話室の質問

小説日本婦道記 (新潮文庫)に関連するまとめ

小説日本婦道記 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

小説日本婦道記 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

小説日本婦道記 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする