さぶ (新潮文庫)

  • 1439人登録
  • 3.93評価
    • (226)
    • (184)
    • (229)
    • (13)
    • (6)
  • 198レビュー
著者 : 山本周五郎
  • 新潮社 (1965年12月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101134109

さぶ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新聞の記事で、誰だろ・・・?(作者わかったらメモします)薦めていて、読む

    タイトルを「さぶ」にするところが、著者の優しさなのだろう。

    不器用でも生きること、人間味あふれる人柄が、相手の心を揺さぶる。

    なんでも上手くたちまわることより、何倍も周囲をひきつけるとかんじた。

  • 職人としての技量、人柄、男っぷりなど、“もってる男”栄二と、それに比べたら“もってない”が愚直なまでの真摯さを示す、さぶ。
    彼らを取り巻く強いおのぶと、大ドンデンをしでかすミステリアスな女性、おすえ。
    寄場という絶妙な場面設定もあり、「人間とは何か?」を深く、楽しく、考えさせられる。

  • 大好きな本です
    終わり方がまたいい。
    最後、栄二のさぶに対する心情が描かれる事によって、さぶの眩しい程の純粋さがより一層引き立っている。おのぶの言葉は、作者がおのぶの口を借りて伝えたい事なのかな、って。そのくらいメッセージ性が強く、いつまでも心に残る。おすえは・・同じ女として学びたい部分もなきにしもあらず(苦笑)

  • 「さぶのような人になりたい」とは本を貸してくれた彼女の評。

    読んでみると、タイトルは「さぶ」なのに、主役の名は栄二。
    読み終わると、あくまで栄二のサポート役に徹するさぶこそが本作の隠れた
    主役であって、タイトルはさぶ個人というよりも、「さぶ」という言葉で形容
    される大勢の人々を指していることが分かる。

    さぶの献身はけして無償のものではなく、栄二との間に築かれた、認め
    認められ、頼り頼られという関係に由来するものだと思う。
    寄場でのエピソードも興味深く、皆が皆器用に生きていけるわけじゃない
    と教えられた気がする。

  • 栄二は細身の瘦せ型、男前で頭も切れるカリスマ性のある男。対してさぶはゆったりした体型で、善良さと臆病さが前面に出る男。そんな2人は何故か普通とは違う固い絆で結ばれている。

    タイプの異なる人間同士が惹かれ合うというのはよく聞いたり読んだりするが、現実にはなかなかないように思える。それはやはり、自分と似たような人間と共にいた方が楽であり、違いを認めて相手の長所と短所、自分の長所と短所を考え、相互に歩み寄ることの難しさを表しているようにも思える。

    一見ぐずでトンマでなかなか難しい仕事もさせてもらえないさぶは、仲間からは馬鹿にされる。しかし、栄二はそんなさぶの長所をしっかりと見抜いていた。「おめえはみんなからぐずと云われ、ぬけてるなどとも云われながら、辛抱強く、黙って、石についた苔みてえに、しっかりと自分の仕事にとりついてきた、おらあその姿を見るたびに、心の中で自分に云い聞かせたもんだ、_____これが本当の職人根性ってもんだ、ってな」

    人間の、本当の価値を見抜く力を栄二は持っていた。それが彼のカリスマたる所以だろう。しかし、彼1人だったらおそらくこのあとやってくる困難に立ち向かえただろうか。

    栄二はその後無実の罪で人足寄り合いに入ることになる。そのときの彼は怒りに燃え、ひたすら復讐のことのみを考えていた。しかし、寄り合いで出来た仲間との絆やさぶが足繁く通って来たこともあり、次第に心を開いていく。

    さぶという人間が現実にいるならば、歴史にも名を残さず、多くの人の賞賛も得ることなく、数多いその他の人々ととして生涯を終えるのであろう。現実でとても多くの人がそうであるように。

    ただ、どんなに馬鹿にされようと自分の出来ることを誠実に行い、友と誠実に向き合うその姿勢は一人の人間としての尊厳を保ち、まさしく彼自身が人生の主人公であることを証明しているのだ。

  • 人間の心の動き、人との関わり、無実の罪という試練から友情から成長してく過程は実に面白い

  •  パン切れひとつ盗んだ罪で何十年もの牢獄生活を送ったジャン・ヴァルジャンの姿と、金襴の切れを盗んだとあらぬ疑いをかけられ、半殺しの目に遭わされ、人足寄場に送り込まれた栄二が重なる。

      『レ・ミゼラブル』が長すぎて、現代の忙しい人が読むには要らないと思われる部分が多いのに比べて、『さぶ』はおいしいところだけ読むことができる分、こちらの方がいいかもしれない。

     さぶというのは、愛称だ。ほんとうの名前は、三郎という。しかし、それは後半でたった一度でてくるだけだ。あとは、全部、「さぶ」だ。どうして、三郎ではなく、「さぶ」なのか。それは栄二にとって、「さぶ」は三郎なんていう堅くるしい呼び方で呼ぶ人ではなく、もう「さぶ」でしかないからだと思う。
     さぶというのは、英語の sub という意味もあるのではないか。subというのは、①補欠②「補助的」、「次位の」などの意味をあらわす。つまり、mainに対するsubという意味だ。mainというのは、もちろん栄二だろう。
     さぶは日陰者だ。何をやってもトロくて皆から馬鹿にされている、さぶ。
     一方で、栄二は何をやっても上手で、かっこいい。女の子にもモテモテだ。けれども、栄二には さぶ が必要だ。彼は栄二の親友といっていい存在だし、栄二はさぶがいないと、やっていけない。小説は栄二の視点で描かれているが、タイトルが さぶ であるのは象徴的だ。

     ラストのどんでん返しが気にくわないという感想が、少々ある。

     つまり、金襴の切れをいれたのが、誰か、という犯人捜しの結末である。

     しかし、これは、栄二の愛を得たいと考えたおんなごころである、ということで、いいと思うのだが。私には、むしろ、そのあとの、すべてを知ったうえで抱き合うふたりの姿の方に感動を覚えた。

     この作品は、時代小説といえないのではないか、と思う。小難しくなく、すっと読める。江戸時代という設定を、全然感じさせない。下手な時代小説を読むと、セリフからして、小難しい言い回しを使っているものがありますが、これは全然、今の人の喋り方です。現実は、そうだったんじゃないかなあ、とも思います。読み書きだって、すんなりできない人もいたのに、そんなに小難しい喋り方はできないと思うし。

     素晴らしい作品。

    * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
     
    にゃんくの本『果てしなく暗い闇と黄金にかがやく満月の物語』より
    (あらすじ)

     七歳になるリーベリの元に、或る日、継母のケイとその娘ミミがやって来ます。継母に虐められ、リーベリは学校にも通えず、幼い頃から働かされ、友達すらいなくなります。
     リーベリの心の拠り所は、亡くなったママ・ジュリアが遺してくれた魔法の教科書だけ。リーベリは毎日魔法の勉強をし、早く大人になり自由な生活を送れる日が来ることを夢見る毎日です。
     成長したリーベリの唯一の仲間はぬいぐるみやカラスだけです。
     或る日、そんなリーベリは、海岸にひとり男が倒れているのを見つけますが……。


    ↓ここから本を試し読みできます

    http://p.booklog.jp/users/nyanku

  • なるほど、これが山本周五郎なのかと思った。
    素晴らしい。
    物事を説明する際の、言葉の量が非常に適量

  • 表具屋で見習いとして働く、さぶと栄二。
    大所帯の農家の生まれでグズでのろま、見た目もよろしくないさぶと、
    天涯孤独の身で、目端がきき、仕事ができる男前な栄二。
    気性も何も対照的な二人の男の生き様と心のふれあいを描いた話。

    栄二はその才気が災いして、人に陥れられる。
    盗みの嫌疑をかけられ、その後ひと悶着があり、とうとう牢屋に入る事に。
    そして、さぶはそんな栄二の元を日をあけず訪れ、差し入れをしたり、何くれとなく心を砕く。

    この話、意外だったのはタイトルになっている、さぶが主人公でなく、栄二目線で描かれているということ。
    読んでいて、栄二は潔癖な男性だと思った。
    男の身でありながら、一時自棄になった時、素性の分からぬ幾人もの女と関係をもった事を悔いて、自分の身が汚れたと感じている。
    自分に潔癖だということは、人にもそれを知らずに要求するという事にもつながる。

    仕事ができるが、身寄りがなく後ろ盾のない栄二が罠にかけられる様を見て、世の中の心が弱く意地悪なヤツは自分より弱い立場の人間を見つけるのがホントに上手い、と思った。
    栄二はその事で人が信じられなくなり、一時は自棄になる。
    怒りと憎しみ、自分を陥れ、ひどい目に合わせた人間に対する復讐心で一杯になる。
    そんな栄二はひねた目で世間を見て、容易にさぶや他の人々にも心を許さない。

    一方、さぶも順風満帆な人生を送っている訳でなく、栄二に会いに行っている事が雇われている表具屋にバレて解雇されたり、病気になり実家に帰るもひどい扱いを受ける。
    でも、さぶは栄二と違い、自分をそういう目に合わせた人間を憎まない。
    そして、自分の誠意を受けとめない栄二に何年も足しげく会いに行く。

    そんな様子に心動かされない人間がいたらホントのバカだと思う。
    ましてや、栄二にはさぶだけでなく、彼のことを心配してくれる人が他にもいる。
    栄二もさぶの事を鬱陶しがってバカにしているように見えて、命の危険にさらされた時は、愛しい女の名でなく、さぶの名前を呼んでいる。
    世の中には栄二を陥れた人間のようなのもいれば、さぶのような人間もいる。
    人の心を閉ざすのも、人の心を開けるのも人の心なんだと思う。

    この本も、作者の言いたい事がはっきりと分かる本です。
    それは敢えてここには書きませんが、登場人物の言葉を借りて、何度もそのメッセージをこちらに訴えています。
    読んでいる内に、ひねて利口な気でいる栄二が自分と重なって見えてきて、そんな私の心にそのメッセージは強く響きました。
    とてもシンプルで強いメッセージを、説教臭くなく、そしてわざとらしくなく、自然なストーリーの流れでこちらに伝えてくる本です。

  • 同じ表具屋に奉公する栄二とさぶ。しかし、濡れ衣により栄二は人足寄場へ送られてしまいます。しげく足を運ぶさぶの姿と寄場の人々に人間のやさしさを教えられます。

全198件中 1 - 10件を表示

山本周五郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヘミングウェイ
ヘルマン ヘッセ
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

さぶ (新潮文庫)に関連する談話室の質問

さぶ (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

さぶ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

さぶ (新潮文庫)の文庫

さぶ (新潮文庫)の文庫

さぶ (新潮文庫)のKindle版

ツイートする