おごそかな渇き (新潮文庫)

  • 305人登録
  • 3.72評価
    • (27)
    • (28)
    • (54)
    • (2)
    • (0)
  • 29レビュー
著者 : 山本周五郎
  • 新潮社 (1971年1月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (491ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101134154

おごそかな渇き (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ズシン。

  • 好きすぎて、なんと書いていいものか。
    好きを羅列…「蕭々十三年」「紅梅月毛」「野分」「鶴は帰りぬ」

  • 山本周五郎先生の作品。
    私は多分、この先生の作品を読むのは初めて……にして、絶筆となった話が載っている短編集に当たるようなものを読むことになってしまうとは……。

    物語の舞台はほとんどが、江戸時代前後。
    様々な人情味溢れる物語がいっぱい綴られています。
    この人は、義理人情を大切にしてるんだなあ……と思う感じの話。
    なんとなく、勝手なイメージなんですが、骨太のしっかりした男の人が書く話を書いている話だなあ……と思いました。

    だいたいそのイメージで読んで間違いないと思います。

    最後の表題作でもある「おごそかな渇き」はそれなりにキリのいいところで終わっているので、あまり違和感はありませんでしたけど、言われてみれば途中な気がします……。
    確かに、ちょっと不思議な話なので、最後まで読んでみたかったとも思いますけど、最後がどこに行き着くつもりだったのかは、ちょっと謎な話でしたよね。

  • 表題作の「おごそかな渇き」は山本周五郎の絶筆で,朝日新聞に連載中に亡くなってしまった.宗教を取り扱っているのだが,途中で終わってしまっていて続きが読めないのがとても残念だ.
    他の作品は,生きる気力を無くした武士の前に住み込みの田舎娘が現れる「あだこ」,家康主催の馬くらべにあばら馬で出場する「紅馬月毛」がよかったかな.

  • 嗚呼、山本周五郎。あなたの様々な魅力が散りばめられた短編集、また時折、棚から取り出して読みなおそうと思う。珠玉の作品たちだ。

  • (2014-09-06)

  • 「将監さまの細みち」
    「かあちゃん」
    など下町ものが良い感じ。

    「あだこ」も「雨あがる」も良かったし、
    武家物も読み味強いのが多くて良かった。

    全体的に佳作が多くて良いんですが、
    絶筆作品「おごそかな渇き」の印象が強い。重い。
    この先どうやって展開するつもりだったのか分かりませんが、
    良い作品になってただろうなぁ。

  • 読む本が一時なくなることがあって、困った時は山本周五郎頼みで片端から読む。なにしろ全集の冊数が多い。たいていの図書館にある。

  • 表題作「おごそかな渇き」の続きが読みたい。
    が、絶筆となってしまったので、
    続きは読めない。
    というモヤモヤを抱えてしまいました。
    でも、一語一語がずっしりと心に響きます。

  • 「野分」が好きです。
    切ない恋の話ですが、ただそれだけではなくて、『人として美しく生きること』を教えてくれる話です。
    はっとすると同時に涙がこぼれました。

全29件中 1 - 10件を表示

山本周五郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

おごそかな渇き (新潮文庫)に関連する談話室の質問

おごそかな渇き (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

おごそかな渇き (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

おごそかな渇き (新潮文庫)のKindle版

ツイートする