扇野 (新潮文庫)

  • 111人登録
  • 3.64評価
    • (7)
    • (22)
    • (27)
    • (0)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 山本周五郎
  • 新潮社 (1981年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (482ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101134345

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

扇野 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 全て男女の愛を書いた短編集.
    「滝口」は台詞がストレートでは無く,かなりじっくり読み込まないと分かりにくいのだが,それもそのはず,周五郎大先生のかなり晩年の作である.言葉の持つ重みが違う.

  • 武家物が中心で、「超過勤務」のような現代ものも入っている。

    「超過勤務」は万年仕事に追われ、無意味な仕事に怒りが爆発する主人公の滑稽な姿を描いている。

  • 夫婦って素敵だなぁと思いました。表題作よりも「夫婦の朝」と「めおと蝶」が好きです。カッコイイ旦那さんと可愛らしく貞淑な妻という感じが良いです。
    最初は男が書くにしては男性キャラが格好良すぎると思ったのですが、男が書くからこそかもしれません。寡黙で普段は愛想の欠片もないけど決めるところでは決める、というような男女問わず誰から見ても良い男だなぁって思うキャラが多い。女性作家が書いたらこんなキャラクターは描けないかもしれません。
    逆に作中の女性は素直で従順過ぎるかなと思うこともしばしば。細かいところでは読む性別によって思うことが違うかもしれません。でも、夫婦って、結婚するって良いなぁと思わせてくれるのは一緒じゃないかな。
    最後の「超過勤務」は毛色が違ってて、演劇の舞台を見ているような気分になりました。これはこれで面白いけど、なんか違和感がありました。

  • 滝口とおれの嫁と超過勤務が好きです。

  • 山本周五郎の愛情もの集。藤沢周平作品のように切なく、また、美しい。不思議な作家だ。。。

  • 愛情もの9編。「滝口」。女性の深層心理を無理なく表現されていて、意外な展開に感じいってしまった。11.10.27

  • 鳥羽などを舞台とした作品です。

  • 人間は誰でも欠点を持ち、失敗を重ねる弱い生きもの。でも、その弱さを受け止めてくれる誰かがいると、力強く生きていけるのだと感じました。

  • 恋愛?小説集。世の中こんな一途な人ばっかだったらいいのに

  • 「つばくろ」「めおと蝶」いかにも周五郎だなぁ。

  • 私的には恋愛小説のバイブルです…といっても時代小説なんですけどね。
    うっとりするような恋物語から夫婦愛に満ち溢れた優しいお話まで、短編がぎっしり詰っています。私のオススメは『夫婦の朝』旦那が渋い!嫁が可愛い!

  • ささやかな暮らしの中に垣間見える、男女間の深い愛情を綴った短編集。生きづらいくらいに凝り固まった性癖や、過去の償いきれないあやまちを抱えて苦しんでいる人々を、著者は尊大な視点で優しく受け止めている。人を許し、人の罪を許し、ひたすら相手を思いやる。人間の卑小さや弱さとオモテウラにある、人生の美しさや輝きに気づかされる。

  • 山本周五郎らしい話だが、どこか他の作品とは違う。秀作。夫婦間の愛情についての描写をここまで細やかに表現できるのはこの人ぐらいだろう。でも、deep loveに感動する人たちはわかんないのかなあ

  • 「扇野」「三十路ふり袖」が好きです。
    「扇野」は、美しい!
    「超過勤務」は意外な感じがしました。

全14件中 1 - 14件を表示

扇野 (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

扇野 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

扇野 (新潮文庫)はこんな本です

扇野 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする