花匂う (新潮文庫)

  • 121人登録
  • 3.56評価
    • (5)
    • (18)
    • (24)
    • (1)
    • (0)
  • 13レビュー
著者 : 山本周五郎
  • 新潮社 (1983年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (309ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101134437

花匂う (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「 明暗嫁問答」がおもしろかった。

  • 全集には収録されていない短編ばかりを集めた文庫となっているそうな。
    やはり、タイトルにもなっている「花匂う」がよかった。
    控えめで無口な三男坊の直弥。
    幼馴染の多津が友人と結ばれることになって、
    初めて自分の気持ちに気づき、彼の苦悩が始まる・・・

    そんな彼のこの言葉が好き
    「この世で経験することは、なに一つ空しいものはない、歓びも悲しみも、みんな我々によく生きることを教えてくれる。
    大切なのはそれを活かすことだけですよ」

  • 解説によれば、全集に収められてない作品を集めた短編集。収録作品は以下。最後の2編は現代もの。
    宗太兄弟の悲劇(昭和3年)秋風不帰(昭和14年)矢押の樋(昭和16年)愚鈍物語(昭和18年)明暗嫁問答(昭和21年)花匂う(昭和23年)蘭(昭和23年)渡の求婚(昭和31年)出来ていた青(昭和8年)酒・盃・徳利(昭和9年)
    新潮文庫から出ている50巻を超える周五郎さんの本を読んでしまうと(しかも何度も読み返した本も多い)、流石に最後に浮かぶ感想は「何を読んでも周五郎は周五郎で。」 ←決して悪い意味ではありません。
    まあ、本棚に全巻揃えようとしているという事で、周五郎好きを判っていただければ。。。

  • 秀作でした。全部おもしろかった。
    最後の現代物2篇は読んでないけど。

    なんで周五郎の短編って、最後の1篇2篇に現代物を混ぜるんだろう。
    時代物を何編も続けて読んだあとに急に出てくるからびっくりする、
    時代物だけまとめてくれたら良いのに。

    今作品は雰囲気の似た良い作品がずっと続いてたから
    なおさら現代物との雰囲気の違いについていけずに読めなかった。

    今年はけっこう周五郎読んだなぁ。
    まだ読んでないのたっぷりあるし、来年も引き続き楽しみます。

  • 再読

    ・宗太兄弟の悲劇
    ・秋風不帰
    ・矢押の樋
    ・愚鈍物語
    ・明暗嫁問答
    ・椿説女嫌い
    ・花匂う
    ・蘭
    ・渡の求婚
    ・出来ていた青
    ・酒・盃・徳利

  • 高校時代「矢押の樋」が引用されてるのを見かけてすごく惹かれたんだけど、今読むとそんなに引っかからなかった。「椿説女嫌い」とかコミカルっぽいところもあって面白かったです。

  • 2010.10.26(火)。

  • 08.9.23

  • 正直、微妙だった。悪くないが、印象の薄い話ばかり。飽きちゃったのかな‥‥

  • 朗読の勉強の為に読みました。
    知人で山本周五郎が一番好き、と言う人から借りて読んだのですが。
    映像が本当に綺麗でびっくりしました。

全13件中 1 - 10件を表示

山本周五郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

花匂う (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

花匂う (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

花匂う (新潮文庫)のKindle版

ツイートする