樅ノ木は残った (下) (新潮文庫)

  • 503人登録
  • 4.12評価
    • (78)
    • (62)
    • (53)
    • (1)
    • (0)
  • 51レビュー
著者 : 山本周五郎
  • 新潮社 (2003年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101134666

樅ノ木は残った (下) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 上中下巻を読み終えたのでまとめて感想を書くとする。

    江戸歴史物は似た名前が多く、言葉遣いが独特で、その時代の町の様子を思い描かなければならないことから敬遠していた。現代小説よりはやはり読み進めるのがゆっくりであったが、どんどんと町や屋敷の様子が想像され、なによりも現代とは違う心持ちや人々の動きが目の前に広がって来るようだった。

    伊達藩の家臣船岡館主・原田甲斐は「伊達騒動」の中心人物として史実上に存在する。極悪人の烙印を押され、息子孫も死罪、お家断罪になっている。しかし、山本周五郎は"歴史の反証"から甲斐がなぜそのような事を起こしたのかを構想した。

    作中の甲斐は、家中の様々な事件は酒井雅楽頭が手を引き江戸時代の3大雄藩の一つ・伊達藩を取り潰す計画があると考えた。しかしその重大な秘密が多くの者に知るところとなるとき、情報は歪められ、幕府からは大罪を言い渡されることになる。彼は味方を欺きながらも敵の側についた様に見せかけ、静かに耐えた。取り潰しのキッカケになるような大事にならぬよう。

    甲斐の周りの人間は死んでいった。しかしその者を弁護したり、感情のまま助けたりすることはなく耐え続けた。侍は、自分のためではなく全ては忠義を持つ家のために、その志で秘密を貫いた。

    甲斐は自然を愛する人間だった。優しく微笑し多くは語らない彼の周りにはいつも人が集まってきていた。

    彼の最後の言葉「これは私が乱心した結果です。私の仕業だということをお忘れなきよう」はなんとも悲しい。自分の功績、自分の名誉をたてることが恥ずかしく感じられる。

  • 世に武士の忠義や鮮烈な生き様を語る説話、物語は多い。しかし本作の主人公はそうした苛烈で世間の耳目を引くような忠義のあり方を好まず、別の道を選んだ。人は誰かのために死ぬことができるが、それは本当に誰かのためなのか。献身と自己満足の境界、真の忠義のあり方について一石を投じる作品。こみ上げるものがある最後だった。

  • なんとか読了。初めは状況がわからず、次々と登場人物も出てくるし、同じ人物なのに全く呼び名が違ったりして、誰が誰だかわからないまま読み進めた。

    「伊達騒動」という、実際に起こったお家騒動を題材としており、一般的な史実とは全く逆の解釈を示した良作であると
    思う。そもそもあまりこの事件自体に詳しくないため、この点の驚きは幾分少なかったが。

    真実はどうであれ、この物語に出てくる「原田甲斐」は、他のどの本にもいないような秀逸な人物であることはまちがいなく、読む価値はある。

  • ワークライフバランスの間逆。己れや家族、友人、親族よりも藩の存続に身を粉にする主人公、原田甲斐。今読んでも充分面白いが、戦後の経済成長期に読んだ世代はより感情移入したのかも。

  • 秀作。
    江戸時代、初期はまだ戦国時代を引きずって、幕府は大きな大名を潰そうとしていたと言う事か。
    史実は知らないが、原田甲斐は、藩を救うため、家族を含めた命をかけた。最後の衝撃的なシーン。大河ドラマになるわけだ。

  • 山本周五郎作品は初読であったが、最後まで一気に読んでしまった。物語の内容はさることながら、文章の表現の独特さ、豊かさに魅了された。
    自らの藩を第一に考え、自分の人生を擲つ姿には、司馬遼太郎作品で長岡藩を舞台にした「峠」に通じるものがあると感じた。

  • スッキリといった結末ではない。人の一生のはかなさを感じさせられた。身は滅んでも、何らかの形で残るものだ。

  • “意地や面目を立てとおすことはいさましい、人の眼にも壮烈にみえるだろう、しかし、侍の本分というものは堪忍や辛抱の中にある… これは侍に限らない、およそ人間の生きかたとはそういうものだ ” 物語そのものは勿論、山本周五郎ならではの、染み込んで来る言葉の濃度。下巻は特に高し。 人としての強さ、その在り方を深く考えさせられる作品でした。

  • ラスト50ページぐらいからの息詰まる様な凄い緊迫感が素晴らしい。

  • 2015年12月6日読了。

全51件中 1 - 10件を表示

山本周五郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
山本 周五郎
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

樅ノ木は残った (下) (新潮文庫)に関連する談話室の質問

樅ノ木は残った (下) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

樅ノ木は残った (下) (新潮文庫)のKindle版

樅ノ木は残った (下) (新潮文庫)の文庫

ツイートする