ユタとふしぎな仲間たち (新潮文庫)

  • 296人登録
  • 3.69評価
    • (24)
    • (42)
    • (51)
    • (4)
    • (1)
  • 40レビュー
著者 : 三浦哲郎
  • 新潮社 (1984年9月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101135076

ユタとふしぎな仲間たち (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 勇太(ユタ)は父を事故で亡くし、母と二人東北の山間の村に越してきました。
    彼は東京もんとしてなかなか受け入れて貰えず、寂しい日々を送っていました。
    そんな時仲良しの釜焚きの寅吉爺さんから、座敷童の話を聞き母の働く宿の一室に一人で泊まる事にしました。
    すると座敷童のペドロ達が現れ、彼を仲間として受け入れてくれました。彼はそれから度々座敷童達と時間を共にし、彼らがどうして座敷童になったのかを知ります。
    座敷童達は皆、村の凶作の時に口減らしとして行われていた「間引き」で命を奪われた子供達だったのです。
    彼らは優しく、時に厳しくユタと接し、座敷童達の境遇や想いに触れたユタは次第に自分を鍛え、村の子どもたちに受け入れられて行くのでした。
    そんな時にユタと座敷童たちにある事件が・・・・。


    ペドロはじめ座敷童の面々は、生きたくても生きられず、成仏したくとも成仏も出来ず、人を恨むでも無くただただ身を寄せ合って暮らしています。いつまで果てるともしれない時間の中を。
    言葉の端々に彼らのやるせなさが滲み出ます、俺が人間だったらなあ・・・、母ちゃんただいまって言いたいなあ・・・、お盆にやってくる霊たちにこんな姿見られたくないから隠れてるんだ・・・。
    あー駄目だ書いているだけで泣けてきてしまう。

    一言だけ言えることは、もっともっと彼らと一緒の時間を過ごしたかったです。3倍くらいのボリュームが有ってもよかったくらいです。これ子供の頃に読みたかったです。結構寂しい子供だった自覚は有るのでこの本読んでいたらきっと座敷童に会いたくて古い家に泊まりに行ってたと思います。

  • 死に縁どられた、あたたかいファンタジー。
    お父さんが海難事故で死んだという設定は、ああ、三浦作品だな、と思ってしまう。

    お寺の鐘の乗り合いバスとか、エンツコのエレベーターとか、子どものころ読んだら、きっとわくわくしただろう。

    悲しさとおかしさが、絶妙なバランスでまじりあっているのも、この作品ならではの味わいだろう。
    梅雨の時期は座敷わらしたちにとって、憂鬱な時期だということ。
    彼らが永遠に子どもの姿である悲しい事情とは別に、おむつが乾かないという、リアルな「事情」には笑わされてしまう。

    この物語を読んだ直後に、冲方丁の「光圀伝」を読んだ。
    個人的な偶然といえ、「水子」にするという共通点があって、ちょっとどきりとした。

  • 中学で読んだ思い出の本

  • 現代の昔話といった感じ。するすると読める秀逸な児童書です。

  • 「ワダワダアゲロジャガガイ」なんて哀しい響きなんだろう。

  • 父親を亡くし母の故郷である東北の田舎町に引越してきた都会の少年と座敷わらしの風変わりな交流。蒸れたオムツのにおいがする座敷わらし…奇抜な発想だ。日本むかしばなしのエンディングの歌を思い出すような、切なくて心温まる話だった。

  • そういえば劇団四季のポスターで見たことがあった。
    十二使徒のユダの話を作り替えたのかと思ったけれどそうではなさそうだとわかり。
    しかし、このあらすじを読んで、昭和初期の話だと思い込んで読み始めたものだから、ロケットが飛ぶような時代の話だと書かれていても違和感拭えず厄介だった。
    ユタが、都会から来た小学生という設定のせいか、音速を知っているとか、端々で小学生らしく見えない知識を披露するのも違和感あった。
    この時代の小学生で音速知っているって、よほどその方面に知識がなければムリじゃあないかしら。

    小学生にしてはずいぶんませている感のあるユタだけれども、自分を鍛えて、あるべき方向へ持っていこうとする。
    村の子供達にバカにされないように、という目的だったり、座敷わらし達の脚力に負けないように、という目的で自分を鍛える姿は、子供の成長物語としていい。

    座敷わらしが、生まれてすぐに間引きされたが故に、今でもおしめが取れない姿でいる癖に、天保の大飢饉あたりから生きていたりするから、煙管も吸えるというこのギャップが生む、子供でも大人でもないという存在だと知らされる感覚。

    座敷わらし達の住んでいた古い旅館が燃えてしまったことによる、ユタと仲間たちとの別れ。
    ユタが、村の子供達とも遊ぶようになり、仲間たちとの別れに正面向いていられる姿。
    明確な、子供時代の終わりだ。

  • 「ユタとふしぎな仲間たち」三浦哲郎◆東京で育った勇太は、母と共に東北の村に越してきた。村の子供たちにモヤシっ子扱いされていた彼は、ひょんなことから座敷わらしに出会い、少しずつ逞しくなっていく。座敷わらしの過去は悲しいものですが、湿っぽくならず、ほのぼのとした愛らしい作品です。

  • 三浦哲郎の本をどんどん読みたくて。
    舞台で内容は知っていたけど、原作での座敷わらしは9人もいたとは!
    座敷わらしが愛しい。
    もっと彼ら一人ひとりの物語を読みたいと思ってしまう。

  • このお話は、父親を事故で亡くした主人公勇太が、母の地元である湯ノ花村に引っ越してきて、たくましく成長していく物語です。
    ある日勇太は寅吉爺さんと座敷わらしのことを話します。気になった勇太は座敷わらしに会うことを試みます。結果勇太は座敷わらしと友達になりました。
    この物語で出てくる座敷わらしは、江戸の飢饉の時代に生まれ、すぐに親に間引きをされた子供達の霊のなりそこないです。作者はこの座敷わらしたちを通じて命の大切さを伝えたかったのだと思います。
    私はこの物語を読み、命の大切さを実感しました。
    また、どんどん成長してたくましくなっていく勇太もかっこいいなぁと憧れました。

全40件中 1 - 10件を表示

三浦哲郎の作品

ユタとふしぎな仲間たち (新潮文庫)に関連する談話室の質問

ユタとふしぎな仲間たち (新潮文庫)に関連するまとめ

ユタとふしぎな仲間たち (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ユタとふしぎな仲間たち (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ユタとふしぎな仲間たち (新潮文庫)のKindle版

ユタとふしぎな仲間たち (新潮文庫)の単行本

ユタとふしぎな仲間たち (新潮文庫)の新書

ツイートする