橋のない川 (4) (新潮文庫)

  • 139人登録
  • 3.90評価
    • (18)
    • (11)
    • (23)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 住井すゑ
  • 新潮社 (2002年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (562ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101137056

橋のない川 (4) (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これまで読んできてずっと気になっていた杉本まちえの本心がようやく明らかになり、泣きそうになった。豊坊んの「僕は結局のところ、恋愛とはその人にいのちの尊さをさとらせて、生きぬく力をつかませるものだと思うんです。」という考え方、なんて素敵なんだろう。自分の中で一番しっくりくる恋愛の定義にやっとめぐり会えた気がする。ホイットマンの「蜘蛛」、いいなぁ。
    この第四部は「覚醒」の巻だ。堂々巡りの議論から、孝二たちはようやくなすべきことを見つけ出し立ち上がる。

  • 水平社結成だどー!

  • 何ページか、コピーした。
    取っておきたい言葉が、いくつもあった。

  • 表紙裏
    シベリア出兵に加わって生死が気遣われる誠太郎。大阪で働く清一と難波の遊郭に身売りしたしげみの上におこった思いがけぬ事件――。さまざまな悲しみ、喜びの日の過ぎてゆくなかで、秀昭、和一を先頭に孝二、貞夫らの青年達が心を一つに新しい歩みを開始する。“全国水平社結成”それは、屈辱にまみれた生活の底から人間の真の自由と平等を求める部落解放運動のさきがけであった。

  • 孝二も21歳か…と思うと妙に感慨深いものがあるなぁ

  • 2011/05/09:借り本。
    2011/06/20:読んでいる途中で『日本の1/2革命』を先に読んでしまったり。
    そのせいか水平社の設立が革命の準備段階に見えてしかたありませんでした(汗)

  • 子は母と祖母と亡父を敬い、親たちは子を愛し、互いに会話は欠かさず、家族みんなが貧しいなか自然の恵みに感謝しながら精いっぱい生きていく姿はとても美しい。我々が忘れてしまった良きたたずまいがそこにはある。

  • 浦野所有。

    いよいよ物語が動き始めた、という感じですね。差別とはなにか、自問したり、仲間や親戚と話合ってきた孝二が、ついに人前で大演説。その内容は、第一部以来の一つの集大成ともいうべきものでしょう。

    また作中にはこれまで同様、人々の悲しみを伝える名文もありました。中でももっとも悲しかったのが、無理心中で果てた妹に向かって述べた、なつの言葉です。

    「せやから、わて今夜はとっくり言うたります。“しげみ、こんど生れてくる時は、よう気イつけや。こんな小森みたいなとこには、もう二度と生れてくるもんやあれへぬで。” て。せやけど、小母はん、こんなン、人情に外れてますわなア。ほんまなら、“また此処に生れてきてや。わてら、待ってるで。” こない言うたるのが人情やのに、それが言われぬなんて、こんなむごいことがありまっかいな。」

    泣けます。

  • 講道落成式での、秀坊ん、孝二の演説シーンが圧巻。

    研鑽は最大の攻撃力となり、最大の防御力にもなる。

  • 橋のない川 1.2 参照

全12件中 1 - 10件を表示

住井すゑの作品

橋のない川 (4) (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

橋のない川 (4) (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

橋のない川 (4) (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

橋のない川 (4) (新潮文庫)の単行本

ツイートする