プールサイド小景・静物 (新潮文庫)

  • 361人登録
  • 3.61評価
    • (26)
    • (35)
    • (67)
    • (4)
    • (1)
  • 51レビュー
著者 : 庄野潤三
  • 新潮社 (1965年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101139012

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
フランツ・カフカ
ヘミングウェイ
安部 公房
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

プールサイド小景・静物 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 純文学らしい純文学を久しぶりに読んだ。

  • 何気ない日常が、容易に崩壊し得る。「何気ない」状態が保てているのであれば、感謝しなくてはならないという気がする。
    ある家族の日常が、次々にシーンを切り替えて淡々と描写される「静物」という短編は、梶井基次郎の「城のある町にて」に感じが似ていると思った。

  • あなたの好きな作家は?

    そう訊かれたら、わたしは迷うことなく庄野潤三さんと
    佐伯一麦さんの名まえを挙げます。

    庄野文学を端的にあらわす文章を紹介します。

    「ここにこんな谷間があって、日の暮れかかる頃に
    いつまでも子供たちが帰らないで、声ばかり聞えて
    来たことを、先でどんな風に思い出すだろうか」
    ー 小説「夕べの雲」より抜粋

    「夕べの雲」へとつづく、家庭文学の原点「静物」収録

  • 芥川賞シリーズ⑨
    戦後すぐに書かれた作品であるのに、今のリストラ社会を予見させるもので読んでいてドッキとさせれた。15年勤めた会社を自分の責任で首になった夫、その事で始めて夫の生活や家族について何も考えてなかったと気づく妻。
    プール=現実社会の厳しさと、プールサイド=現実社会の厳しさから逃れた場所。プールの中に身を置き泳いでいくことを社会はこの後ずっと求め続けて高度経済成長を成し遂げてきた。
    プールサイドに佇み人々には目もくれることもなく。
    仕事に生き甲斐を見いだすことの一方、そこで生まれる疲れや淀みに気づかないふりをしてきたのではないだろうか。
    社会や家庭の中で人は生きていくうえで表面的には何の波風も立っていないよう振る舞おうとする。個人と組織、個人と個人の間で関係を良好に保っていこうとする。それが疲れを生む。
    この作品は高度成長期を終えた今の家族をテーマにした現代の小説の先駆けではないだろうか。

    作者は2009年9月に亡くなられました。ご冥福をお祈りします。

  • 「プールサイド小景」のみ読了。
    昭和29年発表の作品。1954年。
    専業主婦の妻がいて、小学生の息子が二人いて、会社では課長代理の地位にいた男性が、会社の金を、給料半年分ほどの額使い込んだことがばれて、クビになる。
    何か壮大な悪事を企んでいたとか、やむにやまれぬ大金が必要な事情があったとか、会社に恨みがあったとか、そういうことではない。
    現代なら簡単に「ストレス」という言葉で言い表すようなものが、彼の心を浸食して、こういう結果を生み出したのかもしれない。
    私はそう捉えたが、「ストレス」という言葉は作中使われない。この時代そんな言葉は一般的じゃなかったのかもしれない。だからその名前のないものを作者が描くのだが、それが巧みで、読んでいてゾクッとした。
    (夏休み明けの憂鬱な通勤時間に読んだから、特にそこが心に響いたのかもしれない。大いにありうる。)

  • 「プールサイド小景・静物」庄野潤三さん。1954年前後くらいに発表された短編を集めた本。新潮文庫。



    読書会の課題図書です。
    庄野潤三さんという作家さんは、一度は読んでみようと思いながら何十年も二の足を踏んでいたので、ありがたい機会でした。

    #

    表題作の「プールサイド小景」。プールサイドで子供と泳いでいるサラリーマンのお父さんがいて、傍目には幸せそうに見える。
    なんだけど、実は会社のお金を使いこんでしまって解雇されたばかり。これからどうなる。専業主婦の奥さんにも不安が広がる... で、おしまい。

    「静物」は、静物画のように、そんなに豊かではないサラリーマンの家庭の日常的なあれこれ、きまずさとか、心理とかが、描かれる。で、おしまい。

    他の短編もそうなんですが、O・ヘンリー的な"物語"を期待すると、肩すかしを食らいます。
    感動の涙、とかは無いです。絶対にテレビドラマ化されません。

    でもなんだか、読んでみて、「ああ、こういうのも分かるなあ」と感じました。恐らくこの人は、こういうものしか書けない。だからこういうものしか書かない。
    つげ義春さんの、「私小説的な短編漫画たち」と、やや似ています。ままならない経済生活。「貧しいけれど明るく」なんかぢゃない、生活のストレス。救いの無さとユーモア。一瞬の鮮やかな詩情。「海辺の叙景」「無能の人」「池袋百点会」「隣の女」「散歩の日々」…。大好きでした(でもその後再読する情熱が出ていないのは、幸せなことなのかしらん)。

    (そしてふと思ったけれど、若干成瀬巳喜男映画の息遣いと似ていますね。庄野潤三、つげ義春、成瀬巳喜男。うーん。違う気もしますけれど、興味深い)

    閑話休題それはさておき。
    そういうことの、スケッチみたいなこと。
    そうぢゃないと、きっと物凄く"欺瞞"を感じてしまうんだろうなあ...と思いました。
    「救いが無いやんか。おもろないわ」と突っ込まれたら、その通りなんです。でもそこはそれ、「いや、嘘偽りの、フィクション特製の、かりそめの救いが欲しいのなら、別のものを読んでください」ということなんだと思います(基本的に僕は欲しいです。ある程度は)。

    ぢゃあ、絶望に落とすために書いているのかというとそうではなくて。そういうスケッチの中でしか描けないヒトの生態というか。コトバがずれている気はしますが、そんな中しか味わえない「もののあはれ」というか。ユーモアも。
    そういうスルメ昆布みたいな美味しさ。

    意外とこういうの、刺さるところにはギュッと刺さる。ツボを押されるみたいな、痛い気持ちよさがあると思います。
    そしてそれは、かなり理屈でもなく繊細な細部の積み重ねで出来ていると思います。だから不思議な芸術性?かと思いきや、実は頑固一徹職人仕事、みたいな感じも受ける作風でした。

  • 全体に流れるシンとした空気感が好きで、何回も読み返したくなる。どの短編も、水の張ったプールのような静けさと怖さがある。サラッと読むと、平穏で波のない水面という感じなのだが、よーく注意して読んでみると、底の方に沈んでるドロドロが見えてくる。という不思議な体験だった。特に『静物』が好きだった。読み終わった後、頭の中に残っている中折れ帽子、子供が描いた絵、ドーナツといったモチーフと、タイトルが合わさって、これは一体何の絵かな、、っていう具合に、ぼーっと眺めてしまう。

  • するすると一日で読んでしまった。最初の「舞踏」こんな旦那がいたら即刻離婚だわ、と思うのは今の時代だからか。静物、五人の客が好きだった。

  • まわりからは羨ましいくらい典型的な家族が、実は突如崩壊し明日からどう生きていけばいいのか呆然とする妻の戸惑いと、人生の辛さを妻にも言えなかった夫の孤独。人も生活もこんなにももろい中、皆どうにかやっているんだ。

  • 【本の内容】
    突然解雇されて子供とプールで遊ぶ夫とそれを見つめる妻――ささやかな幸福の脆さを描く芥川賞受賞作「プールサイド小景」等7編。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 代表作らしいけど、何だか物足りない・・

  • ・舞踏
    家庭の危機というものは、台所の天窓にへばりついている守宮のようなものだ。

     彼女は黙って空を見ていたが、夫が階段を上って来る音に、ハッと我に返ったように手すりを離れた。

    ・プールサイド小景
     プールでは、気合のかかった最後のダッシュが行われていた。
     
     いつもの女子選手がいなくて、男の頭が水面に一つ出ている。

    ・相客
    ・五人の男
    ・イタリア風
    ・蟹
    ・静物

    読んだそばから忘れていくような、表面的にはさしたる事件の無い淡い印象のの短編集。芥川賞作品との事だが、私には評価がよくわからない。あとがきによると「舞踏」「蟹」「静物」に出てくるのは同じ家族らしい。作家本人の家族がモデルなのだろうか。

     ただ、雰囲気はそんなに嫌いではない。
     

  • 夫婦の微妙な関係を描いた短編集

    村上春樹の解説書を読んで読みたくなった一品

    本作者は自分を題材にし自分を削りながら物語を書いている。自我ー自己ー外界のバランスを表現している。らしい。
    そこまで深く読み込めなかった。

    ただ好きな表現が結構有った。
    釣りに行くシーンで、釣れる釣れないが問題ではなく、バケツを提げて行くというのが重要なのだ。とか。

  • 再読。家族の日常のスケッチを夫の目で捉えて描いている。何かが足りない、足りない部分を確信をもって敢えて描いていないところに緊張が走る。連れ合いの女性への壊れ物を扱うような距離感、ギリギリの所で踏み外さないように耳をそばだて感覚を澄ませている冷ややかさ。これはやりきれない。共感はできなかったけど、一見平穏な日常に心の闇がそっと介入していく落度に惹き付けられた。時にまやかしながら生きていくのが日常なのだろう。それは否定しきれない。ところどころ子供たちの屈託なさに和んだ。子は鎹、これもまた然り。

  • ルノワールの部屋

  • たとえば舞踏にみられる巴里祭の情景、プールサイド小景にみられる会社にまつわる小話のような、非常に印象的でその情景が目に浮かぶかのような部分が入っていること。特に素晴らしいと感じたのはやっぱり、「プールサイド小景」と「静物」、それから「5人の男」と「相客」も。ある小話、情景に何かを付託することとそれの挿話の仕方がすごくうまいんだと思う。書き過ぎてもいないし、足りな過ぎるのでもない、絶妙さ。庄野潤三は短編の名手と呼ばれるにふさわしい。それだけに彼の保守的な古臭い女性観がとても残念でした。べつに、作者がどんな思想を持っていようと文学的才能があれば問題はないんだけれども、それでも、ちらり、ちらりと見えるエゴイズムが、すばらしいはずの小説を貶めているように思えてならない。

  • 村上春樹さん推薦だから

  • 家族との日常を描く7編。

    平凡な日常にかいま見える、脆く不安定な他者との関係を、飾り気のない文章で綴っている。
    とりわけ、夫婦の危機を描いた「舞踏」が切なく苦しい一編だった。
    浮気をする夫と、自分だけを見つめてくれない悲しさを募らせる妻。
    夫が妻に注ぐ視線の冷たさにぞっとする… 

    自分が幸せを感じている時には、他者の寂しさなんて感じ取れないのだろうか。自分が不幸せだと感じているときには、他人の痛めた心をわかってあげられるのに。いや、それは結局、心から理解しているわけでもないのか。単なる同情なのか。人の心なんていい加減だよなあ。

    周りの風景だけが、変わらない。

  • 「舞踏」「プールサイド情景」は好きだった。他の作品に関しては、これってどこが面白いの?という感じだった。

  • 浦野所有
    →10/08/29 柴田さんレンタル →返却済

    読もう読もうと思っているうちに庄野先生が亡くなり、さらに1年近く経ってから、ようやく読みました。「もっと早くに読んでおけばよかった!」というのが率直な感想。ありふれた日常生活に潜む落とし穴が、リアルに浮き彫りにされていておもしろいです。

    7つの短編のなかで一番のお気に入りは、芥川賞を受賞した「プールサイド小景」。会社をクビになったサラリーマンの一家の悲哀が、きわめて淡々と、しかし現実感をもってじわじわと兵糧攻めにあっているかのように描かれています。こんな描写、見たことない!

    <本書68ページより>
     夫が新しい働き口を見つけることに成功しない限り、家族四人は一緒に暮すことは出来ないことになる。だが、四十を過ぎた女房持ちの男が、会社をクビになって世の中に放り出されたものを、いったいどこに拾って養ってくれるところがあるだろうか。
     彼女は思うのだ。つい一週間前には、自分はどんなことを考えながら夕食の支度をしていたのだろうか。それはもうまるで思い出すことも出来ない。

  • 「プールサイド小景」はとにかく迫力があって驚く。
    後期の庄野潤三から入った自分には、同一人物か?と疑ったほど。
    「舞踏」も良かった。話し手が移っていく書き方や、ラストに向けての危うさ。
    こういう話をもう少し読んでもいいかも知れないと思ったが、
    「静物」を読んだらなんだかホッとした。やっぱりそこは庄野潤三。
    一人の作家の色々な面を見ることが出来る、贅沢な一冊。

  • 僕にとっては少し難解な小説達(短編集)です。いや、けして話が難しいわけではありませんが、そこに表現されているものをどうとらえていいか、僕のへぼい人生経験や乏しいボキャブラでは語りようがありません。でも、何とも不思議な読後感が伝わってきます。
    こういった小説を楽しめるような境地に早く達したいです。
    この中では「プールサイド小景」が特に好きです。

  • 庄野潤三については教科書的に知っていたが、小説を読むのは初めて。表題の「プールサイド小景」と「静物」は、ある家族の淡々とした日常が描かれている。大事件が起きるわけでもなく、それこそ日常の夫婦、子どもとの会話がほほえましい。おそらく10代で、これを読んだら退屈だったと思うが、いまではこういう小説のほうが退屈しない。

  • 表と裏。嘘と誠のようでいてどちらも現在進行形。

全51件中 1 - 25件を表示

プールサイド小景・静物 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プールサイド小景・静物 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プールサイド小景・静物 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする