うさぎのミミリー (新潮文庫)

  • 72人登録
  • 3.45評価
    • (9)
    • (4)
    • (21)
    • (3)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 庄野潤三
  • 新潮社 (2005年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101139050

うさぎのミミリー (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実家に帰りたくなります。しょっちゅう帰ってるのだけれど(笑)特別なことが頻繁に起こるわけではないし、おしゃれな写真とか載ってるわけでもないのに、どんな丁寧な暮らしかたの紹介されている本とかおしゃれな毎日を紹介している本よりも、庄野さんの本を読むことで、こんなふうに暮らせたらいいなと思えます。幸せってこういう毎日なんだろうなぁと思えます。

  • 「貝がらと海の音」から続く一連のこのエッセイも、フーちゃんが中学生になっていたりして時の流れの速さに驚く。
    当初に比べて新鮮味はなくなってきたけれど、相変わらず幸せで平和な空気が漂う。
    ミミリーって名前、かわいいな。
    巻末の江國さんとの対談もいい。

  • 読んでると、作者の中でゆったりと和やかに流れる時間が感じられて心地いい。表紙絵も可愛くて好き。

  • 2002年6月 図書館で借りた

  • 繰り返される毎日が、安心感を与えてくれる。大きな変化も驚くべき事件もここには出てこない。行きつけのお店、いつものメニュー、それが心地よい。

  • 第9回: 庄野潤三 『うさぎのミミリー』
     
    http://ameblo.jp/pippu-t-takenoki/entry-10002524155.html

全7件中 1 - 7件を表示

庄野潤三の作品

うさぎのミミリー (新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

うさぎのミミリー (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

うさぎのミミリー (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

うさぎのミミリー (新潮文庫)はこんな本です

うさぎのミミリー (新潮文庫)の単行本

ツイートする