カルトローレ (新潮文庫)

  • 499人登録
  • 3.93評価
    • (56)
    • (47)
    • (35)
    • (11)
    • (3)
  • 59レビュー
著者 : 長野まゆみ
  • 新潮社 (2010年12月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (369ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101139524

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
長野 まゆみ
長野 まゆみ
長野 まゆみ
有効な右矢印 無効な右矢印

カルトローレ (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  読んでいてすごく心地よかったです。砂漠、白い光、うずまく紋様、空飛ぶ《船》、日誌と植物…この世界観。物事の輪郭がもやもやゆらゆらとしていて、最後まではっきりと語られることがないのがいい。もとはどこかに連載されていたんでしょうか、章ごとに区切りがついていて、寝る前に一章ずつ読んでいくのにちょうどよかったです。
     それにしてもひさしぶりに長野作品を読んでみたら、ずいぶんとやわらかい文体になっていたのでびっくりです。「!」とか「?」とか普通にあるし、ひらがなが増えましたね。
     あと食べものがすごくおいしそうだった…そういえば長野作品ってそうなんでした。この意味では寝る前に読むのは危険だった!
     新刊を追いかけなくなってずいぶんたちますが、今でもいいものを書いてくれているんだなあとうれしくなりました。また折に触れて読もう。

  • 主人公タフィの出自の秘密、がテーマみたいだが、彼の印象は正直薄め。でも、彼の視線を通し、エキゾチックで魅力的な世界観を純粋に楽しめた。

  • 就活中に、図書館で借りた単行本を読んでいたけれど、序盤で挫折した長編です。文庫の装丁が単行本とほぼ同じだったので、すぐに見つけてぐんぐん読めました。
    舞台はまったくの異世界で、しかし現実世界と文化の行き来を思わせる、知っているようで知らないところでした。砂漠の中で、少ない登場人物と一緒に、時はゆったり過ぎていきます。
    《船》から降りて適用化プログラムを受けている主人公タフィが、あやふやな記憶をぼんやりと蘇らせる時、さらに不思議な秘密が少しずつこぼれてきます。全貌は最後まで明らかになりませんが、物語の全体を楽しませます。
    不思議な少年ワタ、頼れる管理人のコリドーなど、魅力的な男性を描くのは長野まゆみの素敵なところ。
    さらに、今回は随所に出てくる食べ物がとても美味しそうなのと、編み物縫い物の模様が、手先をうずうずさせます。
    今まで河出書房で出ていた作品とは違い、しっかり安定感がある作品でした。こんな傑作もまだ出てくるのかという感嘆があります。

  • 本屋で何となく気になって手に取った本。個人的に大当たりでした。

    主人公のタフィは《船》から降りてきた移住者で、《船》の航海日誌を読みとくため、沙地にやってきた。沙地では同じく移住者のコリドーや現地にはるか昔から住み着いているワタと呼ばれる部族の少年と出会い……というお話。

    最初から最後まで淡々とお話は進み、なのに最初からあっという間に世界に引き込まれてしまう。
    作中に何度も出てくる複雑な編み目のクロシェのように細かく幾重にも編み重ねられたような、とても綺麗な丁寧なお話でした。読んでいる間、タフィの見ているものをこちらも見ているような、情景が目の前に浮かぶようなお話。
    また食べ物の描写がすごくて、おいしそうでおいしそうで。

    最後まで相当数の謎が解かれないまま残るんだけど、それが不思議と気にならない。まだまだ、タフィやコリドーや年少のワタやエルジンやハイムーン卿の話は、淡々と、ゆるゆると続いていくんだな、それをまだずっと見ていたいな、と思いました。

  • なぜもっと早く読んでいなかったのだろう!
    後悔しきり。

    最近の作品はほとんど読んでいなかったからか、それとも本作が対象としている読者がやや年齢高めなのか。たしかに長野まゆみの作品なんだけど、これまでとちょっと違う印象を得た。
    どう違うのかといえば、その世界観はいつも通り確立しているし、出てくる単語やアイテムも独特なのだけれど・・・・・・、強いて言えば、会話のカギ括弧を取っ払っていることで、まるでこのお話すべてが誰か一人の頭の中で展開しているような感覚に陥ることや、主人公があまり主張らしい主張をしないところだろうか(彼女の作品の主人公は、腹に一物抱えていてそれを言い出せないで居ることが多い)。

    物語は劇的に盛り上がることはなく、海面をユラユラ漂うみたいに進んでいく。でもそれが心地よくて、いつまでも航海していたくなる。

  • 長野さんの作品は昔からずっと読み続けているけれど、最近の作品はまた好きだなぁと思う。
    しかし珍しく、日本から全く違う国を想像させる話だった。
    中央アジアらへんのオリエンタルな空気が漂う。
    手触りとしてはテレヴィジョンシティとかその時期くらいのを髣髴とさせるんだけれどそこまで尖ってないというか‥もっと柔らかい感じがする、話。
    とりあえず、くどいくらいの食べ物の描写におなかがすいた。

  • しまった、読み終わった日付けを忘れてしまいました。
    架空の乾燥したキビ色の砂漠(?)を舞台にしたお話。
    適用化計画の一環で、109冊の日誌調査の為にその他を訪れたタフィの生活をベースにお話が進みます。
    適用化計画やタフィの出自、エルジンが何者であるか、最後までハッキリとした事は分かりません。
    また、大きな事件も起こりません。
    しかし、ゆっくりと進む時間と、随所に出てくる美味しそうな料理や飲み物、どんな街並みなのかなど、架空の都市を想像するのが楽しい小説です。

  • もっと壮大な話をイメージしてたんだけど、そうでもなかったというか、思ったより穏やかだった。でかい事件が起きてドーン!とか、果たして彼らはそれを見つけることができるのか!?みたいな目的地があるわけでもなく、「これオチはあるんだろうか…」と思いつつでも退屈するわけでもない。のんびり心地いいテンポで進んでくファンタジーって感じ。
    けっこう構えて読み始めたんだけど、構える必要全くなかった。永遠に読んでいたいタイプの小説。なので、どんな話か説明もできない。長野先生の小説って大体そうだと思ってるけど、雰囲気がいいんだよなあ~

  • 謎めいているものの、その答えは明確にされることなくこの物語は終わる。人々の記憶や時間が入り混じるが、それを”正す”ことを目的としていない。そのままの良さというものがある。この物語に漂う、ゆったりかつ淡々とした時間が好きだ。それまでにある、長い長い時間をかけた人々の記憶、歴史を思う。それは雄大である。

  • 起伏の少ないゆったりとした架空の世界の夢を見ているみたいだった。
    謎のようなものも真相のようなものも輪郭がはっきりしないので、あまり深く考えなくてもいいような気持ちになる。
    でも食べ物の描写は鮮やかで、食欲をそそられた。

全59件中 1 - 10件を表示

カルトローレ (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

カルトローレ (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

カルトローレ (新潮文庫)の単行本

ツイートする