雪花草子 (新潮文庫)

  • 615人登録
  • 3.70評価
    • (37)
    • (59)
    • (51)
    • (11)
    • (4)
  • 64レビュー
著者 : 長野まゆみ
  • 新潮社 (2012年7月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (236ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101139531

雪花草子 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ページを繰るたびにむせ返るような濃密な香りが漂ってくる、そんな短編集。
    数えきれないほどの禁忌が描かれているが、豊かな表現力、魅惑的な色彩感覚が、あたかも薫り高い妖艶な古典作品を読んでいるかのような錯覚に陥らせる。
    思わず笑ってしまったのは、綺羅綺羅しい美男や凛とした少年たちとあさましい女性たちがあまりにも対照的に描かれていること。

    どのお話も最後の一文がひやりとするもので、雰囲気小説にない締りを与えている気がしました。

  • いかにも長野さん、という感じの小説。

    文章がとっても綺麗です。思わずうっとりしてしまいます。
    古風な世界観と、長野さんの漢字の使い方がよく合ってて、もう耽美、の一言です。

    題名からして、綺麗な印象。

    でも、中身はどちらかといえばドロドロです。
    一話目はともかく、二話目、三話目のラストはもう誰も報われなさすぎて見ていて辛いですね。
    特に蝉丸・・・不憫です・・・
    それでも文章の力でそれすらも魅力のひとつになっています。

    長野さんの、こういう、和風な話ってとても素敵です。また読みたい・・・

  • 大好きな、長野まゆみさんの作品!!
    あゝ、ほんとたまらない。

    3部からなるこの作品は、どれも美しい少年が、艶めかしく、舞うように、堕ちていく。

    美少年はそれだけで、価値があり、罪であり、愛でられ、忌み嫌われる。


    私が入り込む隙なんて、本当に全くないこんな世界、きっとどこかに存在すると信じてる。

  • 耽美な世界、儚くて凛々しくて美しい少年達。
    そして彼らを取り巻く狂気の垣間見える環境。

    禁忌を犯していたり、不条理だなと思ったり、報われなかったり・・・。

    それでも美しいと思ってしまう。

    かなり描写も露骨で内容も重めなところはありますが、長野さんの耽美な文章も手伝ってどんどん読み進めてしまいました。

    同性愛や性描写が苦手な人は読むのが辛いかもしれません。

  • 『白薇童子』
    自分の産みの母と知らずに、仇討ちのため夜叉の討伐にやってきた少年の話。
    女狐や夜叉など、伝奇小説を読んでいる気分。


    『鬼茨』
    武家の息子と猿楽の舞手、2人の少年が誤って将軍の側室の子・蜜法師の猫を殺してしまう。
    残虐で変質的な蜜法師にいたぶられる過程の緊張感と残酷な内容は読むに耐えないけれど先が気になって読み進めてしまう。
    冒頭の平和さと終盤の苛酷さの落差がとてつもない。
    酔いそうなくらい残酷で耽美な世界。


    『螢火夜話』
    将軍の妻が双子の男子を産み、跡目争いを避けるため一方の殺害を依頼された侍女だが、殺しきれずに赤子を川に流す。
    成長した双子と侍女が再会し、それぞれの運命が変わっていく。
    物語の筋としては単純なものの、登場人物全員見事に狂いきっている。


    淫靡で残酷な展開だけれど文章と言葉選びが美しすぎるのでするすると読めてしまう。長野まゆみは一体何者?

    そして解説もとても秀逸。
    禁忌とは何かを考えてみる。

    http://www.horizon-t.net/?p=882

  •  この作者としては少し異色。レトロな雰囲気を漂わせながらも基本的に現代的な世界で少年たちに起こる不思議な出来事を描いたファンタジー風の作品とはさまざまな点で一線を画している。
     日本の中世的な世界を舞台に描かれる妖異譚三篇。
     少年が主人公である点は変わらないが、古い時代に設定してあるのとプロットが比較的しっかりしている点が新鮮。糞尿譚的シーンではさすがにドン引いてしまいましたが、文章は相変わらずきらびやかで美しいので、それだけで陶然となってしまう。

  • 耽美です、同性愛です  
    しかしなんか雰囲気的にBLではない?  
    (個人的にはBLはもっとキラキラしているイメージ)  

    「白薇童子」  
    読んだのがだいぶ昔だからちょっと覚えてない……  
    けれども、狐のもみじがなかなかいいキャラしてたように思います  

    「鬼茨」  
    このお話は特に、書き用によってはすごく厭らしく描けるのに、それでも少年の美しさや清さ、耽美さが感じられるのはやっぱり長野さんだなあと思う  
    余韻がすごい  
    守るべきものを無くして、小凛は今後どのようになっていくのか  
    守る人がいないから、自分の不運な境遇を受け入れ、心を殺して蜜法師に使えていくのか  
    はたまた、再度復讐を企てるのか  
    完全に夜叉となる道を選ぶのか  

    「蛍火夜話」  
    苅安、蕗草、二蝶という三人の女の心境や行動に、女とは厄介だと感じる  
    蝉丸には何の罪もなく、健やかに成長するのはむしろ好ましいことだ  
    いや、双子の兄の死の上に生きるという運命に生まれついてしまったことが、彼の罪なのだろうか  
    苅安のみならず、二蝶の蝉丸を顧みない身勝手さには苛立ちを覚え、蝉丸がただただ哀れに思う

  • 美しい文章。
    淫靡に煌めく世界。

    あまり深く言及なされるな。
    堕ちますぞ。

  • この人、なんでこんなんばっか書いてるんだろう?どの話も必ずといっていいほど同性愛がてでくる。前に読んだのもそうだった。雰囲気のよい話なのに、いらないでしょうに。


  • 能楽
    とりかえばや

    言葉がきら(雲母)のように美しい。
    とても好みの譚。

全64件中 1 - 10件を表示

長野まゆみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
長野 まゆみ
三島 由紀夫
長野 まゆみ
中村 明日美子
長野 まゆみ
有効な右矢印 無効な右矢印

雪花草子 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

雪花草子 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

雪花草子 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

雪花草子 (新潮文庫)の作品紹介

都の北東、深山に棲まう白薇童子は、父・地雷鬼の強くあれという望み虚しく朱唇艶やかな美貌の夜叉。これを母の仇と討伐に向かった中納言の嫡男・琉璃若。宮処で対峙したものの、半陰陽の童子にいつしか心奪われ…不思議な縁を描く「白薇童子」他、夜叉に堕ちゆく美しき舞手の苦悩、将軍家に生を受けた双子の運命の悲哀など、心に巣食う残虐性を流麗な文で綴った官能溢れる草子3編。

雪花草子 (新潮文庫)のKindle版

雪花草子 (新潮文庫)の単行本

ツイートする