五番町夕霧楼 (新潮文庫)

  • 97人登録
  • 3.41評価
    • (6)
    • (11)
    • (19)
    • (4)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 水上勉
  • 新潮社 (1966年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101141015

五番町夕霧楼 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 偶然ながら今日は金閣が放火によって焼け落ちた日なのだそうだ。この小説は薄幸の遊女、夕子と金閣寺放火僧との悲恋の物語。
    簡単に言ってしまえばそうなんだけど、これから想像されるどろどろした暗さがなくて、素直にいい物語を読んだという印象が残る。京都弁も自然でたいへん結構。
    廓で働く女性というのは今の時代難しいのかもしれないが、こういう佳編が現役の文庫に入っていないというのはさみしいね。

  • 美しい小説だった。
    読後、20歳という年齢がさせた恋だなぁとしみじみとした。
    水上勉さんの小説って好きだなぁ。
    どこか物悲しいのだけれど、そう遠い昔でもない、程度や内容は違っても似たようなことがあったということをよくよく考えさせられる小説。
    後半部分は一気に読み進めた。そのくらい、後半の小説の盛り上がり方が心をわしづかみにされた。

  • 1990 読了

  • 京土産の定番である「夕子」の元ネタということで読んでみた。明らかに三島の「金閣寺」を意識して書かれた本。金閣寺を「鳳閣寺」に名前を変えている。放火犯が「夕子」という遊女と幼馴染だったとの設定を挿入することで、三島の作品とはかなり毛色の違う大人のメルヘンに仕上がっている。

  • 期待していなかったが、普通に面白かった。「いい話」っぽくするのはどうかと思うけど。授業で出たので読みました。

  • 娼妓として京都五番町に来ることになった夕子。小さい頃からの吃りで鳳閣寺の小僧となってなお辛いめにあう同郷の正順。恋というより互いの境遇を慰め短い一生を終える。夕子の父、夕霧楼の人々の素朴さ、あたたかさも哀しい。13.11.9

  • 遊女の話はいくつか読んでいますが
    こんなに静かな文はあまりない。

    主人公の考え、内面、本性が
    受け取りずらい。
    しかし少女が懸命に生きている姿、
    悲しい境遇が胸に来る。

    京都の方言を読みたい人にも
    すすめたい。

  • 『金閣寺の燃やし方』で水上勉が金閣寺炎上事件を題材に『金閣炎上』と『五番町夕霧楼』を著しているのを知った。というか、『五番町夕霧楼』がそういう話だということさえ知らなかった。
    この物語は寂しい。ただ限りなく寂しいだけの小品、けれどとてつもなく愛おしい。この物語が、おそらくは文庫もいま絶版で読める機会が限られてしまっているのが残念。

  • 京の街に女郎として売られた娘と、同郷で寺に預けられた男。貧しく悲しい物語。金閣寺炎上に男を駆り立てたものは何であったか。
    三島由紀夫の「金閣寺」と合わせて読むとまた違う味わいが・・・。
    【志學館大学】ニックネーム:Kazubee

  • 一気に二日で読破。女は愛に強い。

全18件中 1 - 10件を表示

水上勉の作品

五番町夕霧楼 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

五番町夕霧楼 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

五番町夕霧楼 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

五番町夕霧楼 (新潮文庫)はこんな本です

五番町夕霧楼 (新潮文庫)の文庫

五番町夕霧楼 (新潮文庫)の-

五番町夕霧楼 (新潮文庫)の文庫

ツイートする