娼婦の部屋・不意の出来事 (新潮文庫)

  • 179人登録
  • 3.36評価
    • (6)
    • (14)
    • (37)
    • (4)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 吉行淳之介
  • 新潮社 (1966年11月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101143026

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
梶井 基次郎
吉行 淳之介
宮部 みゆき
遠藤 周作
三島 由紀夫
谷崎 潤一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

娼婦の部屋・不意の出来事 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 男女間のやりとりや心情を繊細で緊張感を伴った独特の情緒で描いている。どの短編もレベルが高い。
    「驟雨」の短篇集よりも、本作のほうが出来が良いと思う。

  • この歳になって、やっと吉行淳之介をじっくり
    読めるようになったろうか

    僕にとって
    娼婦とか吉原とか赤線とかって
    谷崎や吉行や太宰の小説がイメージされる

    歌舞伎町とかもそんなイメージで
    思っていたが、実際はもっとデジタル的な
    感じになっているかもしれない。
    あるいは依存症とかメンヘラと言われるものに。

    風俗に以前の情緒を求めてはいけない気がする。
    まあ、でも溝口健二監督の映画『赤線地帯』とかは
    なんかしたたかさとか計算的なものを感じるから
    一概には言えないのかな

    まあ現在でも風俗嬢と親身に話してみれば
    してることは昔と同じなのだから
    昔と同じ情感はあるのかもしれない

    システムがデジタル的である、というべきか

    吉行の描く娼婦は
    今でこそベタな感じだが
    多分かかれた当初は新鮮だったろうと思われる。
    たぶん、吉行の眼が僕達のスタンダードな眼差しに
    なったというのが正解なんだと思う。

    「傷ついた二匹の獣が、それぞれ傷口を舐めながら
    身を寄せ合い体温を伝え合ってい」た

    私の「眼の中で色褪せていく娼婦の町」

    「秋子の部屋は、安息の場所ではなくなった」

    ひとつひとつに定番を感じるのだ。

    ああ、永井荷風の『墨東奇譚』を読も

    以下藤田宜永の解説文より

     売春婦と客は、愛情や恋心で繋がっていることはない。
    金銭取引が成立した上で肌を交わらせる。
    しかし、売春婦にしろ客にしろ人間だから、
    気が合うことも起こりえるし、
    そうなれば、人間的繋がりも発生する。
    しかし、土台はあくまで金銭的繋がり。
    よって、感情の垂れ流しに、一種の歯止めが
    かかっている関係といえる。
     女に感情を垂れ流すのを恐れる男にとっては、
    安心して“交流”できるのが“街の女”なのである。

     恋することに対して、とても臆病になり、
    肉体関係のみを、女との“人間的”繋がりと考えている
    男の心が変容していく…。
    吉行の娼婦を扱った小説の主人公は全員、
    このパターンを踏んでいると言っても過言ではない。 

  • 吉行淳之介の小説は、肉体とか性を通さないと生をつかめない登場人物に不条理を表現させているイメージなので、一見すると無機的なのかと思いきや、不思議な形で感情が介在している感じがします。そのバランスがなんだか癖になります。
    この短編集では、『鳥獣虫魚』という作品がひときわ好きです。登場人物たちの不安定に何かを求める感じと、色彩豊かじゃないのに鮮烈な色合いの感じが、すごく後を引きました。

  • 吉行淳之介の初期の傑作短編13編を集めた作品集。ちょっとした情景描写や登場人物の挙動の行間に含むものがある。ただそこには人間性のどす黒い闇が直接的に描かれているわけではない。それどころかある種の非人間的な清々しさすら漂っている。しかしそれでいて不思議と心を捉える人間臭さが立ち篭めている。「不意の出来事」はやはりその中でも傑出している。

  • 某フェミニストの批判を切欠に手に取ってみた。
    初期作品集だからか思ったほど過激でなく、エゴも鼻につかないレベルに見えたのだが。

  • 一番好きなのは「鳥獣虫魚」。
    「なにを見ても石膏色に見える」
    というほどに重たく沈みきった心の主人公と
    似顔絵描きの女の関わり合いを描く。
    淡々としているのだけれど、読んでいると、
    どこか橙色のあかりがぼうっと灯るような
    そんな感覚になるから不思議。

  • 官能小説すれすれ……。

  • 「鳥獣虫魚」「寝台の舟」「風景の中の関係」、青い花」、「紫陽花」など、初期の傑作短編13編を集めた作品集。

  • 13話の短編集です。どれも不思議なストーリーで、中にはついていけなくて、置き去りにされてしまうものもありました。一番不思議でないのが、1話の「娼婦の部屋」。吉行さんの本にはよく娼婦が出てきますが、雑誌記者の「私」が娼婦の秋子のもとへ通う話。その秋子は何度も娼家を出て、素人になり、そしてまた舞い戻り・・・、そしてまた・・・。「私」は、それを多少の感情のブレを持ちながらも淡々と語ります。「手毬」「出口」「紫陽花」「花束」も不思議で、どう考えていいのか分からない所もあるのですが、この4つは、わりと好きです。他のストーリーもよく分からないと思いつつ、読み進まされてしまう不思議さ。それも、少し猥雑で隠微な余韻がある不思議さ。怪しい魅力をもった男性について行っているような、そんな本です。

  • どの短編だったか 雪国の宿の女たちが入浴しているシーン あと、自伝的な作品の 病床の少年 どれも淳之介臭が濃くて好き

  • 同じく対談集から、著者の原点を知りたくなって読んだ小説。

全16件中 1 - 16件を表示

娼婦の部屋・不意の出来事 (新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

娼婦の部屋・不意の出来事 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

娼婦の部屋・不意の出来事 (新潮文庫)の作品紹介

男に翻弄され、ほかの職業についてもすぐに元の娼婦に戻ってきてしまう女に対する「私」の奇妙な執着を描いた『娼婦の部屋』。場末のキャバレーで働く女と、女のヒモで気の弱いヤクザ、三流週刊誌の記者である「私」との三角関係を淡々と描いた『不意の出来事』。ほかに『鳥獣虫魚』『寝台の舟』『風景の中の関係』など、初期の傑作短編13編を集めた作品集。

娼婦の部屋・不意の出来事 (新潮文庫)はこんな本です

娼婦の部屋・不意の出来事 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする