いよよ華やぐ〈下〉 (新潮文庫)

  • 44人登録
  • 3.26評価
    • (0)
    • (5)
    • (14)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 瀬戸内寂聴
  • 新潮社 (2001年9月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101144337

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
江國 香織
有効な右矢印 無効な右矢印

いよよ華やぐ〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 身に覚えのある人と、そうでない人の感想の差がかなり大きそうなお話でしょう。

    それにしても70代、80代、90代でこんな生き方をしているというのは、何は置いても憧れですな。過去に何を背負っていたとしても。
    時代は変わり、彼女らのような旧時代的な時を生きてはきていない現代人がどのようなタフさを持ってあるいはしなやかさを持って彼女らのような生き様を見せられるかどうか。
    自分含め乞うご期待。

  • 読者に隠し事がある主人公ってのが面白くて、そうだよね現実のワールドでもかっこわるい自分なんて隠したいもんね

  • 仲良しの女友達を見送り、自分のこれから先をみつめながら一番心に掛かっているのは幼い頃に置いて家を出てきた娘のこと。今ではお互いにいい大人だから干渉もしないけれど一体娘は自分のことをどう思っているのだろう。怨んで憎んでいるのではないだろうか。
    娘は娘でそんなことは過去のことと思いながらも自分の結婚もうまくいかなかった。それはトラウマからなのか、自分の「女」が結婚に向かなかっただけなのかよくわからない。娘はやがてガンを患い、偶然であった男に看病をしてもらう。娘もそのおとこの芸術家としての力を伸ばしてやろうと尽力する。しかし、その男には妻がいたのだった。娘は彼をあきらめるのか、それとも妻から奪うのか、、、。
    結末はとてもさわやかなものでした。わたしの理想とするところかもしれない。

  • いよよ華やぐ女たちの それぞれの愛のかたち 過去もあきらかに・・

  • 死ぬ間際に何を思い出すのか、そのためにいきてゆきたい。

全5件中 1 - 5件を表示

いよよ華やぐ〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いよよ華やぐ〈下〉 (新潮文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

いよよ華やぐ〈下〉 (新潮文庫)はこんな本です

いよよ華やぐ〈下〉 (新潮文庫)の単行本

いよよ華やぐ〈下〉 (新潮文庫)のKindle版

ツイートする