沈船検死―夜明けの新聞の匂い (新潮文庫)

  • 13人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 曽野綾子
  • 新潮社 (2005年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (293ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101146409

沈船検死―夜明けの新聞の匂い (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 新潮45に連載された文章をまとめたエッセイ集。
    曽野綾子氏の発言がネットで取り上げられていたが、ネット上の情報だけでは、氏の考え方がよくわからないと思い読んでみました。

    いくつかの文章に、氏の考え方が表されていましたが、自分というものに非常に自信があるのか、視野はあまり広くなく、旧い価値観に囚われている。そして、「日本人は」的な言葉を使うときに、「自分=日本人」と思われており、自分以外の日本人にも色々な考え方があるということには想像が至らないのではないかと思いました。
    しかし、ご自信の意見があまり入らない、たとえば表題作の「沈船検死」などについては、淡々と正確な描写をされていると思いました。
    一冊の随筆集だけを読んで、その方の考え方を推し量るのは無理があるとも思いますが、2冊目を手に取りたいとはあまり思いませんでした。

全1件中 1 - 1件を表示

沈船検死―夜明けの新聞の匂い (新潮文庫)はこんな本です

ツイートする