哀歌〈下〉 (新潮文庫)

  • 27人登録
  • 3.85評価
    • (2)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 曽野綾子
  • 新潮社 (2006年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101146423

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

哀歌〈下〉 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • アフリカルワンダのジェノサイドをテーマにしたフィクションです。
    ホテルルワンダとリンクするところがあり、
    映画で分からないところはこれを読めば理解が深まるかと思います。

    主人公は日本人修道女なんですが、衝撃的でした。。。
    その時起きていたジェノサイドや日本人修道女のその後の身の振り方

    JICAとか目指している方に一度は読んでみてもらいたい一冊です。

  • 上下二日で読みきってしまった。
    ルワンダの話。

    アフリカの人間臭さと、主人公の日本人らしさが鮮明。どちらがもってる人間の強さも弱さもほんとの姿なんだろう。
    事態の変化が大きくて、その分登場人物の心の動きも激しくて、それがうまく文章で伝わってきた。

    なんでこの本そんな話題になってないんだろうか。暗い話だからかな。

  • 修道女の知らない世界、そして切ない思いだな。

  • 田中さんみたいな人が身近にいたらなぁ、と不謹慎にも考えてしまいました。

  • キリスト教徒でなくとも「原罪とは?」と考えてしまう話でした。

全5件中 1 - 5件を表示

哀歌〈下〉 (新潮文庫)はこんな本です

哀歌〈下〉 (新潮文庫)の単行本

ツイートする