哀しみの女 (新潮文庫)

  • 22人登録
  • 3.63評価
    • (0)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 五木寛之
  • 新潮社 (1989年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784101147239

哀しみの女 (新潮文庫)の感想・レビュー・書評

  • 変わった言い回しもパキッとまとめられた名言も出てこない
    それなのに一度読み始めると途中でやめることができなくなる
    つまり中身に惹きつけられる
    多くを語らない文章だからこそなのか
    年配の男性が書いたものはもっと重たい、肩が凝るような文体かと思っていたけれどとてもあっさりしていた

    和実が葉子と初めて会った際、彼女に言い放った言葉は誰も教えてくれない、どこでも聞けるものでもない
    和実自身の愛が紡ぎ出したものだから

全1件中 1 - 1件を表示

哀しみの女 (新潮文庫)はこんな本です

哀しみの女 (新潮文庫)の単行本

ツイートする